ホーンズ 容疑者と告白の角

ダニエル・ラドクリフ、角は生える

映画『ホーンズ 容疑者と告白の角』のフル動画を無料視聴する方法をシンプルに紹介。動画探しに迷うことはもうありません。
今すぐ『ホーンズ 容疑者と告白の角』を見るなら動画リンクをチェック。

「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフが、不思議な力を宿す角を生やした男に扮した主演作で、スティーブン・キングの息子ジョー・ヒルによる小説「ホーンズ 角」を原作にしたファンタジー。製作総指揮はジョー・ヒル、ショーン・ウィリアムソン、アダム・ストーン、ジョー・ガッタ。最愛の恋人メリンを殺されたばかりか、その殺しの容疑をかけられてしまった不幸な青年イグは、絶望的な日々をただ過ごすしかない人生をおくっていた。これでは何も希望を見いだすことはできない。そんなある朝、目を覚ますとイグの頭には、人に真実を打ち明けさせる「告白の力」をもった不思議な角が生えていた。これは一体どういうことなのかは不明だが、役に立てることはできる。イグは角の力を使い、恋人殺しの真犯人を見つけようとするが、やがてメリンの死に隠された悲劇が明らかになる。

原題:Horns / アメリカ(2013年) / 日本公開:2015年5月9日 / 120分 / 制作:Red Granite Pictures / 配給:ショウゲート 

映画『ホーンズ 容疑者と告白の角』予告編

(C)2014 The Horns Project, Inc. All Rights Reserved.

動画
▼動画リンク▼

VOD1【U-NEXT

VOD2【Hulu

VOD3【TSUTAYATV

VOD4【-】

VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Netflix ▼Netflix(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)

▼『ホーンズ 容疑者と告白の角』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画はこれでこそ!
現実から離れた独創的な世界観で観客を魅了する作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを使いましょう。これはネット配信であり、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴でき、ウェブサイトにアクセスするだけでOK。スマホでも、パソコンでも、タブレットでも、テレビでも、視聴方法はユーザーの自由に選べるので、好みに合わせられるのが支持されています。

「無料」で感謝!
そして絶対に忘れてはいけないこと。無料スタートをお約束できるトライアルという選択肢がセットされています。どんな時でも必ず最初の登録という初めの一歩があるものですが、その瞬間から一定の期間に限って無料という扱いになります。初心者お試しは誰でもトライすることができます。「解約って登録したすぐ後にでもできるのですか?」その質問のアンサーはシンプル。その日のうちにでも可能です。登録するだけで一回は試してみて、その後に利用を続行するかを考えるのが便利です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトに手を出すべきではないです。それで「ホーンズ 容疑者と告白の角」の鑑賞はダメです。「きっと上手く慎重に使えばバレないだろう」と油断しながら思っている方もいるかもしれませんが、法的にアウトである以上、利用者も捜査の対象になります。実際に類似の取り締まり事例では、ユーザーに関する情報も収集されました。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

あなたの選択は自由!
デジタル配信開始タイミングでもネット上ではちょっとしたムーブメントが起きます。VODでその波に乗っていきましょう。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「ホーンズ 容疑者と告白の角」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その答え探しにGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、あれは一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。よくありがちなVODを紹介するサイトでは、基本的に一部のサービスを案内するだけで終わってしまうので情報が古いです。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ホーンズ 容疑者と告白の角」を目にするために登録&再生…の前にクレジットカードが必須です。「え、私はクレカを持っていないのだけど…」それならば家族のものを許可をもらって使うのでもいいですし、新しく自分のものを作成してみるのも一案(今はすぐに作れるクレカも多いです)。中にはキャリア決済に対応している場合もあり、これならばクレカいらず。必ず登録カードは使えるものであるべきであり、過去に同サービスで一度使ったことのあるものを使うと初回お試しは適用されないので注意です。

配信はいつ終わる?
無限に配信され続けていればいつでも見れるので最高な状態なのですが、VODはストリーミング権などの問題から永遠を保障はしてくれません。いつかは配信が終わって消えてしまうので、観れるときに観るというのが鉄則になってきます。その終了日はサイト上で明示されていることもありますが、なかなか見つけづらいので、気づいてすらいない人も多め。やはり当日のチェックが最重要となってきます。「ホーンズ 容疑者と告白の角」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

動画はフルの方がいい
映画を観る手段はいろいろですけども、見られる内容が同一とは限りません。例えばテレビで放映される映画。昔から気軽に鑑賞できる形態として一般化していますが、これは編集が加えられ、シーンカットされているケースが多いです。尺を放送時間におさめるための避けられないことなのですが、フルで見れないので、映画の重要シーンや展開が削られていたりも。VODは制約無しなのでそんな心配は要りません。「ホーンズ 容疑者と告白の角」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

俳優好きにも必須
俳優を見るのは好きですか? 映画鑑賞が趣味なら当然俳優だって見るはずです。まさか役者がでるたびに目をつぶっている人はいないでしょう。そんな動画鑑賞の素晴らしいサポートになってくれるVODは俳優別に作品を検索できるという大きなメリットがあります。これならば「あの人の顔をずっと見ていたい!」という要望にもお応え。「ホーンズ 容疑者と告白の角」の演戯に酔いしれたい? それはオススメしたいところですし、きっと当人も役者冥利に尽きるでしょう。そのためにはある程度のマネーパワーがいるとしてもVODでコストダウンさせることは可能です。

『ホーンズ 容疑者と告白の角』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年9月30日時点での『ホーンズ 容疑者と告白の角』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ホーンズ 容疑者と告白の角』をさらに知る

★スタッフ
監督:アレクサンドル・アジャ(関連作品:『ピラニア3D』)
脚本:キース・ブーニン
撮影:フレデリック・エルムズ
音楽:ロブ

★キャスト(キャラクター)
ダニエル・ラドクリフ(イグ・ペリッシュ)、ジュノー・テンプル(メリン・ウィリアムズ)、マックス・ミンゲラ(リー・トゥルーノー)、ジョー・アンダーソン(テリー・ペリッシュ)、ケリ・ガーナー(グレンナ)、ジェームズ・レマー(デリック・ペリッシュ)、キャスリーン・クインラン(リンダ・ペリッシュ)、ヘザー・グラハム(ベロニカ)、デビッド・モース(デイル・ウィリアムズ)

★『ホーンズ 容疑者と告白の角』の評価

IMDbRTMETA
6.540%46
映画comY!FM
3.3???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ホーンズ 容疑者と告白の角』の感想

●無料ホームシアター 
映画とかの架空の世界に対して「え~こんな事あるわけないじゃん」とかシリアスに思っちゃう系の物語に没入できないカタブツな人間は楽しめないでしょうけど、寓話として「こんな設定も面白いよね!」とあっさり受け入れOKな人は大いに満足できるでしょう。ラドクリフさん、またヘビとお話できる人間なのか。そういうキャラづいているのかな。だんだん見た目が変化していくのも面白かったし、意外な名作として心に残りました。
●FILMAGA 
ミステリー風だと思ったら、結構笑える。時折垣間見せるギャグやホラー演出といったハズしも、生真面目なストーリーテリングだから、観客のテンションを落ち着かない状況にさせる。ホーンズという題名のとおり、角が重要なキーポイントだが、それ自体はあくまで象徴にすぎない。どんどん堕天して悪魔のような風貌になっていくダークなダニエル・ラドクリフのビジュアルは必見で、やはり妖艶なスタイルが似合っているなと思う。
●イオンシネマ 
台詞にもあるように元々は大天使だったものの、とある理由により、楽園から追放された堕天使がモチーフとなっています。角を見たものによる暴露話がほとんど下ネタなので、過激シーンが苦手な人は無理だろう。でもこの監督、こういうところがあるので、そういうものだと思っていくしかない。詳しくは過去作参照。パッケージからのミステリーファンタジー感は予想よりも少なかったけど、独自の味わいで印象に残る変な映画でした。