ルパン三世(実写映画)

前代未聞の問題作、参上

映画『ルパン三世』のフル動画を無料視聴する方法を、ストレスを溜めることなく、シンプルな動画レコメンドでご提供中。
今すぐ『ルパン三世』を見るなら動画リンクをチェック。

モンキー・パンチ原作の名作「ルパン三世」を小栗旬主演で実写映画化。プロデューサーは山本又一朗、共同プロデューサーは佐谷秀美、岡田有正、片山宣。ある日、シンガポールの現代美術館から古代オリンピックのメダルが盗まれる事件が発生する。重要なアイテムの喪失に関係者はパニック。翌日、香港警察本部を訪れた銭形警部は、捜査官たちを前に盗難事件のブリーフィングをさっそく開始。疑わしい存在はすぐにわかっていた。犯人は1年間消息を絶っていたルパン三世、峰不二子、ピエール、ジローら若手の盗賊たちと思われたが、銭形は事件の黒幕に、盗賊集団「ザ・ワークス」を束ねる老盗賊トーマス・ドーソンが絡んでいると考えていた。その予想は的中するかどうかはともかく、今は対策が必須。秘宝のありかは、難航不落の要塞型セキュリティシステム「方舟(ジ・アーク)」。ルパン一味はこの絶対不可能なミッションに挑む。

原題:ルパン三世 / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年8月30日 / 133分 / 制作:パイプライン / 配給:東宝 

映画『ルパン三世』予告編

(C)2014 モンキー・パンチ/「ルパン三世」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT×】
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【Videopass×】
VOD5【dTV×】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ルパン三世』の無料動画を見る方法

世間の知名度が高く人気も根強い作品を原作に映像化したものはそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのがオススメ。レンタル店でDVDを借りる場合は、どうしても面倒なことも多いです。それでもネット配信ならばそんな事情とはおさらばです。好きなタイミングで自由なメディアによって鑑賞でき、出演俳優の他の作品を検索して、さらに楽しみを広げることもできます。

動画が見れるだけで満足してはいけません。なにせトライアルを無料で体験できる利点が初心者限定でセットアップされています。どんな時でも必ず最初の登録という初めの一歩があるものですが、その瞬間から一定の期間に限って無料という扱いになります。初心者お試しは誰でもトライすることができます。「無料期間が早期にシャットアウトしちゃったら?」と危惧する声もあるでしょうが、動画を複数視聴するのにじゅうぶんな猶予があるので、あなたのカレンダーに合わせて試用を満喫できるでしょう。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。もしこれらのブラックサイトの利用を誰かに推奨されても、その口車に乗せられてはいけません。断固拒否です。

作品がデジタル配信で一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。毎週上映ラインナップが変わる映画館のように、VODも配信内容はどんどん容赦なく移り変わっていくので、1か月前の状態と今が同じなんてことはまずあり得ません。「ルパン三世」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。いつまでも悩んでも解決には程遠いです。この作品ページを使って悩みをスッキリさせましょう。視聴できる可能性の高いVODをアイコンで一覧にして簡易的に紹介(今日見られるかはサイトでの確認が必須です)。情報更新がほどよく適度に行われ、レコメンドされるサービスも配信状況に合わせて変化していくのでフレキシブル。なお、現時点でのリアルタイムな配信状態は公式サイト上でチェックしない限りはわかりません。確認は最後のステップです。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ルパン三世」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。クレカ以外の方法はないのかと知りたい人もいるはずです。Vプリカなどのプリペイド型は、ほとんどのサービスで使用不可の扱いを受けています(個人確認ができないため)。最も有効な代替手段はキャリア決済の活用。月々のスマホ料金等の支払いと一緒に済ませられます。なお、一度すでに登録済みのカードでは初回限定の無料お試しは受けられないので事前にしっかり確認しましょう。

サブスクリプション系のビデオオンデマンドは家族向けとしてフィットするような機能も充実。同じ家庭でもお父さん・お母さん・兄・姉・弟・妹・祖父母…それぞれの利用の好みは違うので同一アカウントで住み分けするのは大変かもしれません。でも大丈夫。個別で切り替えできるのでプライバシーを確保したまま動画を見れます(この機能は全てのVODに搭載されているわけではありません)。また同時利用もサポートしているものもあり、これで同じ家の中である人はテレビ、ある人はスマホでと違う動画を観ていてもOK。

『ルパン三世』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ルパン三世』をさらに知る

★スタッフ
監督:北村龍平(関連作品:『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』)
脚本:水島力也
撮影:古谷巧
音楽:アルド・シュラク

★キャスト(キャラクター)
小栗旬(ルパン三世)、玉山鉄二(次元大介)、綾野剛(石川五エ門)、黒木メイサ(峰不二子)、浅野忠信(銭形幸一)、ジェリー・イェン(マイケル・リー)、ビタヤ・パンスリンガム(ナローン)、ラター・ポーガーム(ミス・ヴィー)、タナーヨング・ウォンタクーン(ロイヤル)、キム・ジュン(ピエール)、ニルット・シリジャンヤー(モムラーチャオ・プラムック)、ニック・テイト(トーマス・ドーソン)、山口祥行(ジロー)、中山由香(マリア)、吉野和剛(サーベル)

★『ルパン三世』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.8???2.7
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ルパン三世』の感想

●無料ホームシアター 
世の中には「これだけはやめておけ」という挑戦がある。どんなにチャレンジを賛美する文化があっても、綺麗ごとだけではどうにもならない事態が起こる。この映画はまさにそれだった。俳優はみんな持てる限りの全力を出した。最高のパフォーマンスだ。でも根本的に場違いだった。そこが致命的だった。黒木メイサは確かにセクシーだし、ミステリアスだろう。でも峰不二子のような漫画的なキャラクターをやらせれば合わないことくらいわからなかったのか。
●映画無料夢心地 
やっぱりどうしてもアニメ版のルパン三世のイメージが強くて、銭形警部や峰不二子など主要キャラのコレジャナイ感はハンパなかったのですが、ルパン三世という固定概念を捨て去れば1つの作品として十分に成立しているので、その境地に達すればいいのです。できるかどうかは別にして。「オーシャンズ」シリーズの日本リメイクだと思えばいいじゃないですか。こんなにアクションしてくれる邦画もあの当時は珍しかったなと振り返っても思います。
●DAILYMOTION 
いつものルパンのテーマ曲が流れれば随分盛り上がったかもしれないけど、なぜそれをチョイスしなかったのか、疑問は消えない。ルパン一味以外オリジナルキャラクターも沢山いるし、アニメルパンとは違うところも沢山あるので、ルパン見よう!という気持ちではなく、ルパン一味が出てくる映画見よう!という気持ちで見れば…と自分を誤魔化してみたけど、そもそもタイトルが「ルパン三世」と言っている以上、その事実からは逃げられないのであった…。