来る(2018)

最恐エンタテインメントが、来る。

映画『来る』のフル動画を無料視聴する方法を、再生中に広告に邪魔されない、安心安全保証済みスタイルでご紹介。
今すぐ『来る』を見るなら動画リンクをチェック。

中島哲也監督が、岡田准一を主演に迎え、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。エグゼクティブプロデューサーは山内章弘、プロデューサーは西野智也と兼平真樹。恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹。ところが彼の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。それは違和感しかない出来事だった。知紗とは妊娠した香奈が名づけたばかりの娘の名前で、来訪者がその名を知っていたのはあり得なかった。その出来事に、秀樹は戦慄を覚え、不安と恐怖に混乱する。自分の知らない何かが起こっているのか、それとも何かの思い込みなのか。そして来訪者の正体も不明な状態で、取り次いだ後輩が謎の死を遂げる。その死は明らかに怪しく、裏がありそうだった。それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こり、不安になった秀樹は知人から強い霊感を持つ真琴を紹介してもらう。それで事態を改善できると願っていた。得体の知れぬ強大な力を感じた真琴は、迫り来る謎の存在に終わりを告げることを画策する。全力でぶち当たるしかないと決めて、国内一の霊媒師で真琴の姉・琴子をはじめ、全国から猛者たちを次々と召集して万全の体制を用意するが…。

原題:来る / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2018年12月7日 / 134分 / 制作: / 配給:東宝 

映画『来る』予告

(C)2018「来る」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『来る』の無料動画を見る方法

退屈な日常をなんとか変えたいというお望みの方は映画で雰囲気チェンジしましょう。ドキドキのホラーを見るなら動画配信サービスを駆使するのがオススメです。ネット配信であれば、旧作をたっぷり堪能できるのは認知もされていますが、実は新作を劇場で観る時も便利です。毎月貰えるポイントで割引クーポンと交換して、映画館チケットを最大でタダで手に入れることができます。ここぞという作品を見る時に使う手段としておさえておきましょう。

「今すぐお金を工面できないし…」とモヤモヤしているなら、フリー体験で最初の導入を助けてくれるので初めは安心です。普通のシチュエーションでは登録したその日にお金の請求が開始され、あなたのクレジットカード等を通して引き落とされます。でもお試し中はそれが無くなるので文字どおり猶予があります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。詳細な危険事例を説明すると、大小さまざまな問題が山積しているので挙げきれないのですが、あなたの使用機器を破壊するリスクから、アカウントや口座の不正使用まで、それはもう人生が滅茶苦茶になる可能性があります。絶望的な目に遭うのは不可避です。セキュリティアプリやソフトウェアでは危険因子を完全にデリートすることはできないので、変に過信をしないでください。

直近で公開された映画でもいつかはインターネット上での配信が始まり、それと共にVODでの解禁も近いです。ところが「無料ホームシアターサービス感覚で観たい作品を視聴だ!」という熱意を興ざめにしてしまいかねない難点があり、それがどれで配信しているかの判断問題です。「来る」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各サイトをひとつひとつ確認していたらそれだけで無駄に時間が過ぎてしまいます。このページでだいたいの配信傾向を把握しておけば、あとは最終の現状確認だけで済むので大幅に楽です。できる限り配信情報は更新されている方が良いに決まっています。こちらでは掲載中の中身がいつまでも同じなんてことはありません。なお、配信作品はベルトコンベア式に新しいものがどんどん流入していき、消えていくものもありますので、要注視です。

初お披露目の新作映画を鑑賞できるのはやはり試写会の専売特許です。なかなか縁のない人もいるかもしれませんが、案外と申し込むだけなのでハードルは低め。日付と時間と場所を合わせるのがネックですが、それさえクリアできるならこれ以上のベストウォッチはありません。ごく一部の配給作品ではネット視聴できるオンライン試写も実施しているので、レビュー意欲のある方はトライすると良いかもしれません。その際は動画再生可能かどうかのチェックを忘れずに。無論、試写自体は無料ですので、お金は気にせずに。

VODはどの媒体でも使えるので誰でも見れてしまうのはメリットですが、その代わり「これ、見られたくないな…」という映画に関してどうするかという問題が発生します。アダルト系や残酷系というコンテンツもあり、それを回避できる安全策がしっかり用意されているのが嬉しいところ。キッズバージョンに切り替えればそうした映画はフィルタリングできます。また家族別でアカウントを切り替えることで他人に私的な視聴履歴を見られないようにもできます。これでプライベートを確保して、みんなでワイワイと満喫可能。

『来る』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『来る』をさらに知る

★スタッフ
監督:中島哲也(関連作品:『渇き。』)
脚本:中島哲也、岩井秀人、門間宣裕
撮影:岡村良憲
音楽:冨永恵介、成川沙世子

★キャスト(キャラクター)
岡田准一(野崎)、黒木華(田原香奈)、小松菜奈(比嘉真琴)、松たか子(比嘉琴子)、妻夫木聡(田原秀樹)、青木崇高(津田大吾)、柴田理恵(逢坂セツ子)、太賀(高梨重明)、志田愛珠、蜷川みほ、伊集院光(スーパーの店長)、石田えり、西川晃啓、松本康太、小澤慎一朗

★『来る』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.1???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『来る』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
「ダメだこりゃ」そんな風に思ったかもしれない。でも大丈夫。監督はそんな戯言の感想は最初から相手にしてはいない。中島哲也にホラー撮らせるととんでもない怪作が生まれるということがこの映画で立証されてしまったので、これはもう真理に近い。非現実的なキャラ演出が非現実的な世界観の演出にここまで適合してしまったという一大事をどう受け止めるか、それは個人のお任せするが、とにかくこの映画はバケモノをいとも簡単に創造したのだ。
●FILMAGA 
前半は楽しかった。なんともいじわるに人間のイヤなところをじわじわざくざくと描く毎度の中島節は、安定感あっていつも通り楽しいよ。妻夫木くんが好きだから尚更ね。ただ後半、あまりに壮大なトンデモ展開になり、笑いながら観ちゃいました。怖いはやりすぎると過剰なパラメーターをとおりこして笑いになることを理解している故の、あえての確信犯の展開だと思いました。この展開についていけるかが、この映画を楽しめるかの分かれ道。
●BILIBILI 
お祓いは大事。‪原作と違って映画版は怖くない。わかりやすいホラーではない。ムダな演出とシーンを大袈裟に垂れ流す芸風とか、良くも悪くも中島監督作品って感じをこれでもかと見せつける。「来る」というあからさまな前振りもここまで極めればフラグでしかない。キャッチコピー通りホラーエンターテイメントだったので、鑑賞したい人は、これから相当な気合で臨むべきだ。とにかく見終わったあと、誰かと話したくなる映画でした。