L・DK(2014)

学校一のイケメンの、ヒミツのラブ・同居

映画『L・DK』のフル動画を無料視聴する方法を、一瞬で動画に移動できるように、最速スピードでナビゲートしています。
今すぐ『L・DK』を見るなら動画リンクをチェック。

「別冊フレンド」で連載の渡辺あゆによる人気少女漫画を、剛力彩芽の映画初主演で実写化。企画は遠藤茂行、アソシエイトプロデューサーは柳迫成彦、ラインプロデューサーは中林千賀子。何事にも直球勝負を挑む直情型で暴走気味の女子高生・西森葵は、ボヤ騒ぎを起こしたことがきっかけで、学校一のイケメン・ツンデレ王子の久我山柊聖と同居することになってしまう。それは自分の心を大きくかき乱すような、突然の急展開。同居がバレれば全校の女子生徒を敵に回し、退学にもなりかねないことから、事態は絶対に他言無用であるのは言うまでもない。葵は秘密を守るために自分の全力で必死になるが、そんな葵を面白がるイジワルでマイペースな柊聖にひかれていく。

原題:L♥DK(「L♡DK」) / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年4月12日 / 113分 / 制作: / 配給:東映 

(C)2014「L・DK」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『L・DK』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心が刺激される動画を!
甘酸っぱくどこか現実離れしたメロメロな愛と恋が詰まった作品は癒しになります。そんなロマンチックな作品をフル動画で観たいなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではユーザー数もさらに増加中。とくに登録を必要とせず、ウェブサイトにアクセスすればすぐにみれるサービスもあるので、動画をとにかく早く見たい人はネット配信を試す価値ありです。

「無料」ですよ!タダ!
「ずっと月額を払えるかな」と少し憂慮しているのならば、まずがお試しの無料体験で当面の危惧はなくすことができます。「登録してみたはいいものの、いざ使ってみると自分のパソコンでは上手く利用できずに困った」そういう事態を防ぐためにも、無料お試しは石橋を叩いて渡るように使えます。「登録の難易度が自分には難しそうだ」と気分が乗らない人も、物は試しにやってみるといいです。デメリットはないですし、入力する内容もシンプルで拍子抜けすると思います。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「L・DK」の再生はダメです。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。自滅しても誰にも相談はできません。警察も専門家も被害の補填はしてくれないのです。後に残るのは虚しさだけです。

これに決めた!
「友達もみんな使っているみたいだし、この映画いいよって勧められたし…」だったらもう足踏みすることもないでしょう。しかし、時は移ろい映画も移ろい…そんなわけで配信バリエーションは各サービスでめまぐるしく変化するのがいつもの平常の光景。全容把握は予想外に大変です。「L・DK」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページは不健全で法令違反しているリーチサイトではありません。コンプライアンスに基づき、正しいリーチ・ルートを提供するものです。各作品ごとに提案するVODは当然ピンポイントで変わってきます。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。配信は永遠ではありません。あとで観ればいいやと放置していると、いつのまにか動画が消えていることもありえるので要注視です。

配信はいつ終わる?
VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フルムビバースでも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、最後に信用できるのは実際のサイト上の動画の存在有無のみです。「L・DK」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは便利な「ウォッチリスト」機能によるサポートがあるので、マイアルバムやお気に入りリストのような感覚で、気になる映画をリスト化できます。今は無理だけど後で見ておきたい…。そういう作品もたくさんあるはず。一期一会で終わるのはもったいないので、しっかり記録しておきましょう。ブラウザやメモアプリよりも楽です。Cookieを有効にしないと利用できないのでその点は留意してください。「L・DK」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

無料動画サイトとの違い
昔から、具体的には2000年代初期のジェネレーションZ誕生の少し前の時代、動画を見るという文化がネットに定着しました。そこで使われていた動画共有サイトは瞬く間に繁栄を極め、今日に至っています。しかし、問題点もまた無数に拡大してしまいました。品質の悪いもの、粗悪な内容のもの、法律を守っていないもの、動画の自由投稿が逆に環境を悪化させています。そこでVODです。こちらは管理がフルサービスで行き届いているものであり、ましてや全ての動画が高品質。「L・DK」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「L・DK」鑑賞完了後に解約もアリ。キャリアスマホの解約はなにかと面倒な契約の縛りばかりでうんざりしていたことも多いものでした。しかし、VODの解約はその心配は捨て去って結構です。なにせワンクリックで瞬時に退会ページへ進み、そのままの流れで解約できます。変な制限はなく、電話確認もないので、実質1分程度で終わって済ますことができ、あなたの望む日に完了。これにより動画を観終わってもう必要ないと思った人でも、すぐさまにストップできます。もちろん再開もすぐにできます。

『L・DK』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年9月22日時点での『L・DK』の動画配信
  • 「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『L・DK』をさらに知る

★スタッフ
監督:川村泰祐
脚本:松田裕子
撮影:北山善弘
音楽:遠藤浩二

★キャスト(キャラクター)
剛力彩芽(西森葵)、山崎賢人(久我山柊聖)、中尾明慶(佐藤亮介)、岡本玲(渋谷萌)、石橋杏奈(水野桜月)、桐山漣(三条亘)、高島礼子(小夜子)、福士誠治(久我山草樹)、白石美帆(星野カズミ)、藤井隆(恩田先生)

★『L・DK』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???2.6
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『L・DK』の感想

●映画無料夢心地 
The少女漫画を映画化しました!って映画。それ以上の売りがない。漫画の世界をそのまま映画にしてほしい!って言われたら多分この映画みたいになる。他の工夫はない。そういうを見たお人にはオススメ。人気少女漫画の映画化作品を観たい人は観ない方がいい。絵と現実の違いを埋める「演出」という概念がこの作品には存在しないので、謎のファンタジー空間にずっといる、よくわからない人たちのトークが見られる奇怪な体験でした。
●シネマトゥデイ 
これがワーストだという人も頷ける。でもちょっと待ってほしい。一周回ってこれはもうカルト映画じゃないか。思い出せば思い出すほど剛力さんの演技が気になってもやもやします。でも彼女が悪いわけではないのです。こんなはちゃめちゃ主人公はどんな名俳優でも納得いかせるのは不可能です。それくらいヒロインが、日本社会で育ったのではないのでは?と思うほど意味不明。たぶんアマゾンのジャングルで常識を学んだのだと思えばいいです。
●BILIBILI 
剛力彩芽は損をしている女優だと思う。常に何かしらのバッシングにさらされる。大抵は本人の選択というよりも事務所や他の大人たちのせいなのが、また可哀想だ。そしてやっと自分の意志を見せたかと思えばまた叩かれる。これは嫉妬だろうけど。この映画は間違いなく剛力彩芽という人間を大人たちがテキトーに弄んで生まれてしまった一作だ。ブレイク直前の山崎賢人さんの姿が観れるというのも貴重なので、レアな映画ではある。
●DAILYMOTION
ゴーリキさん、彼女がまだピュアピュアしていた時期。この後にまさか大富豪にハマっていくとは思わなかった。それを映画化していく方が面白いのかもしれない。ひとつの人生史として描く価値はあるだろう。ただし、主演は本人がするべきだ。他の人にやらせるのはあまりオススメしない。罪悪感がある。激しいドラマではなくとも、これほどまでに現代人の下世話な関心をもたらすものはないだろう。あとは実行する覚悟だ。