斬、ざん(2018)

なぜ人は人を斬るのか

映画『斬、ざん』のフル動画を無料視聴する方法を、広告ストレス一切無しで、クリーンに気持ちよく紹介しています。
今すぐ『斬、ざん』を見るなら動画リンクをチェック。

塚本晋也監督が、池松壮亮と蒼井優を迎えて描いた自身初の時代劇で、海外でも高く評価された作品。美術は遠藤剛、衣装は宮本まさ江。250年にわたって続いてきた争いのない平和が、開国か否かで大きく揺れ動いた江戸時代末期。もはや既存の正義はあまり意味をなさなくなった。生きるには人を殺すべきなのか。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される浪人の男と周囲の人々の姿を通し、容赦なく突きつけられる生と死の問題に迫る。

原題:斬、 / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年11月24日 / 80分 / 制作: / 配給:新日本映画社 

映画『斬、』予告編

(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『斬、ざん』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

動画に映る生き様に惚れる!
日本人にとってのスピリットともいえる要素が詰まった時代劇はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっているものです。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信なので便利さを痛感している人は多いですが、実は劇場公開作を観るうえでも役に立ちます。割引クーポンをポイントで交換できるものもあり、最大でタダで映画館チケットが手に入るのでチャンスは見逃せません。

「無料」より安いものなし!
耳寄りな情報はこれだけではありません。利用者歓喜のビギナーズ・プレゼントが無料体験というビッグな宝箱です。動画配信サービスは作品数に対する値段の安さが魅力で、かなりコストを抑えられるものですが、それでもなるべく負担は少なくしたいものです。この無料は喉から手が出るほど魅惑的でしょう。「待って、無料は一部の古いやつだけとか?」それの答えは各社ごとに異なりますが、中にはポイント利用で準新作の映画も見れるものもあり、決して旧作だけに偏っているわけではないと言い切れます。塚本晋也監督の「斬、」も配信後すぐ。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「斬、」の再生はダメです。「私のiPhoneはセキュリティが万全だから大丈夫って聞いた」それは嘘です。どんなメーカーの機器でも必ず脆弱性があり、深刻なリスクの修正も間に合わないこともあり、自分のあずかり知らぬところで大ダメージを受けていることも否定できません。あなたに限った話ではなく、全員にとってのベストチョイスは、安全性100%の正規サービスを使用することです。

どれを選べばいい?
ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。ただし、面倒事が無いわけではなく、それはユーザーのウォッチしたい映画を扱っている動画サービスは一体どれなのか、特定作業が待ち受けています。塚本晋也監督の「斬、」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「イチイチ確かめている時間も惜しいから、さっさと済ませたい」そういうときこそ、このページです。配信中のVODをアイコンで視覚的に整理して一覧にしています。適度に情報更新も行われます。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

古い作品ならもしかして…
「映画を合法的に無料で見られます!」なんてセールス言葉みたいなものは典型的なオイシイ話であり、いかにも裏がありそうです。実際に違法性のあるものを除き、そのとおりのことが実現できるのはVODの無料お試しが主。しかし、それ以上の別の方法があります。それはパブリックドメインという特殊な事例。これは古い映画に見られることですが、著作権が消滅しているためにネットに法律上の問題なくアップされているのです。アーカイブサイトで確認できるので50~70年前の作品は要チェックです。

動画再生は快適?
動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「斬、ざん」の動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。理由もわからずイライラしてしまいがちですが、落ち着いて消去法でひとつひとつ対処です。まずは、無線LANから有線LANに接続して速度が改善するか確認。それで良くなったら無線環境が悪い証拠です。それでも良くならないならルーター自体が古いか、設定の問題かもしれません。

無料動画サイトとの違い
「動画を有料よりも無料で見たいのですけど何かいい方法はありますか?」そんな質問は頻発しがちですが、動画共有サイトはオススメしません。その理由はハッキリしています。まず低品質コンテンツが散乱していること。また詐欺系のデマを含む動画も多すぎるということ。子どもに見せられない動画も平然と存在すること。無価値とは言いませんが、これでは時間の無駄でしかありません。VODならば選りすぐりの公式フル動画オンリーなので、時間を有効かつ適切に使用できます。「斬、」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「斬、」を1度見るだけでも良いのかもしれませんが、2度、3度の視聴は感想をさらにボリュームアップにさせてくれ、普通では気づけなかったことを知れるきっかけになれます。「は~、ここは伏線になっていたのね」「え、あそこにあのキャラがいたのか」といったポイントを認知できるのはやはり複数鑑賞前提になるかもしれませんし、年齢が変わる映画の見方も変わったりします。VODは1度きりの鑑賞で高額請求することはないので、大きなサポーターになれます。

『斬、』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月10日時点での『斬、ざん』の動画配信
  • 「TSUTAYA」「Rakuten TV」です。

▼『斬、ざん』をさらに知る

★スタッフ
監督:塚本晋也(関連作品:『野火』)
脚本:塚本晋也
撮影:塚本晋也、林啓史
音楽:石川忠

★キャスト(キャラクター)
池松壮亮(都築杢之進)、蒼井優(ゆう)、中村達也(源田瀬左衛門)、前田隆成(市助)、塚本晋也(澤村次郎左衛門)

★インタビュー
・塚本晋也監督「構想自体は20年ぐらい前からあったのですが、具体的にそろそろ作りたいなと思ったときから、池松さんしか頭にはなかったです」
・池松壮亮「3週間ご一緒して、まさに真のインディペンデント作家だと思いました。塚本さんの人生、発言からモノづくりまで。そこにセクションはなく、みんなで映画作りのことを考える。モノを作る重みを感じざるを得なかった」

★『斬、ざん』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『斬、ざん』の受賞
第75回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門に出品。

★『斬、ざん』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
一文字のタイトルに全てがこもっている。人を斬らねばならぬという生まれながらの運命をうまく受け入れることができず、恐れ、葛藤するというシチュエーションにおかれた侍の話。これは現代に置き換える意味もある。戦うのか、戦わないのか、戦争の火が近づいている雰囲気を感じると監督も語るように、世界は選択を迫られている。侍は今の時代にこそいるのだ。あなたの手にも刀がある。人を斬ればその手は血で汚れる。その意味をわかっているか。
●シネマトゥデイ  
刀はカッコいいものではない。殺しの道具だ。肉体が壊れるグロテスクさに真正面から向き合い、その工程が持つ本来の生々しさ、死の空気を漂う不気味さを突きつけてくれるのが前作「野火」であり「斬、」であるように思う。人を斬ること」を本当の意味でしっかり理解していたら、杢之進くらいの拒否反応がある方が正常なんだろうし、ひとつの防衛本能ともいえる。いつも私たちに現代の暴力性を直視する覚悟があるのかと問いかけるのだ。
●MOVIX  
本物の時代ドラマだった。劇と呼ぶのはふさわしくない。幾度の時代劇の中で刀を使うアクションを起こした所でわざとらしい「ニセモノ」のフィルターがかかってしまい「対決」も単なる「チャンバラ」に見えるというのは経験がある。邦画の剣ごっこには観飽きた。オープニングからタイトルが表示され、そこからはもう身動きひとつできないままに映画の魔力に釘付けになる。そんな凍り付いた殺人の世界へあなたを誘うこの映画はやはり本物だ。