武士の献立(2013)

献立には家族の歴史がある

映画『武士の献立』のフル動画を無料視聴する方法を、スピード解決できるように、シンプル最優先で即行レコメンドしています。
今すぐ『武士の献立』を見るなら動画リンクをチェック。

君主とその家族の食事をまかなう役割を担うことから「包丁侍」と呼ばれた武士の料理人の家に嫁いだ娘が、夫や家族と絆を深めていく姿を描くヒューマンドラマ。『武士の家計簿』に続く、江戸時代の加賀藩を舞台に描くシリーズ第2弾。エグゼクティブプロデューサーは原正人、プロデューサーは石塚慶生と三好英明。優れた味覚と料理の腕をもつという他人にはない長所を持っているが、気が強いために1年で離縁されてしまった春。どうしてもなかなか理解されない自分に悩むが、どうにもならない。不遇の彼女は、加賀藩の料理方である舟木伝内に才能を見込まれ、舟木家の跡取り息子・安信と再婚する人生をスタートする。そこでは上手くいくのだろうかと、幸先から悩むしかない。安信は料理が大の苦手で、春は姑の満の助けも借りながら、夫の料理指南を始めるが…。

原題:武士の献立 / 製作:日本(2013年) / 日本公開:2013年12月14日 / 121分 / 制作: / 配給:松竹 

映画『武士の献立』予告編

(C)2013「武士の献立」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『武士の献立』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

暇な時間はなくなります!
日本の過去の生活や歴史を描く時代劇はファンも多く、根強い人気に支えられた魅力があります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信ならば、レンタル店でDVDを借りるよりもスピーディに動画を視聴できます。同じジャンルの作品を簡単に検索できるので、関連作をどんどん見るのにもぴったり。出演俳優の他作品も調べられます。使い始めれば、その日から映画三昧な日々をおくれます。

「無料」の恩恵にあずかろう!
「今は節約を心掛けているので…」と本心にストップをかけるなら、無料動画トライアルの存在を知ってからにしてください。これは普段はこのタイプのサービスに手を出していなかったビギナーにこそ抜群に魅力大のものです。期間限定でのフリー利用ができるのでマッチするか確認できます。「登録の難易度が自分には難しそうだ」と気分が乗らない人も、物は試しにやってみるといいです。デメリットはないですし、入力する内容もシンプルで拍子抜けすると思います。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「武士の献立」の再生はダメです。どんな最悪な事態が起きるかもわかりません。自分のメールアドレスに大量のスパムメールが届くならブロックすればいいのですが、クレジットカードなど個人情報を不正利用されれば致命的な損害を受けます。絶対に回避すべき落とし穴です。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

あなたの選択は自由!
インターネット時代の全盛期ですからデジタルでの動画提供は主流。VODの取り扱いもいち早く始まるのは珍しくないです。あとはスムーズに登録してウォッチング!と言いたいところですが、「どれだったら私の観たいと思っている映画が扱われているの?」という疑問が依然として消えていません。「武士の献立」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトをひとつひとつ確認していたらそれだけで無駄に時間が過ぎてしまいます。このページでだいたいの配信傾向を把握しておけば、あとは最終の現状確認だけで済むので大幅に楽です。本サイトは「ユニバース」がモチーフになっているサイト名ということもあって、各映画情報が複合的に寄り集まっている、ファン・ライクな場所です。「パッと見た限りだと、ちょっと知らないサービスの名前があるな…」そうだとしたらむしろ初回お試し可能なので幸運じゃないでしょうか。

お試し無料はいつまで?
皆が気になるお試し無料期間はサービス各社でその時間が違うので必ず頭に入れておくべきです。例えば、2週間だったり、30日だったり、31日だったり、月末までだったり。事前に期限終わり近くになるとたいていはメール通知があったりしますが、見逃していたりすると、そのまま有料に移行するケースも。ボケっとうっかりすると「上戸彩」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

家族にバレない?
家族がいっぱいいる人。VODも分かち合いませんか?「嫌だな、だってお父さんとは趣味が違うもん」「母にこの視聴履歴は見られたくない」「小さい子どもにコレは少し早すぎる」そんなあれこれの家族らしい悩みにも細かく対応中。まずはアカウントを分けることができます。成人向け動画もこれで限定させることが可能で、キッズ専用もあったりします。また同時再生も用意済みで、こっちはスマホ、あっちはテレビで、別の部屋で鑑賞利用していても家族間ならOK。ピースフルにお気に入り映画を観て語り合いましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「武士の献立」も観終わったら解約するのもアリ。一度手続きしてしまうと解約はできません…そんな事態になったら絶対に嫌です。やめたいのにやめられないのは詐欺に近いですし、不公平です。でもVODはそんな心配は皆無と思ってください。あっけなく驚くほど解約は素早く完了します。退会ページにアクセスして、「契約を解除する」を選ぶだけ。サービスによって多少の仕様の違いはありますけど、一瞬で退会できるのは共通。動画を見たいだけ見たという決心がついたら、すぐにでも停止するのは個人の自由です。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「武士の献立」を1度だけで満喫できたと思えますか? まさか途中までしか見ていないという人はいないと思いますが、全部観ても意外な見逃しがあるものです。伏線は至る所にあり、オチを知ってから見ると違った印象になることも。映画は噛めば噛むほど味が出るガムになる場合もあるのです。かといって映画館は複数鑑賞のコストがバカになりません。数千円のお金がサイフから消えるのは嫌です。そこでVOD。たった数百円の料金であらゆる映画を何十回と視聴できます。

『武士の献立』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『武士の献立』をさらに知る

★スタッフ
監督:朝原雄三(関連作品:『釣りバカ日誌20 ファイナル』)
脚本:柏田道夫、山室有紀子、朝原雄三
撮影:沖村志宏
音楽:岩代太郎

★キャスト(キャラクター)
上戸彩(舟木春)、高良健吾(舟木安信)、西田敏行(舟木伝内)、余貴美子(舟木満)、夏川結衣(お貞の方/真如院)、緒形直人(大槻伝蔵)、成海璃子(今井佐代)、柄本佑(今井定之進)、鹿賀丈史(前田土佐守直躬)、中村雅俊(語り)

★『武士の献立』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.3???3.3
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『武士の献立』の受賞
第37回日本アカデミー賞で主演女優賞と助演女優賞にノミネート。

★『武士の献立』の感想

●映画無料夢心地 
あんまり興味がない状態でなんとなく観てしまったら、あら意外。面白い。上戸彩と高良健吾の料理対決のシーンや、高良健吾がどんどん上戸彩を大事に想っていく成長の過程、包丁侍という使命を誇りを持って自分を変えていく姿勢に、観客としてもどんどん一体化できる。もっとがっつり料理の映画かと思ったがそんなことはなく逆にもう少し料理のシーンが欲しかったくらいですが、あまりわざとらしいクッキング要素がないほうが自然でしたね。
●無料動画ワールドシアター 
冒頭は、上戸彩が綺麗、高良健吾が子供っぽい、やっぱり西田敏行大好きの3点という超ミーハーなポイントが印象的でしたが、進むにつれて、上戸彩の奥ゆかしさ、まっすぐさ、愛の深さにじんわりとして、最後は感情を刺激されて泣いてしまった。エンドロールのCharaの曲は個人的に大大大好きだが、残念ながらこの映画にはどう考えてもポップすぎて全然合わないと思うというのが正直な感想ではないか。その楽曲センスだけはNOを突きつけたい。
●DAILYMOTION  
こういった時代背景の映画を観るのが好きだけれど、何って所作が美しい。真実はともかくとして、料理を作る時、食べる時、文を書く時、立ち座りから、本当に綺麗で、現代の忙しい社会で事務的に食事を軽く済ませてしまうことは良くないなと見つめ直すきっかけになった。内助の功で料理の腕を上げていく武士(高良健吾)の姿はなかなか頼もしいですし、政治要素は少し難しいですが、そこは他のサイトで補強するなどして知識を深めると良いかと。