チワワちゃん(2019)

友達の死、それが青春を揺り動かす

映画『チワワちゃん』のフル動画を無料視聴する方法を、ユーザーフレンドリーでわかりやすさ第一のモットーでご提供中です。
今すぐ『チワワちゃん』を見るなら動画リンクをチェック。

漫画家の岡崎京子が94年に発表した「チワワちゃん」を実写映画化し、SNSが普及した現代の東京を舞台に、門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、吉田志織、村上虹郎らが演じる若者たちが繰り広げる青春を描いた群像劇。エグゼクティブプロデューサーは加藤和夫と岡本東郎。プロデューサーは山邊博文、行実良、岡本圭三、矢田晃一。ある若者グループのマスコット的存在で「チワワ」と呼ばれていた話題の中心にいた女性が、バラバラ遺体となって東京湾で発見される。なぜそんなことになったのかはわからない。誰にも見当がつかない。チワワの元彼や親友など残された仲間たちは、それぞれがチワワとの思い出をざっくばらんに語り出す。言葉にはできるが気づくことがあった。その過程で明らかになったのは、チワワの本名も境遇を誰も知らないまま、毎日、意味もなく無価値なバカ騒ぎをしていたということだった。

原題:チワワちゃん / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年1月18日 / 104分 / 制作: / 配給:KADOKAWA 

1/18(金)公開 映画『チワワちゃん』予告編

(C)2019「チワワちゃん」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『チワワちゃん』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

これも動画の面白さ!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分の生き方を模索していく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信なので旧作を振り返るのにも最適ですし、マイナー作品にも対応しているので、これは劇場で見逃したという映画を探して見るのも良いでしょう。劇場料金を安くできる割引クーポンをポイントでゲットできるものもあります。

「無料」を嫌う人はいない!
初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。これはビギナーハードルを低減するためのもので、初回利用者限定でフリー期間が設定されています。あなたの気になる作品動画が配信中ならばハッピーチャンスです。「登録の難易度が自分には難しそうだ」と気分が乗らない人も、物は試しにやってみるといいです。デメリットはないですし、入力する内容もシンプルで拍子抜けすると思います。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「チワワちゃん」の再生はダメです。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。具体的な失敗例を語るのは失礼かもしれないので控えますが、世の中にはそんな不法サイトでヘマをした人は結構います。

あなたの選択は自由!
映画はインターネットで見るものという習慣はすでに若い人の間では定着以前に常識になり、VODは頻出手段でもあります。しかし、配信の状況はまるで天気のように常に変化。昨日の姿と今日の姿、そして明日の姿は全然違います。それを追いかけるだけでも一苦労で疲れます。「チワワちゃん」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。各自で用意されている作品ページではその映画の配信VODをアイコンで通知中。複雑な表示でも何でもなく、パッと見ただけで取り扱い状況が把握できます。アイコン画像が非表示のときは、未配信かもしれません。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。ゆったり座って極上の体験ができる映画館が私は手放せない…そういう場合でもそのチケット代を格安にしたり、ゼロ円にしたりするVODも。

配信はいつ終わる?
ビデオオンデマンドはサブスクであろうとなかろうと永遠に映画コンテンツを所有できることを保証していません。配信が終了したりもします(無論、DVDも壊れれば見れませんが)。VODの各作品の配信が終わる日時は表示されていることもありますが、絶対ではありません。延長することも多々あり、そのたびに一喜一憂していても疲れます。まずはフルムビバースで一括確認しておきましょう。「チワワちゃん」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースは企業の枠を超えた総合集約的なデータベースなので、細かい情報がズラリと揃っています。主要制作スタッフやキャストの情報がわかるのは当然として、インタビュー抜粋やトリビア、ラジオなどの批評、感想など映画をさらに知り尽くすためのアシスタント・インフォメーションがいっぱい。予告動画を視聴して内容を探ってみるのも良し。レビューサイトの評価判断で参考にしてみるのも良し。「二宮健」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「チワワちゃん」は? 無料で視聴可能な作品の範囲は一番の疑問が多く寄せられる部分であり、ここを正しく理解してもらえないと、さまざまな弊害も起きたりします。なので丁寧に解説するとサービスごとの確認は必須。しかし、大別するならば見放題系は全部なので気にしなくていいとして、注意すべきは作品を個別にポイントで見ていく「見放題ではない」タイプ。これは無料をベースに考えるなら初回時のポイント範囲内での選べる作品が無料視聴可能だと心得ておきましょう。

海賊版サイトは無料ではありません
蔓延が深刻極まりない問題になっている著作権侵害等法律違反に該当するアップロード動画サイトは無料性を語っていますが、それ自体も大嘘です。利用者は無視できない損失を知らない部分で受けることになります。決して慈善事業で動画公開しているわけではないので信用はしないでください。「チワワちゃん」が無料で鑑賞させてあげますよ…なんていうオイシイ誘惑で相手を釣るのが常套手段。実際は大嘘ですのであてにはしないでください。これらのサイトは既存セキュリティソフトでブロックが自動的に作動することはないので過信しないように。

『チワワちゃん』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月13日時点での『チワワちゃん』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『チワワちゃん』をさらに知る

★スタッフ
監督:二宮健(関連作品:『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』)
脚本:二宮健
撮影:相馬大輔

★キャスト(キャラクター)
門脇麦(ミキ)、成田凌(ヨシダ)、寛一郎(カツオ)、玉城ティナ(ユミ)、吉田志織(チワワ)、村上虹郎(ナガイ)、栗山千明(ユーコ)、浅野忠信(サカタ)、仲万美、古川琴音、篠原悠伸、上遠野太洸、松本妃代、松本穂香、成河

★『チワワちゃん』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.2???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『チワワちゃん』の感想

●無料ホームシアター 
豪遊するパリピのサイケデリックな疾走感と、浅野忠信が見所で、凄い組み合わせだけど、でも嘘じゃない。人生の中で、ほんの一瞬しか訪れない若さゆえの全能感と勢いだけの日々、そしてそれが永遠に失われていく喪失感を、ナチュラルアバズレ・パリピ女チワワちゃんと彼女に関わった人たちの人生に重ねて、エネルギーだけで直進する暴走向こう見ずなエッセンス込みこみで描く。なんだか悲しい青春映画だったなという印象が残ったのがちょっと意外。
●FILMAGA 
こういう人はいる。中心にいるけど実体がないような人物。パーソナリティがわからないけど、支持されている人間。チワワちゃんは良くも悪くも純粋で、そこがすごく悲しい。彼女を傍観する人、恨む人、上辺だけ愛する人、彼女を理解できるはずだった人、いろいろな目線からそのふわっとした存在が語られるけど、本人の意図は明確にはわからなかった。でもチワワちゃんは誰かに心から愛されたかったのかなと、一度相手の視点で見るのも面白い。
●BILIBILI 
一見オシャレで爽やかな映像だと錯覚するので、拒絶するかもしれない。しかし、だんだんと、泥を流し込まれているような鈍い痛みを覚えてくるという真逆の作品だった。90年代原作にも関わらず、スマホやSNSを登場させ、舞台を”テン年代”へとリメイクしている本作では、そういったソーシャルコンテンツとの親和性が抜群だった。むしろ予測していたのではとさえ錯覚する。チワワちゃんはきっと今の時代なら大勢存在しているのではないか。