ジェーン / Jane Got a Gun(2015)

彼女は銃をとる

映画『ジェーン』のフル動画を無料視聴する方法を、しつこい広告で視聴妨害されることなく、スムーズにお届けしています。
今すぐ『ジェーン』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Jane Got a Gun / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年10月22日 / 98分 / 制作:Relativity Media / 配給:ポニーキャニオン 

映画『ジェーン』予告編

(C)2015 SP JGAG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】日本語訳
VOD2【Hulu】不快広告無し
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ジェーン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

大勢が使っています!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分の力で乗り越えようとする人間の生き様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りる以上にラクチンで、忙しい現代人にはぴったり。なかには登録せずに鑑賞できる、極めてスピーディに動画を視聴できるものもあるので、ウェブサイトにアクセスして確認するのが先決です。

「無料」を嫌う人はいない!
忘れるべきではないことが一点。あなたが初心者ならばこの無料サービスお試しを受ける絶好の権利が与えられるのです。これはビギナーハードルを低減するためのもので、初回利用者限定でフリー期間が設定されています。あなたの気になる作品動画が配信中ならばハッピーチャンスです。「十数年前の観飽きた作品ばかりだと魅力はないな…」とテンション低めならば、一気に期待を爆上げしましょう。配信開始した新作もいち早く取り揃え、即視聴できるサービスが期待を高めてくれます。

恐ろしい事態にも!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ジェーン」の鑑賞はダメです。これらの問題サイトは運営しているサーバーなどが貧弱で、無駄に広告も過剰表示されているため、とにかくパソコンやスマホに極端な負荷をかけます。CPUを食いつぶし、オーバーヒートさせ、機器の寿命を下げることになり、故障の原因にもなります。もしこれらのブラックサイトの利用を誰かに推奨されても、その口車に乗せられてはいけません。断固拒否です。

配信しているのはコレ!
DVDやブルーレイは完全にマニアアイテムへと形骸化してしまった以上、このVODがポピュラーな主戦力となりました。嬉しい悲鳴にはなりますが、VODを展開する会社の数がとにかく豊富。つまり、どれがどれを配信しているのかが状況混雑しすぎているので、整理が一向に全然追い付きません。「ジェーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「極力無駄な労力を用いることなく配信中のVODがわかる一覧ページを提供できないか」と考えて掲載したのが、コレです。オロオロと悩む手間もなくアイコンの視認だけで解決。「これだけを登録しておけばOKです!」とゴリ押しするようなことはしません。それはさすがにユーザーを無視しすぎていますから。まだ見知らぬVODがリストチョイスにあったら、それはまさに天からの恵み。無料動画にストレートでダイブできるので、気持ちいい気分です。

あなたはどっち派?
外国語映画ならば「字幕」か「吹替」の選択ができるものがあります。あなたが好きなのはどれでしょうか。字幕は映像動画に集中できない欠点がありますが、役者の声をそのまま聞けるので演技を純粋に楽しめます。吹替は誰が声をあてるかでクオリティが左右されるのですが、運よく素晴らしい声優陣に支えられていれば最高クラスの別格オリジナルなユニークさが追加されることになります。「ジェーン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、かたや一方では登録した月のラストの日までとなるパターンもあります。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ナタリー・ポートマン」を堪能する前に幕が閉じるかも。つまりカレンダーとにらめっこしないといけないのです。「あ~今日は時間がないし、明日は買い物だし、明後日は友人と用事があるし…」とか言っていると終わります。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のようにタイトルで騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「ジェーン」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

俳優好きにも必須
劇場であろうと自宅鑑賞であろうと映画を観るなら俳優で判断する人は多いです。好きな部分というのは個人で違ってきます。「あの人の声がいい。いや、横顔がたまらない。迫真の演技に惚れてしまう…」そんなフラストレーションを作品視聴で解放するのはこのうえない究極のカタルシスです。VODは出演作もバッチリ検索可能。「ナタリー・ポートマン」の素晴らしい演技は最高のエンターテインメント・ショーであり、詩的な読み応えすらもあるかもしれません。まだ見ぬ一面にストレスも忘れて今日から新しいフォロワーになってしまうかも。

『ジェーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月3日時点での『ジェーン』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ジェーン』をさらに知る

ナタリー・ポートマンが主演・製作を務め、ユアン・マクレガーが敵役で共演する西部劇。製作にはスコット・スタインドーフ、スコット・ラステティ、テリー・ダガス、ザック・シラーなどが名を連ねる。南北戦争直後のニューメキシコ周辺。ジェーンは夫のハムと娘と温かい家庭を築き、平穏な毎日を送っていたが、ある日、夫が銃弾を受けて瀕死の状態で家に戻ってきた。こんな状態ではさらなる危険もありうる。このままでは家を守れるのは自分しかいない。夫に傷を負わせた悪名高きビショップ一家の首領ジョン・ビショップの手から夫と娘を守るため、行動を開始しなくてはいけない。ジェーンは南北戦争の英雄でかつての恋人ダンに、わらにもすがる思いで助けを求める。それは戦いの始まりだった。

★スタッフ
監督:ギャビン・オコナー(関連作品:『ウォーリアー』)
脚本:ブライアン・ダフィールド、アンソニー・タンバキス、ジョエル・エドガートン
撮影:マンディ・ウォーカー
音楽:リサ・ジェラード、マルチェロ・デ・フランチシ

★キャスト(キャラクター)
ナタリー・ポートマン(ジェーン・ハモンド)、ユアン・マクレガー(ジョン・ビショップ)、ジョエル・エドガートン(ダン・フロスト)、ノア・エメリッヒ(ビル・ハム・ハモンド)、ロドリゴ・サントロ(フィッチャム)、ボイド・ホルブルック(ビック・ビショップ)

★『ジェーン』の評価

IMDbRTMETA
5.941%??
映画comY!FM
3.0???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ジェーン』の感想

●無料ホームシアター 
ナタリーポートマンが美しい。ワイルドでパワフルだ。最後1発で殺すのではなくジリジリ追い詰められる死に方にはナタリーポートマンありがとうとしか思えませんでした。本当に演出がいいですね。ナタリーがプロデューサーとして初期から奮闘した努力のお陰なのだろうけど、妙に豪華な俳優陣は最高です。派手にいくらでもできるのにそれしなかった抑えの効いた感じは良いと思うし、西部劇ファンならひとつ観ておきたい隠れた作品です。
●FILMAGA 
西部劇というジャンル・時代背景の中、主人公が強く逞しい女性しかもナタリー・ポートマンの熱演というこれだけに秀でた一点で既に抜きん出た本作は、男臭く格好良い作品を従来から得意とするギャヴィン・オコナーがメガホンを取ったことで、ジェンダーを反転したストレートさが目に焼き付く。雰囲気は上等だし、決して悪い映画なわけじゃない。単にエンタメとしての華の無さなのだが、そこは狙ってのことだから、つべこべ言うのはやめよう。
●ユナイテッドシネマ 
普通に西部劇として面白かった。まあ、肝心のガン・ファイトは少ないけど。多くが言及している「ラブ・ストーリー」的要素はそれほど目立つものではないです。どちらかといえば女性が生き抜くためのひとつの手段としての処世術と見た方がいいかな。そういう観点ではストイックなマカロニ・ウエスタン的でなく、アメリカ西部劇的ですね。ナタリーポートマンが母になってからこの脚本に共感したというのは、すごく納得。守るものの力です。