銃(2018)

銃を持ってしまった

映画『銃』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。このページをモニタリングしておけば確実です。
今すぐ『銃』を見るなら動画リンクをチェック。

芥川賞作家・中村文則の同名デビュー作を武正晴監督のメガホン、村上虹郎と広瀬アリスの主演で映画化。エグゼクティブプロデューサーは片岡秀介、プロデューサーは木谷真規、ラインプロデューサーは吉澤豪起。友人たちと青春を謳歌していた大学生の西川トオルは、ある日、雨が降りしきる河原で一丁の拳銃を偶然拾った。それは普通では考えられない出会いだった。これはおもちゃではない。人を殺せる武器だった。銃を手に入れたことで、トオルの心は言い知れぬ高揚感を覚えるようになっていく。殺傷する能力をこうも簡単に手に入るとは。大切に家に保管してある銃を持ち歩き、外の街に出る。その緊張とスリルはトオルに今までにない満足感を与えた。自分は今、何かをしている。リスクがあるかもしれないことを。トオルは同じ大学のヨシカワユウコにも興味があったが、いつしか銃の存在感がトオルの中で言葉にできない圧倒的な位置を占めるようになっていく。そんなある日、トオルのもとに刑事が突然やってくる。

原題: / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年11月17日 / 97分 / 制作: / 配給:KATSU-do、太秦 

映画「銃」予告編<館回り・テアトル新宿版>
広瀬アリス、善悪がわからなくなってしまった!? 映画『銃』単独インタビュー

(C)吉本興業


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3

▼『銃』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

息をする余裕もない動画を!
喧騒に満ちた社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えながら生きている人にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信といえば、有名作や大作ばかりが注目されがちですが、実はこのサービスには他にもメリットがあります。例えば、出演俳優の関連作を事前に視聴しておけば、さらに映画を楽しめる視点が増えて、楽しさが倍増するでしょう。

「無料」を嫌う人はいない!
加えて、慣れていない初心者にも朗報です。いきなり有料スタートが嫌なら、無料お試しで初めの一歩を踏み出しましょう。不必要にコスト浪費をするのは勘弁してほしい。ましてやサービスが自分に合わないのは最悪。そんな心配症でも期間限定であれこやこれやとサービス内の動画を含む体験ができます。「無料で見られるのは旧作に限定されるの?」との懸念は確かにありそうです。でも実際は登録時のポイントでの準新作もバッチリ視聴可能なので、配信されたばかりの話題作もカバーできます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「銃」の再生はダメです。どんな最悪な事態が起きるかもわかりません。自分のメールアドレスに大量のスパムメールが届くならブロックすればいいのですが、クレジットカードなど個人情報を不正利用されれば致命的な損害を受けます。絶対に回避すべき落とし穴です。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

どれを選べばいい?
劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。しかし、配信の状況はまるで天気のように常に変化。昨日の姿と今日の姿、そして明日の姿は全然違います。それを追いかけるだけでも一苦労で疲れます。「銃」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その答え探しにGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、あれは一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。本サイトは「ユニバース」がモチーフになっているサイト名ということもあって、各映画情報が複合的に寄り集まっている、ファン・ライクな場所です。配信リストは流動性が高く、毎日の変化が起こるので、申し訳ありませんがこのページが必ず最新であるとは保証できません。ぜひ公式で最終チェックをお願いします。

登録情報は最小限
「電話番号とか入力はしたくないな~」その気持ちもわかりますが登録時の入力する情報は主に本人確認とセキュリティ認証、そして支払い情報の確保のみに使われ、自分のあずかり知らぬところでの流用はないので極度に心配しなくてもOKです。「クレジットカードとか、無料お試しの利用でも必要なの?」と思っているかもですが、それは必ず求められ、悪ふざけでの登録を防止する意味もあります。規定の条件さえ適用できるならば、普通に無料になっていくので、問題はありません。あとは「銃」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画はそれはもう大盛況でありとあらゆる動画だらけの遊園地みたいな世界です。しかし、その場所に不満を持っている人もいるでしょう。例えば、「これ、いいな」と思った動画をひとつ選択して視聴して見たらサムネイルとは全然違うテキストだらけの動画だったとか。釣りのような騙し系も氾濫しており、他サイトに誘導するものもあります。これは利用規約に違反するものですが、たいていは削除が追い付いていないので放置状態。VODはそんな惨状はないです。「銃」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「銃」鑑賞完了後に解約もアリ。キャリアスマホの解約はなにかと面倒な契約の縛りばかりでうんざりしていたことも多いものでした。しかし、VODの解約はその心配は捨て去って結構です。なにせワンクリックで瞬時に退会ページへ進み、そのままの流れで解約できます。変な制限はなく、電話確認もないので、実質1分程度で終わって済ますことができ、あなたの望む日に完了。これにより動画を観終わってもう必要ないと思った人でも、すぐさまにストップできます。もちろん再開もすぐにできます。

俳優好きにも必須
「あの俳優のキラキラ輝くフェイスを観れば、私の中の大観衆が絶叫する~」そんな心の応援上映気分で映画を観ている人は多いと思いますが、熱心なファンでなくともキャストで作品を選ぶ人は珍しくありません。VODでは「これだ」とチョイスした俳優を検索して出演作をズラリと表示して連続で見ていくというマニアな鑑賞も可能です。「村上虹郎」の絶技が光る役者魂はそれはもう素晴らしいです。ファンを増やしたいな…と思っているなら、それであればVODで布教活動をしていくのが効率的に上手くいきます。勧めやすいですし、DVDよりも手軽です。

『銃』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月10日時点での『銃』の動画配信
  • 「TSUTAYA」です。

▼『銃』をさらに知る

★スタッフ
監督:武正晴(関連作品:『嘘八百』)
脚本:武正晴、宍戸英紀
撮影:西村博光
音楽:海田庄吾

★キャスト(キャラクター)
村上虹郎(西川トオル)、広瀬アリス(ヨシカワユウコ)、日南響子(トースト女)、新垣里沙(隣の母)、岡山天音(ケイスケ)、後藤淳平(警官)、中村有志(ヤマネ)、日向丈(トオルの実父)、片山萌美(トオルの実母)、寺十吾(萩原啓一郎)、サヘル・ローズ(駅前のウエイトレス)、山中秀樹(テレビキャスター)、リリー・フランキー(刑事)、村上淳

★インタビュー
・武正晴監督「普通なら“電車の中で人を撃ってもいいの?”となるところを、鉄道会社さんもニコニコしながら“どうぞ~!”って協力していただいたので、そういう方たちに対してもちゃんと報いたいという思いもあって。キャストもスタッフも本当に頑張ってくれました」
・広瀬アリス「クランクイン前から武監督に、“この作品のなかで唯一、彼に救いの手を差し伸べてくれる天使のような存在であってほしい”と言われていました」

★『銃』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『銃』の感想

●無料ホームシアター 
村上虹郎ってやっぱり存在感がものすごいし、カリスマ性がある。これは才能だな。ただのカッコいいアイドルみたいに振る舞っているそこらへんの俳優とは違うもの。凶器って存在自体がやっぱり人の命を奪うことに特化した合理的な物体だと思うのは明確なので、それを美しいとかかっこいいとかある種の信仰的な対象に格上げしてしまうのはやっぱり機能美的な意味で当然といえるだろうな。これはあくまで日本の銃に対する思想あってこその映画です。
●FILMAGA 
痺れた。最後の、色付く現実や崩れ歪んでいく音。「もう少しなんだけどな…」という絞りだした言葉。それでも尚、笑顔で銃に弾を詰めようとする赤く染まった無気力で意志の一定化した手の動き。衝動、好奇心、狂気、達成感。そして暗転後の普段の日常と変わらないアナウンスが流れる静かな余韻。映画としての面白さと魅力が満たされている空気感だった。こういう緩急の付け方が考えさせる余韻をつくるのであり、邦画では珍しいシリアスさだった。
●MOVIX 
変なタイトルですが、まさに「銃」なのです。じゅう、GUN。‪もともと感情を表に出すタイプではなく少々拗らせ自分を達観気味に見ていた、社会から浮いていた主人公・西川が銃を手にし欲や衝動に溺れ抑えが効かなくなる様子がとてもリアル。言わば彼の人間らしさを引き出し糧を与えたのがたまたま銃であったというだけで、銃の危険性とか、そういう社会問題の話ではありません。銃が人の心を映す鏡のアイテムになっているのです。銃の新しい切り口でした。