ヴァン・ゴッホ(1991)

名匠モーリス・ピアラの隠れた秀作

映画『ヴァン・ゴッホ』のフル動画を無料視聴する方法はどこにあるか?と疑問を持っている方への情報を更新しながらまとめています。
今すぐ『ヴァン・ゴッホ』を見るなら動画リンクをチェック。

フランスの名匠で、映画監督になる前は画家でもあったモーリス・ピアラが、敬愛するビンセント・ファン・ゴッホを描いた伝記映画。美術はフィリップ・パリュ、カティア・ビシュコフ。療養のために静かなオーベルの村を訪れたゴッホは、医師ガシェの娘マルグリットと出会う。それは芸術のセンスを刺激する出会いだった。ゴッホはマルグリッドをモデルに絵を描き始め、やがて2人は親密さを増していくが…。

原題:Van Gogh(「ヴァン・ゴッホ 最期の70日」) / 製作:フランス(1991年) / 日本公開:2013年11月2日 / 160分 / 制作: / 配給:ザジフィルムズ 

VAN GOGH Original Theatrical Trailer (Masters of Cinema)

(C)1991 GAUMONT


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ヴァン・ゴッホ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら歴史に残る人間となった人物を描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であれば、レンタル店でDVDを借りるよりもはるかにスピーディに動画が見れます。なかには登録を必要とせずに、一瞬でウェブサイトにアクセスするだけで動画を視聴開始できるものもあるので、とりあえずチェックすることが大事です。

「無料」ですよ!タダ!
「利用料金は私の気持ちを削ぐ…」そういうやる気減退を回避するためにご丁寧に用意されているのが無料お試しという玉手箱。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録の難易度が自分には難しそうだ」と気分が乗らない人も、物は試しにやってみるといいです。デメリットはないですし、入力する内容もシンプルで拍子抜けすると思います。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ヴァン・ゴッホ」の鑑賞はダメです。「問題なんてあるの?」その質問には何時間で語り尽くせないほどに注意喚起ができます。法律上の視点だけではありません。自分にさえも危害が加えられかねないのです。そんな被害報告はニュースで見たことがなくても、それは単に泣き寝入りしているだけです。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

これに決めた!
「配信リストを眺めていると、映画を観たい欲がガンガン沸き上がってくる!」そうなればもう欲望に一直線。でも、ひとつだけアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、作品の配信に自分の見たいものがない」という問題。これは厳重に注意必須です。「ヴァン・ゴッホ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「極力無駄な労力を用いることなく配信中のVODがわかる一覧ページを提供できないか」と考えて掲載したのが、コレです。オロオロと悩む手間もなくアイコンの視認だけで解決。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。「こんな名前のVODは全然知らなかった」もしそんな出会いができれば、無料動画への道筋が目の前に開けてくるので、天の恵みみたいなものです。

古い作品ならもしかして…
「映画を合法的に無料で見られます!」なんてセールス言葉みたいなものは典型的なオイシイ話であり、いかにも裏がありそうです。実際に違法性のあるものを除き、そのとおりのことが実現できるのはVODの無料お試しが主。しかし、それ以上の別の方法があります。それはパブリックドメインという特殊な事例。これは古い映画に見られることですが、著作権が消滅しているためにネットに法律上の問題なくアップされているのです。アーカイブサイトで確認できるので50~70年前の作品は要チェックです。

情報の充実度はピカイチ
情報満載のフルムビバースは単純に動画調べに使う以上の利便性を網羅的に提供しています。例えば、インタビュー記事の引用もあって、作品の深掘りができたり。また、トリビア的な雑学を知って、意外な面白さに気づいたり。トレイラー動画を視聴するのも定番なので外せません。こちらではメイキング動画をピックアップしていることもあるので、「この映画はこうやってクリエイトされたのか~」と感心するも良し。「モーリス・ピアラ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「ヴァン・ゴッホ」は? 初めて利用する人は必ず登録が必要になるものですが、その日を起点に特定の期間、支払い料金が保留されると考えると良いでしょう。月額の料金請求はその期間後となります。期間が終了したからといって2月分の料金になるわけではありません。まさに初回無料ということです。当然、すでに過去に登録したことのあるユーザーは基本的に使えないテクニックとなるので注意(その場合は登録した時から有料)。しっかり覚えておきましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「解約」というワードだけを聞くと小難しい印象を与えますが、実際は遅くとも1分程度で終わる、とても簡単な作業。まずは退会ページにいきます。各サービスによって場所は異なりますが、たいていはユーザーのアカウント設定内にあります。続いてパスワード入力であらためて本人確認。あとは「契約を解除する」を選択でフィニッシュ。追加で軽いアンケートなどが表示されることもありますが、無視してもOK。もうこれで作業はいらないので一瞬です。

『ヴァン・ゴッホ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ヴァン・ゴッホ』をさらに知る

★スタッフ
監督:モーリス・ピアラ(関連作品:『悪魔の陽の下に』)
脚本:モーリス・ピアラ
撮影:エマニュエル・マシュエル、ジル・アンリ

★キャスト(キャラクター)
ジャック・デュトロン(ゴッホ)、アレクサンドラ・ロンドン(マルグリット)、ベルナール・ル・コク(テオ)、ジェラール・セティ(ガシェ)、コリーヌ・ブルドン(ヨー)、エルザ・ジルベルスタイン(カティ)、レズリー・アズライ(アドリーヌ)

★『ヴァン・ゴッホ』の評価

IMDbRTMETA
7.3??%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ヴァン・ゴッホ』の受賞
第44回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品。

★『ヴァン・ゴッホ』の感想

●無料ホームシアター 
どのシーンを切り取っても絵になるというくらい、映画自体がひとつの芸術となっている。これを眺めることが、美術館にいるのと同じことだ。監督は元画家だったと聞いて納得できるほどのリスペクトを大量に感じる、静かで贅沢な作品だった。テキトーに見ているとスルーしてしまうこだわりも多いので目を見開いておいてほしい。ゴッホという言葉には語らなかった表現者の全てがこの作品には憑依しているのだから。映画が引き継いだ魂に感動。
●映画無料夢心地 
映像に心を奪われた。夢を見るように映画を見て、虚構を内在化している。時間から雑念から、すべての緊張から解放され、ただただ淡々と描かれる私たちのそばにはいないヴァン・ゴッホという一人の人間の悲劇的な晩節に没入し、その美しい筆致の底を流れる希死念慮や、表裏一体にある退廃の悦びにさりげなくも確実に染みわたるように酔いしれる。想像よりゴッホが明るくて行動的なのは、ひとつのアレンジなのか、はたまた意味があるのか。
●イオンシネマ 
役者の力が大きい映画だった。主演ジャック・デュトロンは43年パリ生まれ。60年代から歌手、ソングライター、ギタリストなど音楽活動を始め、フランスでは若い頃から着実に人気があった。70年代から俳優業も並行しはじめ、本作でセザール賞、CDも好調で、フランス語圏では最も有名なアーティストの一人だとか。そんな事実を日本人は知らないが、そのキャリアにおごることのない繊細な演技に驚く。ゴッホについてもう一度知りたくなった。