サウスポー / Southpaw(2015)

もう一度、愛を掴むために男は立ち上がる

映画『サウスポー』のフル動画を無料視聴する方法を紹介。このページをモニタリングしておけば確実です。
今すぐ『サウスポー』を見るなら動画リンクをチェック。

アントワン・フークア監督が、ボクシング元世界チャンピオンの再起と家族の絆を描いたジェイク・ギレンホール主演作。製作総指揮にはボブ・ワインスタイン、ハーベイ・ワインスタイン、ジリアン・チャオ、ゲイリー・チェンなどが名を連ねる。怒りをエネルギーに相手を倒すという攻撃的なスタイルでボクシング世界チャンピオンにまで上り詰めたビリー・ホープ。栄光によって自分のキャリアは最高潮に到達。しかし、自身が起こした乱闘騒ぎが思わぬ事件を引き起こしてしまい、妻を死なせてしまう。大切な存在を拳で守ることなどできない。さらにはボクサーライセンスまで剥奪されてしまい、あらゆる人生で手に入った全てを失う。失意のどん底にあったビリーだったが、育ての親であるトレーナーのディックの元を訪れ、過ちを犯してしまった過去の自分と向き合いながら、再びリングへ上がる道を模索していく。

原題:Southpaw / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年6月3日 / 124分 / 制作:ワンダ・ピクチャーズ、リッシュ・プロダクションズ / 配給:ポニーキャニオン / 製作費:3000万ドル / 興行収入:9190万ドル

映画『サウスポー』予告編

(C) 2015 The Weinstein Company LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『サウスポー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

普及度は想像を超える!
苦境に立たされた人間の生き様をストレートに描き出したエモーショナルな作品は見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。ネット配信であれば、簡単に視聴を開始できるので、レンタル店でDVDを借りる前に確認したほうが得策です。高画質で観たい場合も安心で、DVDと遜色のない映像をテレビで楽しむこともできます。字幕や吹き替えを選べるものもあります。

「無料」より安いものなし!
手に抱えきれないほどの映画パッケージでも、ネット配信は重さゼロ、かつ無料であっさり体験できてしまうのです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「サウスポー」の視聴はダメです。どんな最悪な事態が起きるかもわかりません。自分のメールアドレスに大量のスパムメールが届くならブロックすればいいのですが、クレジットカードなど個人情報を不正利用されれば致命的な損害を受けます。絶対に回避すべき落とし穴です。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

あなたの選択は自由!
VODの配信トリガーになるものは視聴者には見えてきませんが、デジタル配信一般提供は目安になるので着目する意味はあります。しかし、よく知っている方なら言うまでもないでしょうが、サービス稼働中のVODの数は一昔前とは比べ物にならないほど増大しており、全体の把握は至難の技です。「サウスポー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「イチイチ確かめている時間も惜しいから、さっさと済ませたい」そういうときこそ、このページです。配信中のVODをアイコンで視覚的に整理して一覧にしています。適度に情報更新も行われます。「これだけを登録しておけばOKです!」とゴリ押しするようなことはしません。それはさすがにユーザーを無視しすぎていますから。思いがけない幸せというのは、狙っていた欲しいものが手に入るよりも満足度があったりします。VODだって奇跡の出会いを果たす場になるかも。

登録情報は最小限
避けては通れない登録作業は難しくはないのですが、人によっては「その情報を入力しても本当に大丈夫なのだろうか」「不正利用が起きたりはしないのかな」という疑念が湧いてきます。登録するものはメールアドレスや支払い先など必要最低限に限られているのでその点は安心ですし、情報はいつでも変更・削除できるので、そこまで恐れることもありません。「支払い情報を入力したらすぐさま料金発生するんじゃ…」という怖さもありますがお試し適用なら無料なのでそこは問題ないです。あとは「サウスポー」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

悪いサイトを追い出すために
世界中のインターネットのダークな一面を象徴する海賊版動画の存在は、消しても消えないしつこさです。この効果的な業界の健全化の役割を担うと期待されているのがVOD。専門的な認識では、フィルタリングやサイトブロッキングなどの手段ではその場しのぎにしかならず、それよりも安価で使いやすいサービスを広める方が悪質な動画を駆逐することができると言われています。VODは見事にその効果を発揮しつつあり、これからもより多くの人に紹介していけばプラス効果となるので「サウスポー」合法視聴方法を拡散しましょう。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「サウスポー」は? 基礎としては初回という最初に限って特定の期間に料金発生がないということを意味します。永遠に無料ではもちろんなく、期間終了後にごく普通にお金は払うことになりますが、無料期間分がまとめて請求されることはないです。配信している作品が全て無料なのかどうかはサービスによります。見放題系なら問題ないですが、中には複雑な視聴システムがある場合もあるので要確認。どちらにせよ事前の把握のためにもサービス特徴をおさらいしましょう。

SNSで映画を語ろう
多くの人たちが情報交換の場に利用しているSNS。映画を見た後にもその感想などを語り合いたいときはSNSを駆使しましょう。「サウスポー」の視聴ですっかりご満悦になって「あとは寝るだけ」そんな感じで就寝する前に、ちょっとだけその感想をSNSに呟いてみましょう。利用者だけでいいのです。できれば作品のハッシュタグをつけて。運が良ければ公式配給アカウントがリツイートしてくれるかも。それだけでなくそれがきっかけで鑑賞者をぐんと増やすこともできたり、この動画促進効果は侮れません。

『サウスポー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『サウスポー』をさらに知る

★スタッフ
監督:アントワン・フークア(関連作品:『イコライザー』、『エンド・オブ・ホワイトハウス』)
脚本:カート・サッター
撮影:マウロ・フィオーレ
音楽:ジェームズ・ホーナー

★キャスト
ジェイク・ギレンホール、レイチェル・マクアダムス、フォレスト・ウィテカー、ナオミ・ハリス、カーティス・“50セント”・ジャクソン

★『サウスポー』の評価

IMDbRTMETA
7.459%??
映画comY!FM
3.7?????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『サウスポー』の感想

●シネマトゥデイ 
良く言えば王道のストーリーで、悪く言えばありがちなストーリー。これをどう捉えるかは観客しだい。崖っぷちまで落ちた男が、娘のために再起を図る。その姿は率直に感動してしまう。ジェイク・ギレンホールも見事な体づくりで、役になり切っている。彼はいつも役への入魂っぷりが素晴らしいが本作も異常なまでの完成度。レイチェル・マクアダムスはエロい。こんな奥さんのためなら、それは毎日頑張るのも苦ではないだろう。愛の詰まった映画です。
●ユナイテッドシネマ
ボクシングというよりはヒューマン・ドラマに重きを置いている気がする。そして、他のボクシング映画と比べれば、「ロッキー」の美男美女版といった感じ。もう男も女もフェロモンがムンムンしている。そんな二人の娘だから、当然、その子もキュートで。最初の彼らの生活は理想も理想。究極の家庭。だから、それがもろくも崩壊していくところに、余計に悲しさがある。自暴自棄になり全てを失うビリー。でも最後は失っていないものがあったのだ。
●イオンシネマ 
ひねった演出なしの直球筋肉勝負で、顔面パンチを受けました。こちらは鼻血を出したまま「いい映画を見せてもらったぜ」とグッドジョブのポーズですよ。ラストのシーンは本当に感動します。愛する人のためにボクシングスタイル、そして生き方を変えて人生をかけた試合に挑む主人公の姿に涙、涙。ボクサーの栄光と挫折を描くものですが、実際は家族の映画です。レイチェル・マクアダムス目当てで観た自分が少し恥ずかしくなったのは、ここだけの話。