ROMA ローマ

世界中で絶賛の家族ドラマ

映画『ROMA ローマ』のフル動画を無料視聴する方法を、ストレスフリーな邪魔広告ゼロの状態で、アクセスしやすくご紹介中。
今すぐ『ROMA ローマ』を見るなら動画リンクをチェック。

アルフォンソ・キュアロン監督の自伝的物語が綴られる、Netflixオリジナル映画。製作総指揮はジェフ・スコール、デビッド・リンド、ジョナサン・キング。1970年代初頭、メキシコシティで暮らす中流階級の家族。子どもたちは元気いっぱいで、家政婦のクレオは手を焼きながらも、この家で忙しく生活していた。そこにはこの街によくある普通の家庭の暮らしがあった。そのクレオに恋人ができ、さらには妊娠も発覚する。しかし、命を喜んでくれはずの恋人の男は姿を消してしまう。加えて自分でもどうすることもできないほどに社会が不穏な空気に包まれるなか、家族もその時代に揺れ動いていく。

原題:Roma / メキシコ・アメリカ(2018年) / 日本公開:2018年12月(Netflix配信) / 135分 / 制作:Participant Media / 配給:Netflix 

『ROMA/ローマ』予告編 – Netflix [HD]

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu×】
VOD3【TSUTAYATV×】
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Netflix ▼Netflix(1か月)

▼『ROMA ローマ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

高評価のあの傑作も!
さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら助け合って生き抜いて見せる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使いましょう。その中でもとくに素晴らしいと人気なのはNetflixです。オリジナル作品が充実しており、ここでしか見られない映画が多数。賞に輝いているものもあって、映画館以上に存在感を示している、近年の抜きんでた名作を生み出すファンには無視できないものです。

「無料」は全て初心者のため!
しかも、ウキウキな気分で小躍りしたくなる初心者ボーナスとしてサービス体験を無料で試食感覚で実施できます。いそいそとお金を用意する前にまずはお試しを忘れずに。無料です。「へ~こういう作品動画があるのか~これもいいな」という試着気分で体感できるので失望するリスクは最小限に。「そうはいっても好きな時に退会できないと意味ない…」その心配も大丈夫。登録したら解約不可能みたいな悪質なカルト勧誘っぽいことは断じてありません。あなたの自由意思でその場ですぐに止められます。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ROMA ローマ」の視聴はダメです。コンピュータを守るためのウイルスセキュリティ対策は完璧…そう考えていてもそれが意味を成さないことも。逆にそのプログラムのせいで余計に負荷がかかってしまい、ダブルで大ダメージを与えるシチュエーションもあり、何のプラスにもならないこともあります。大多数の不正利用者は完全に油断しており「自分には関係ない」「騙されるわけない」と考えますが後悔先に立たずです。

配信しているのはコレ!
ラインナップに偏りはありません。最近のものから、10年前、50年前、色々な国籍、ジャンル…お好みのものが見つかるでしょう。毎週上映ラインナップが変わる映画館のように、VODも配信内容はどんどん容赦なく移り変わっていくので、1か月前の状態と今が同じなんてことはまずあり得ません。「ROMA ローマ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その懸念事項はスカッと解決させておきましょう。配信中のVODを作品単位でわかりやすくリスト化してアイコン表示。これであちこちサイトを閉じたり開いたり繰り返すことなく、視聴に移れます。同目的のサイトも多々ありますが、フルムビバース・イチオシのポイントはVODのゴリ押しをせずに、情報整理と深掘りに徹している点です。なお、現時点でのリアルタイムな配信状態は公式サイト上でチェックしない限りはわかりません。確認は最後のステップです。

試写も良いけど…
公開前から映画を観る手段は非常に限られてくることですが、無いわけではありません。むしろ、うってつけの方法があります。試写会です。映画祭での上映もひとつの手ですが、それはかなりレアケースになってしまい、争奪戦になるので非現実的。でも広範に実施される試写会ならばいとも簡単に無料で映画を見れます。もちろんタダで見させてもらうのですから、それなりのマナーだけでなく、しっかりとした映画宣伝に寄与する姿勢も必要になってきます。事前のルールは必ず守って清く正しく映画に向き合いましょう。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは有用な「ウォッチリスト」機能を搭載。これは自分オンリーのオリジナルな気になる映画リストが作れるもので、簡単に言えばお気に入りやメモ感覚と同じ。ページ閲覧中に「お、この映画は後で見よう」と思う出会いがあるでしょう。そんなときは各ページ内の「Favorite」ボタンをポチっとお気軽にどうぞ。そうやってポチポチした作品は特別なウォッチリスト・ページで総まとめ中。「ROMA ローマ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

ホームシアターのススメ
スマホで映画を観ている人は信じられないかもしれません。それは何か? ホームシアターの世界です。名前は聞いたことはあっても無料ばかりを先行させているととてもじゃ手が伸びない代物。でもそのハイクオリティは個人の自宅映画館と呼ぶべきスケールで、動画鑑賞の次元が大きく激変するのです。「ROMA ローマ」も最高級に。プロジェクターが必要になるのですが値段はマチマチです。しかし、買えないような金額ではありません。音響にこだわるのならばオーディオ機器も完備することになりますが、これはあなたの家の構造なども考慮するとなお良いです。

高評価作品は観る価値あり
受賞作品は気になるのではないでしょうか。「う~ん、なんだか難しいんじゃないかな」「やたらと高尚な作品やアート寄りな映画を自分には理解できる自信がない」そういう気持ちもわかりますが、かといって毎度同じ映画ジャンルを見ていても飽きやすいです。大事なのは新規開拓をする心です。10本見て1本のお気に入りが見つかればいいと考えましょう。普通に動画を見るだけと思えばそんな難攻不落でもありません。「ROMA ローマ」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『ROMA ローマ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ROMA ローマ』をさらに知る

★スタッフ
監督:アルフォンソ・キュアロン(関連作品:『ゼロ・グラビティ』)
脚本:アルフォンソ・キュアロン
撮影:アルフォンソ・キュアロン

★キャスト(キャラクター)
ヤリャッツァ・アパリシオ(クレオ)、マリーナ・デ・タビラ(ソフィア)

★『ROMA ローマ』の評価

IMDbRTMETA
8.797%??
映画comY!FM
?????4.4
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『ROMA ローマ』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
決してビジュアルありきの映画ではない。それどころか、とんでもない名作だった。家政婦のクレオ視点から寄り添うようなタッチで描かれる静かな物語は、当時のメキシコの人々の生活をそのまま映したかのような淡々としたリアルさがある。激動の時代が背景にあるが、時にショッキングなシーンを挟みつつも、基本的には孤独に落ちていく家族の物語を情緒的に描いた仕様となっている。しかし、最後のパワフルな救いは元気をもらえるものだった。
●シネマトゥデイ 
派手な映画ばかりではなく、こういうのも見てほしい。白黒ならではの美しさに溢れたある家族の話。監督の過去の体験にもリンクするらしく、フィクションには見えない。いたって淡々と進んでいくが、何一つ退屈な意味のない時間はない。ある彼女に感情移入しまくっているので、あそこと美しすぎるあのシーンでは涙がとまらなかった。撮影技術の高さに驚き、どうやって撮ったのかと思いつつ、リアリティのあるいつの時代にも通づる普遍性に感動。
●FANDANGONOW 
ただただ床を流れる水を見てるだけで美しいと思わせるって何なんだという、衝撃のOPからの入り込みにそこだけ繰り返したくなる。故郷から出稼ぎでメキシコで働き、本当のファミリーとは離れて暮らすメイドという存在が家族の異物であり、でもそれをまとめている。母国語も違い、民族も違えば、寝る場所や食事も雇用主家族とは一緒ではなく、本当の気持ちも素直に分かち合えない。そんな彼女のラストの声に心を震わされない人なんているのか。