天才作家の妻 40年目の真実

栄光の裏に隠された愛と嘘

映画『天才作家の妻 40年目の真実』のフル動画を無料視聴する方法を、ユーザーフレンドリーでわかりやすさ第一のモットーでご提供中です。
今すぐ『天才作家の妻 40年目の真実』を見るなら動画リンクをチェック。

アカデミー賞に6度ノミネートされているベテラン女優グレン・クローズが、世界的作家の夫を慎ましく支えてきた妻に扮し、夫婦の絆や人生の意味とは何かを描いたヒューマンドラマ。製作総指揮にはジェーン・アンダーソン、ビョルン・ルンゲ、ゲロ・バウクネット、ニナ・ビスゴードなどが名を連ねる。現代文学の巨匠ジョゼフがノーベル文学賞を授与されることになり、ジョゼフと妻のジョーンは息子を伴い、記念すべき人生の栄光を手にするノーベル賞の授賞式が行われるストックホルムを訪れる。それは普通であれば、とても華々しい瞬間であり、まさかそこから人生が狂うとは誰も思わない。しかし、そこでジョゼフの経歴に疑いを抱く記者ナサニエルと出会い、夫婦の秘密についてストレートに問いただされる。それは根拠のない疑いではない。実は若い頃から文才に恵まれていたジョーンは、あることがきっかけで作家になることをあきらめたという苦い過去があった。そこで彼女が選んだ選択は物議となるもの。そしてジョゼフと結婚後、ジョーンは夫の影となり、世界的作家となる彼の成功を密かに献身的に支えてきたのだが…。

原題:The Wife / 製作:スウェーデン・アメリカ・イギリス(2017年) / 日本公開:2019年1月26日 / 101分 / 制作: / 配給:松竹 

映画『天才作家の妻-40年目の真実-』予告編

(C)META FILM LONDON LIMITED 2017


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『天才作家の妻 40年目の真実』の無料動画を見る方法

様々な葛藤や苦悩を抱えながら二人で支え合おうとする人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するといいでしょう。ネット配信ならば旧作もズラリと勢揃い。それだけでなく映画館鑑賞料金を安くできるサービスもあることはあまり知られていません。割引クーポンで最大でタダになることも夢じゃないので、じっくりサービスの特典を確認しましょう。

「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。いそいそとお金を用意する前にまずはお試しを忘れずに。無料です。「へ~こういう作品動画があるのか~これもいいな」という試着気分で体感できるので失望するリスクは最小限に。「どうしても心配なのだけど無料期間内で退会したら即有料になるの?」その疑念は自然と思い浮かびますが、退会後はいきなりの料金発生はないです。無料期間を過ぎていないのなら安心できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。「こんな初歩的な不正サイトのトラップにかかるやつはいない。もしくはバカだ」そう思っていると、案外とあなたもすでに首根っこを掴まれているかもしれません。なにせ向こうも意地ですからあの手この手で利益をあげるために密かな暗躍を裏で実行しています。これは全員の意見が一致するところだと思いますが、どんなに見たい動画でもそれで自分に大損害が生じたら心底嫌でしょう。

「配信作品を眺めるだけでVODを使ってみたい欲求が沸き上がった!」その気持ちをスッキリさせましょう。しかし、よく知っている方なら言うまでもないでしょうが、サービス稼働中のVODの数は一昔前とは比べ物にならないほど増大しており、全体の把握は至難の技です。「天才作家の妻 40年目の真実」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はスピーディに解決しましょう。「観たい作品を配信中のVODを一気にチェックできたら…」という需要を叶えることができます。むやみに時間を浪費する事態は今後はサクッと回避できます。変な怪しいサイトに連れ込む誘導リンクを貼っている悪質ページはネット上に無数にありますが、フルムビバースでは的確な動画リンクのみです。なお、現時点でのリアルタイムな配信状態は公式サイト上でチェックしない限りはわかりません。確認は最後のステップです。

新作映画ほど思わず先走ってでも見たくなるものはないです。海外では先に公開されていたりして、羨ましい限りであり、ウズウズしてきます。そんなときは試写という方法を検討してみる価値はあるかもしれないです。無料で申し込んで運さえよければドリームが叶う。こんなことはまさに貴重な体験。ネットのオンライン試写もあったりするので、面倒だからスケジュールや場所に縛られたくない人もチャンスあり(それでも時間制限がありますが)。無料で見るのですからちゃんと宣伝にも貢献しておきましょう。「天才作家の妻 40年目の真実」も試写ありです。

無料で試せる期間はいつ終わるのかというのは把握しておくべきです。いつの間にか有料に更新されている可能性も起こりえます。幸いなことにメールなどで事前にアナウンスされるので、お知らせを見逃さないように、登録アドレスのチェックは入念にしておきましょう。すっかり忘れて大事な期間を無駄に過ごしてしまうと、気づいても「グレン・クローズ」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

『天才作家の妻 40年目の真実』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月11日時点での『天才作家の妻 40年目の真実』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『天才作家の妻 40年目の真実』をさらに知る

★スタッフ
監督:ビョルン・ルンゲ
脚本:ジェーン・アンダーソン
撮影:ウルフ・ブラントース
音楽:ジョスリン・プーク

★キャスト(キャラクター)
グレン・クローズ(ジョーン・キャッスルマン)、ジョナサン・プライス(ジョゼフ・キャッスルマン)、クリスチャン・スレイター(ナサニエル・ボーン)、マックス・アイアンズ(デビッド・キャッスルマン)、ハリー・ロイド(若い頃のジョゼフ・キャッスルマン)、アニー・スターク(若い頃のジョーン・キャッスルマン)、エリザベス・マクガバン

★『天才作家の妻 40年目の真実』の評価

IMDbRTMETA
7.384%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『天才作家の妻 40年目の真実』の受賞
第76回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ)を受賞。

★『天才作家の妻 40年目の真実』の感想

●無料ホームシアター 
理想のカップルって何だろう。愛して、支え、傷つき、憎んで、許し、愛し合う。そんなことの繰り返し。それが夫婦なのだと、この映画に教えられた気がしましたが、でもそれも答えじゃないのかもしれないです。同業で妻が旦那の才能を超えてしまったとき、どうするか。性別を超えたものというか、ここに「男」「女」議論を持ち込むべきではないけれど、一種の「支え」というのはときに暴力的で支配的で抑圧的なんだと学べた気がする。
●シネマトゥデイ 
色んな形の夫婦があるという事はよく描かれていたなと思いました。だってこういう状況に置かれることは一般ではないだろうし、さすがに身に余る出来事ですが、それでも何かの成果を共に分かち合えない、それどころか略奪的になるというのは珍しいわけではない気がします。全てはグレンクローズの表現を観ながら、あのシーンでは本当は悲しいのかな悔しいのかなと色々考えさせられる映画になっているので、反芻しながらのウォッチも良いです。
●VUDU 
演技力が素晴らしいので、それだけでも観る価値があると断言できます。絶対に観るべきリストに加えておいた方がいいです。こういう派手さのない作品にこそ、人間の生々しいリアルがあるのです。邦題の「天才作家の妻 40年目の真実」というセンスは少しミステリー風に見えてしまうというミスリードというか、誤解があるのだけど、そういう映画ではなく、本当は人間のどうしようもない欲を素直にオブラートなしで映し出したものと考えるべきかな。