ゴールデンスランバー(韓国映画)

日本の名作を韓国が映画化

映画『ゴールデンスランバー』のフル動画を無料視聴する方法を、むやみやたらに多いリンクに翻弄されることなく、スッキリとご紹介中。
今すぐ『ゴールデンスランバー』を見るなら動画リンクをチェック。

国家的な陰謀に巻き込まれた平凡な男を描き、堺雅人主演で映画化もされた伊坂幸太郎の同名小説を、人気俳優カン・ドンウォン主演で、韓国で再映画化。特別なトラブルが自分にだけ舞い込んでくるなんてことはありうるのだろうか。ひょんなことから強盗から人気アイドル歌手を救い、一躍国民的ヒーローになった誠実な宅配ドライバーのゴヌ。栄光を手にした彼だったが、久々に連絡があった旧友ムヨルと再会するが、その時、目の前で爆弾テロが発生。しかも、そのパニックの最中、立て続けにショックが起こる。次期大統領候補が暗殺されてしまう異常な事態が降りかかり、周囲はパニック。さらにムヨルが「お前を暗殺犯に仕立てるのが組織の狙いだ」との言葉を残して自爆。言葉を失うしかない。大混乱のなか、ムヨルの言葉通り、ゴヌは暗殺犯として警察から執拗に追われる身となるが…。

原題:Golden Slumber / 製作:韓国(2018年) / 日本公開:2019年1月12日 / 108分 / 制作: / 配給:ハーク 

映画『ゴールデンスランバー』予告編

(C)2018 CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA, ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ゴールデンスランバー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

使用者も増える一方です!
緊迫の展開が連続して観客をハラハラドキドキの感情にさせてエキサイティングな時間を過ごせる映画。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを使うのも手です。ネット配信なので旧作も見れますし、韓国映画だけを検索して表示することができるものもあります。中にはポイントで劇場料金を安くできる割引クーポンと交換できるものもあるので、映画館で見ることしか興味ない人でもこれは非常に見逃せません。

「無料」を嫌う人はいない!
そして絶対に忘れてはいけないこと。無料スタートをお約束できるトライアルという選択肢がセットされています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録の難易度が自分には難しそうだ」と気分が乗らない人も、物は試しにやってみるといいです。デメリットはないですし、入力する内容もシンプルで拍子抜けすると思います。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ゴールデンスランバー」の鑑賞はダメです。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。危ないだけのリスキーなウェブサイトを継続使用でもすれば、あなたの立場がどんどん危うくなるだけで、有害です。

どれを選べばいい?
新規の劇場公開映画でもいつかはネットで見れます。その配信時にはVODでもお目にかかれる可能性は大です。ところが、そうは問屋が卸さないもの。VODの多さと複雑さは、素人であればクラクラするほどであり、判断は困難。確認作業をしようにもまず何をすればやらです。「ゴールデンスランバー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「極力無駄な労力を用いることなく配信中のVODがわかる一覧ページを提供できないか」と考えて掲載したのが、コレです。オロオロと悩む手間もなくアイコンの視認だけで解決。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

試写も良いけど…
公開前から映画を観る手段は非常に限られてくることですが、無いわけではありません。むしろ、うってつけの方法があります。試写会です。映画祭での上映もひとつの手ですが、それはかなりレアケースになってしまい、争奪戦になるので非現実的。でも広範に実施される試写会ならばいとも簡単に無料で映画を見れます。もちろんタダで見させてもらうのですから、それなりのマナーだけでなく、しっかりとした映画宣伝に寄与する姿勢も必要になってきます。事前のルールは必ず守って清く正しく映画に向き合いましょう。

お試し無料はいつまで?
魅惑なフレーズである「無料お試し期間」ですがそこにはひとつだけ飛び越えるべき大きな穴があります。それはその期間の長さ。これがまた各サービスで違ってくるために複雑。2週間、30日、31日、1か月、登録から月末までという場合も。登録前に必ずあなたのスケジュールを確認しましょう。もし忙しくて時間をとれないほどなら「カン・ドンウォン」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

悪いサイトを追い出すために
VODは便利であるという意外にも公益の保護として著作権コンテンツを守る役割も果たすことが期待されています。その中心にいる問題点は違法な海賊版ウェブサイトです。その有害性は今さら語るほどでもなく、明確なことではありますが、対策は議論されているものの、有効な効果があったかというと残念ながら言い切れません。しかし、VODがただの規制による圧力ではない「嬉しい代替え手段」を提供することで「視聴したい気持ち」を損なうことなく、正しい利益を権利者に与えます。「ゴールデンスランバー」合法視聴方法を拡散しましょう。

10回でも100回でも
映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「ゴールデンスランバー」を連続視聴するなんて愚かですか? いいえ、それは賢いコアな楽しみ方です。人によっては応援するようにせっせと映画館に顔を出す人もいますが、何もそこまでせずとも、ネット動画ならば容易く実現可能。それに何の意味があるかと言えば、新発見の期待です。「へ~ここは伏線になっていたのか」「解説を読むとここの意味がわかる」そういう深いエンジョイができるのも醍醐味であり、さらに作品が好きになる大きな架け橋になるのでいかがでしょうか。

『ゴールデンスランバー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月11日時点での『ゴールデンスランバー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ゴールデンスランバー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ノ・ドンソク
撮影:キム・テソン
音楽:キム・テソン

★キャスト(キャラクター)
カン・ドンウォン(キム・ゴヌ)、キム・ウィソン(ミン)、ハン・ヒョジュ(ソニョン)、ユン・ゲサン(ムヨル)、キム・ソンギュン(グムチョル)、キム・デミョン(ドンギュ)

★『ゴールデンスランバー』の評価

IMDbRTMETA
5.8??%??
映画comY!FM
?????3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ゴールデンスランバー』の感想

●無料ホームシアター 
正直、日本版がかなり良く出来ていて、俳優も当時のレベルで揃えられる範囲で豪華だったので、見劣りしてしまいました。日本版のロケ地が土地勘のある仙台という点もマイナスに働いたかもしれないですが、リメイクは比べられてしまうから辛いよねという部分は配慮しても、苦しいのか。カン・ドンウォンが大活躍するので、彼が好きな人はいいかもしれないです。国家の陰謀といった点では日本を舞台とするよりも、韓国の国情の方がマッチしているか。
●FILMAGA 
韓国らしいリアルもある。何も悪い事をしてない普通の人が、突如大きな陰謀に巻き込まれて命を脅かされる恐ろしさは、実際に韓国では一般市民が北朝鮮のスパイとされ、ろくに捜査もされずに逮捕された上、拷問を受けて長年投獄されるというおぞましい冤罪事件もたくさん起きているからこそ本物っぽさもある。韓国らしいアクションや見せ場もいっぱいあって、別スタイルとして気分を一新してエンジョイできるだけのリニューアルっぷりを満喫。
●BILIBILI 
日本版よりもコンパクトに仕上がっているように感じました。リメイクとしては妥当。そして、この韓国版のほうがアクション味強いですね。派手さがあります。友情も青春群像みたいなノスタルジーがあって韓国版のテイストのほうが私は好きなので、たぶん好みの問題です。オリジナル版及び原作小説に対する一定のリスペクトを感じるし、ハードな感じはお国柄で、ここは日本がどんなに頑張っても敵わない部分なのじゃないかなと思います。