生きてるだけで、愛。

ほんの一瞬でもわかり合えたら…

映画『生きてるだけで、愛。』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。このページをモニタリングしておけば確実です。
今すぐ『生きてるだけで、愛。』を見るなら動画リンクをチェック。

小説家、劇作家、演出家など多方面で活動を展開する芥川賞作家・本谷有希子の同名小説を趣里の主演で映画化。プロデューサーは甲斐真樹、アソシエイトプロデューサーは佐藤公美と金井隆治。過眠症で引きこもり気味、現在は無職の寧子は、ゴシップ雑誌の編集者である恋人・津奈木の部屋で同棲生活を送っている。その生活は狭い世界でしかない。自分でうまく感情をコントロールできない自分に嫌気がさしていた寧子は、どうすることもできずに津奈木に感情を爆発させながら当たり散らしていた。ある日突然、寧子の目の前に津奈木の元恋人・安堂が現れて、事態は変わっていく。津奈木とヨリを戻したい安堂は、寧子を自分の意志で前を向けるように自立させて津奈木の部屋から綺麗さっぱり追い出すため、寧子に半ば強引にカフェバーのアルバイトを決めてしまう。

原題:生きてるだけで、愛。 / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年11月9日 / 109分 / 制作: / 配給:クロックワークス 

『生きてるだけで、愛。』予告 11月9日(金)公開

(C)2018「生きてるだけで、愛。」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『生きてるだけで、愛。』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
鬱屈した社会で這いつくばるように生きる人々にスポットをあてたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも便利ですが、このサービスは他にも劇場公開作を鑑賞するときにも役に立ちます。映画館のチケットを割引するクーポンがポイントでもらえるので、どうしても見たいならこの手段も有効な一手です。

「無料」で感謝!
忘れるべきではないことが一点。あなたが初心者ならばこの無料サービスお試しを受ける絶好の権利が与えられるのです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録の難易度が初心者向きではないのでは?」と気分が乗らない人も、トライすればすぐに理解できます。複雑な点もなく、入力する項目も単純な基本しかないので一瞬で終了です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「生きてるだけで、愛。」の再生はダメです。「動画が見られるならばそれでいいや」と考えているなら地獄を見ます。何気なく動画を再生しようとすれば、まずは広告が表示されます。次にその広告から思わぬかたちで個人情報の入力を求められます。情報を差し出さなくても、視聴機器に負荷をかけてきます。動画共有サイトは誰でもアップロードできるぶん、とにかく無法地帯になっているので、そんな地雷原からはただちに立ち去りましょう。

どれを選べばいい?
新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。でもVODの配信作品は数千から数万と莫大。この中の顔ぶれは日々変化し、観たい作品の状況を追跡するのは、蠢くアリの群れの1匹を注目し続けるくらいに疲れてきます。「生きてるだけで、愛。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。できれば最短コースで動画にありつきたいという本音は誰にでもあるはずです。このページでは動画リンク下部に配信中のVODをアイコン表示しているので、すぐに判断できます。フルムビバースの最優先事項は安全性。談合も稟議も裏取引もなく、素直に安心保障済みのサイトだけを動画リンクで紹介しています。新作はできれば映画館での鑑賞で爆音上映とか4DXとか最高体験をしたい…そういう要望ならばVODはサポート可能なものもあるので要注目です。

登録情報は最小限
初めてVODに登録する時に「それは簡単なのかな?」と不安を持つかもしれません。でも安心。基本的な流れはこのとおり。まずはEメールアドレスを入力。普段使っているものでも、新しく作ったものでも良いです。次にパスワード。使い回しは厳禁。続いて、名前と生年月日。正確に嘘偽りなく答えましょう。そしてお支払方法です。その後は「利用規約およびプライバシーポリシーに関する声明に同意する」にチェックを忘れないようにして、全行程がきっちりクリアです。あとは「生きてるだけで、愛。」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

フェアにオススメします
VOD横断チェックができるフルムビバースでは、各作品の配信サービスをパッと確認するのに有効な参考資料になりますが、フェアな扱いを重視しているのがポリシーです。どれかを仲間外れにして扱わないということもなく、特別な推奨枠もありません。そもそもどれが適切なのかは、ユーザーによって異なるのが当たり前です。こちらが勝手に決めつけることではありません。単純に「生きてるだけで、愛。」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

無料動画サイトとの違い
従来、無料で動画を見る手段といえば、スタンダードにセレクトされるのが動画サイトの存在。それを知らない人はいません。しかし、大手の巨大サイトでもツギハギだらけのボロ鞄のように穴がいっぱい生まれます。例えば、詐欺に近い質の低い動画コンテンツが溢れ、しかもそれが削除対応が追い付くことなく放置されています。かなり数は減ってきた方ですが、いまだに不正サイトへの誘導が目的のテキスト動画もしぶとく残っていたりも。VODはそれらの心配が一切ない、「生きてるだけで、愛。」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。しかし、解約の方法は登録の方法よりも大々的にアピールされないので(当然ではありますが)不安感を増大させやすいです。でも退会のやり方は実は登録以上に簡単です。どのサービスでも基本は一緒。退会ページにアクセスし、パスワード等を入力して本人かどうかをチェックした後に、契約解除に進むだけ。面倒な種類などを書く必要はなく、一般的なアカウント削除と同様の感覚で済みます。なので解約したいと思ったら、その瞬間にすぐ実行可能です。

『生きてるだけで、愛。』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月10日時点での『生きてるだけで、愛。』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『生きてるだけで、愛。』をさらに知る

★スタッフ
監督:関根光才
脚本:関根光才
撮影:重森豊太郎
音楽:世武裕子

★キャスト(キャラクター)
趣里(寧子)、菅田将暉(津奈木)、田中哲司(村田)、西田尚美(真紀)、松重豊(磯山)、石橋静河(美里)、織田梨沙(莉奈)、仲里依紗(安堂)

★『生きてるだけで、愛。』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.5???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『生きてるだけで、愛。』の感想

●無料ホームシアター 
陰気、辛気臭い、居心地悪い。どろどろとした疲れが伝染してくる。邦画っぽい空気の底流がスクリーンから漂う。それは生きづらさなのか。寧子のように躁鬱じゃないにしても、誰しもが感じたことがある、息詰まったような生き辛さを濃縮させたセリフが刺さり、心をえぐられる。この映画を観て、無関心でいる人間は、それこそ頭が停止しているような人物なのだろう。人は不完全で迷っている。それが普通だし、生きるということなのだから。
●無料動画ワールドシアター 
心が通じ合ったような錯覚を起こして、次の瞬間には傷つけ合っている。人間なんてこういうもの。ネットでもリアルでもそんな光景ばかり。躁鬱女性と陰鬱彼氏の物語にマウント女子の元カノが割り込んで関係に変化が起きる。でもこれは現実を投影する作品なので、都合のいい解決は提示されない。主演の2人はもちろん、仲里依紗の目がイッてる表情や、石橋静河の存在も素晴らしく、役者の底力を味わった。こういう映画はやはり日本の醍醐味だろう。
●MOVIX 
イライラするだけの作品かもしれないがそのいらつきをなぜ生み出すのかを考えてほしい。「わたしと別れられていいなぁ」という言葉はまさに。自分とは切り離せない呪いみたいなものなのかな。趣里の寧子役は見ているだけで疑似体験並みに苦しくて疲れるし全員が負のオーラを放っている。「多くの人が身に覚えのあるけれど、目をつぶっていた部分を描いている」の言葉どおり、自分にも重なって見ていられなかったのは、ほとんどの人に該当するはず。