マスカレード・ホテル

犯人はこの中にいる

映画『マスカレード・ホテル』のフル動画を無料視聴する方法を、ユーザーフレンドリーでわかりやすさ第一のモットーでご提供中です。
今すぐ『マスカレード・ホテル』を見るなら動画リンクをチェック。

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。エグゼクティブプロデューサーは臼井裕詞、プロデューサーは上原寿一と和田倉和利。都内で3件の殺人事件が発生した。現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、同一犯による連続殺人事件として捜査が開始される。その捜査は事件の凶悪性から早急な解決を必要とする。警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止め、すぐに行動に出る。このまま何もせずに事件を拡大させるわけにはいかない。凶悪な犯人を見つけるために考えた作戦はひとつ。ホテルのフロントクラークに成りすまして疑われることなく潜入捜査に乗り出すこと。これならば犯人を泳がせて、すぐに捕まえることはできる。新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と立場の違いから衝突を繰り返しながら、渦中の事件の真相に近づいていく。

原題:マスカレード・ホテル(「マスカレードホテル」) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年1月18日 / 133分 / 制作: / 配給:東宝 

映画『マスカレード・ホテル』予告映像【2019年1月18日(金)公開】

(C)2019 映画「マスカレード・ホテル」製作委員会 (C)東野圭吾/集英社


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。

▼『マスカレード・ホテル』の無料動画を見る方法

誰もが知っている俳優陣がゴージャスに揃った作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用して上手く見れるか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信はスピーディに動画を観れます。パッケージディスクを手にしてしまったあとに配信に気づくとガッカリです。劇場料金を安くできる割引クーポンをポイントでゲットできるものもあるので見逃さずに。

知らないとは言わせません。そんな鬼気迫る威圧感で詰め寄りたくなるほど無料体験は初回利用者必須の選択です。サービスは各社展開されていますが、ほとんどで無料お試しが提供されています。これはなるべく多くの人に試してもらって魅力に気づいてもらおうという優遇&宣伝策で、一般的です。「登録の難易度が自分には難しそうだ」と気分が乗らない人も、物は試しにやってみるといいです。デメリットはないですし、入力する内容もシンプルで拍子抜けすると思います。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。千載一遇のチャンスを見逃すなかれ。公式プレゼンツなサービスこそが何の心配もいらない選択肢です。

直近で公開された映画でもいつかはインターネット上での配信が始まり、それと共にVODでの解禁も近いです。しかし、よく知っている方なら言うまでもないでしょうが、サービス稼働中のVODの数は一昔前とは比べ物にならないほど増大しており、全体の把握は至難の技です。「マスカレード・ホテル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。今、見ているページにアイコン画像が表示されていませんか? これは配信している可能性が高いことを示しています。そうしたアイコン・リストが1個もないのならば、情報待ちか、まだ未配信と考えるべきかもしれません。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。なお、現時点でのリアルタイムな配信状態は公式サイト上でチェックしない限りはわかりません。確認は最後のステップです。

VODはどの媒体でも使えるので誰でも見れてしまうのはメリットですが、その代わり「これ、見られたくないな…」という映画に関してどうするかという問題が発生します。アダルト系や残酷系というコンテンツもあり、それを回避できる安全策がしっかり用意されているのが嬉しいところ。キッズバージョンに切り替えればそうした映画はフィルタリングできます。また家族別でアカウントを切り替えることで他人に私的な視聴履歴を見られないようにもできます。これでプライベートを確保して、みんなでワイワイと満喫可能。

フルムビバースは企業の枠を超えた総合集約的なデータベースなので、細かい情報がズラリと揃っています。主要制作スタッフやキャストの情報がわかるのは当然として、インタビュー抜粋やトリビア、ラジオなどの批評、感想など映画をさらに知り尽くすためのアシスタント・インフォメーションがいっぱい。予告動画を視聴して内容を探ってみるのも良し。レビューサイトの評価判断で参考にしてみるのも良し。「鈴木雅之」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『マスカレード・ホテル』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『マスカレード・ホテル』をさらに知る

★スタッフ
監督:鈴木雅之(関連作品:『吹く風は秋』)
脚本:岡田道尚
撮影:江原祥二
音楽:佐藤直紀

★キャスト(キャラクター)
木村拓哉(新田浩介)、長澤まさみ(山岸尚美)、小日向文世(能勢)、梶原善(本宮)、泉澤祐希(関根)、東根作寿英(久我)、石川恋(川本)、鶴見辰吾(田倉)、篠井英介(尾崎)、石橋凌(藤木)、渡部篤郎(稲垣)、濱田岳、前田敦子、笹野高史、高嶋政宏、菜々緒、生瀬勝久、宇梶剛士、橋本マナミ、田口浩正、勝地涼、松たか子

★インタビュー
・長澤まさみ「もともと人に喜んでもらいたいという気持ちが強いので、わたしはサービス業に向いているのかなと思うんです。しっかり勉強すれば良いホテルスタッフになれる気がします(笑)」

★『マスカレード・ホテル』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『マスカレード・ホテル』の感想

●無料ホームシアター 
マスカレードホテルは本当に面白かった! 贅沢な配役ができるのはあの会社のおかげですかね。メインは二人ですけど。何より、長澤まさみは綺麗だし、木村拓哉がかっこよすぎた。キムタクと長澤まさみのバディ最高すぎたので、ずっと見ていたい気分。ホテル利用することは多い人もいっぱいだけどホテルマンの仕事も尊敬するしホテルがちょっと好きになる…そんな感じだった。頑張って働いている人に悪いことは言っちゃいけない。そんな心の着地。
●シネマトゥデイ 
ポスターと宣伝文句から、豪華キャストの中から犯人探しをする至極普通のミステリーかと思い込んで視聴したんですが、“プロフェッショナル・ホテルマンの流儀”感が強いので、日本によくあるお仕事系の働く人は偉い系の映画です。まあ、TVとかでよくやるやつです。展開がワンテンポなだけに予告とかで誰が演じてるのかをしっかり確認すれば、情報を整理することで消去法でだいたい犯人がわかる所が微妙に感じてしまうのでそこは工夫してくれ。
●MOVIX 
出演者豪華で、次から次へと有名俳優の顔ぶれが。日本の著名人を揃えた感じ。明石家さんまさんが特別出演と書いてあったんだけど、どこに出てきたのか分からず、見落としたのか。殺人事件メインというより、ホテルマンという職業の大変さ、やりがいなどがよく伝わってくる映画でした。一流ホテルマンとは何かを伝えるためにこの映画は作られたとしか思えないので、きっと関係者の中に同じ職業の人がいるんですよ。そのへんの忖度は感じます。