ぶどうのなみだ(2014)

北海道の地でしあわせのひとしずくを求めて…

映画『ぶどうのなみだ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ぶどうのなみだ』を見るなら動画リンクをチェック。

三島有紀子監督と主演の大泉洋が再タッグを組み、再び北海道を舞台に描いたヒューマンドラマ。プロデューサーは岩浪泰幸。私たちはここで一生懸命に生きている。北海道・空知で暮らす男性アオと、ひとまわり年の離れた弟のロク。アオは父親が残したぶどうの木でワインをつくり、ロクは小麦を育てている。その生活は都会のようなにぎやかさはなくても、生きがいがある。アオは「黒いダイヤ」と呼ばれるピノ・ノワールの醸造に挑んでいるが、なかなか上手くいかずにいた。それくらいに難しいからこそ、やる価値もある。そんなある日、アオとロクの前に、キャンピングカーに乗った旅人の女性エリカが現れ、彼女の持つ不思議な魅力が、自然の中で暮らす兄弟の穏やかな日常に変化をもたらしていく。

原題:ぶどうのなみだ / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年10月11日 / 117分 / 制作: / 配給:アスミック・エース 

映画『ぶどうのなみだ』予告編

(C)2014「ぶどうのなみだ」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ぶどうのなみだ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

楽しい時間をここで!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分の生き方を模索していく姿はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりもはるかに便利です。まだこの手のサービスに手を伸ばせていない人は別にハードルは高くありませんので気にする心配はゼロです。中には登録をせずともサイトにアクセスするだけでスタートできるものもあります。

「無料」ですよ!タダ!
「ずっと月額を払えるかな」と少し憂慮しているのならば、まずがお試しの無料体験で当面の危惧はなくすことができます。何事にも最初はあるように登録日の瞬間をベースポイントにして一定の期間、諸々の用意されているコンテンツを無料で試用できてしまうという夢のようなノーリスクサービスです。「どうしても心配なのだけど無料期間内で退会したら即有料になるの?」その疑念は自然と思い浮かびますが、退会後はいきなりの料金発生はないです。無料期間を過ぎていないのなら安心できるでしょう。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「ぶどうのなみだ」の再生はダメです。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。本来は言うまでもないですが、合法性うんぬんかんぬん以上にリスク回避の点でも重要だということです。

いちはやくウォッチ!
まるでそれはバイキング形式のようで「あれもこれも」と摘まんでいけばあっという間に1日が終わってしまうほどです。しかし、世の中には幸か不幸か映画が山のように流布しているのがネックとなってしまい、配信状態はまるで毎日変わる天気のように不安定で、判断は困難です。「ぶどうのなみだ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その答え探しにGoogle検索でサーチしまくる必要はありません。確かに検索画面でVODをサジェストする機能もありますが、あれは一部だけ。こちらのサイトはそれよりも対応数がパワーアップしています。「これだけを登録しておけばOKです!」とゴリ押しするようなことはしません。それはさすがにユーザーを無視しすぎていますから。躊躇しているくらいなら試してみる方が利益があるでしょう。なにせ無料で試せるのですから、合わないならそのときはすっぱりやめればいいだけ。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ぶどうのなみだ」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。たくさん存在するクレカのどれが最適なのかと気になる人もいるかもしれません。正直なところ、どの会社のカードも同じです。まだ持っていない人なら、審査が比較的簡単で、容易に入手できるものが良いでしょう。申し込みから数日程度で手に入るので、そこまで長く待つこともないはずです。一度登録した後に別のクレカに変更することもできるので、深く悩まなくてもOKです。

配信はいつ終わる?
どんなに名残惜しい気持ちになっても作品配信が終了するタイミングはいつか来てしまいます。その終わりの日時は事前アナウンスされていることも多く、唐突な消失は避けられるので、当サイト内の専用まとめページも参照してください。「この映画は絶対に見たいな」という目星をつけて見逃しを抑えることが可能です。ただし、配信延長の場合もあるので、結局は予測不可能な部分も多いのですが。「ぶどうのなみだ」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画はそれはもう大盛況でありとあらゆる動画だらけの遊園地みたいな世界です。しかし、その場所に不満を持っている人もいるでしょう。例えば、「これ、いいな」と思った動画をひとつ選択して視聴して見たらサムネイルとは全然違うテキストだらけの動画だったとか。釣りのような騙し系も氾濫しており、他サイトに誘導するものもあります。これは利用規約に違反するものですが、たいていは削除が追い付いていないので放置状態。VODはそんな惨状はないです。「ぶどうのなみだ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

悪いサイトを追い出すために
各所で報道されている海賊版動画ウェブサイト。それらからのダウンロードは完全に犯罪なのですが、個人視聴は規制しづらくなかなか終息しません。「フィルタリングならブロックできるはず」というのも過信にすぎず、実際は抜け穴がたくさんあります。そんな穴を効果的に埋めるためにはVODの普及が鍵を握っているかもしれません。専門家の意見では安価で便利なサービスの浸透はユーザーの目をこちらの合法的な動画に向ける効果があり、検閲の問題を発生させることもありません。「ぶどうのなみだ」合法視聴方法を拡散しましょう。

『ぶどうのなみだ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年9月20日時点での『ぶどうのなみだ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「Hulu」「TSUTAYA」「ビデオパス」「ビデオマーケット」「Netflix」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『ぶどうのなみだ』をさらに知る

★スタッフ
監督:三島有紀子(関連作品:『しあわせのパン』)
脚本:三島有紀子
撮影:月永雄太
音楽:安川午朗

★キャスト(キャラクター)
大泉洋(アオ)、安藤裕子(エリカ)、染谷将太(ロク)、田口トモロヲ(警官のアサヒさん)、前野朋哉(郵便屋の月折さん)、りりィ(リリさん)、きたろう(バーバーミウラ)、小関裕太(青年時代のアオ)、内川蓮生(少年時代のロク)、高嶋琴羽(少女時代のエリカ)、大杉漣(アオとロクの父親)、江波杏子(エリカの母親)

★『ぶどうのなみだ』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.8???3.0
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ぶどうのなみだ』の感想

●映画無料夢心地 
「しあわせのパン」を観て、三島有紀子さんの他の作品も観てみたくなりました。やっぱりこの独特の優しい世界観が大好きです。温かい開放的な空気感を大事にする人ですが、それは北海道のフィールドと絶妙にマッチしていて、これはロケーションを最大限に利用したという点ではまず大成功。作品としては2度目にあたり、前作での成功を踏まえてのまだいけるという狙いでの企画だったのでしょうが、確かに他にも観ていきたい気分にはなります。
●無料動画ワールドシアター 
大自然の恵み、音楽、ゆかいな仲間達、あらゆるすべてに乾杯したくなる、そんな映画です。身の回りにある何気ないものたちを見過ごしてきたことに気づき、その大切さを感じて、またこの世が好きになってくる。こういう愛しい体験を届けてくれて本当に感謝しかありません。全体的な構図とか、シチュエーションとか、ちょっとやり過ぎなくらいのわざとらしさもありますが、そこはファンタジーだと思って気楽に流していってください。
●BILIBILI 
日本でもようやく、このような原点を象徴する美しい作品が作られるようになったのか。北海道の雄大な大地、青く透き通る大空、対象的な芳醇なワインの赤どれもが一枚のキャンパスになってフィットする。そこに、タイトルにもなっている「なみだ」に代表される様々な水滴が心に傷を持った大人たちの再生物語を重ねる。そして、更に彩りを添えるのが作品全般に流れるクラシックの名曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」。また耳になじむ。
●MOVIX
監督が「この画を撮りたい」「このシーンを撮りたい」と思うものをつなぎ合わせてできた映画なのかなという印象で、そのため映画的なひとつの線のようなストーリーラインはないのですが、ワンシーンに魅力を持たせています。まるでアルバムの写真を眺めているような感じでしょうか。大泉洋のピュア部分だけを抽出したような演技は、人によっては違和感でしょうが、今作では地元愛も含めて、ナチュラルに美しくハマっていたと思います。