サスペリア(2018)

リメイクでも、決してひとりでは見ないでください

映画『サスペリア』のフル動画を無料視聴する方法を、ユーザーフレンドリーでわかりやすさ第一のモットーでご提供中です。
今すぐ『サスペリア』を見るなら動画リンクをチェック。

映画史に名を刻むダリオ・アルジェントの傑作を、ルカ・グァダニーノ監督が大胆にアレンジし、オリジナル版とは異なる視点から新たに描いたホラー。製作総指揮にはキンバリー・スチュワード、ローレン・ベック、ジョシュ・ゴッドフリー、ステラ・サビーノなどが名を連ねる。1977年、ベルリンの世界的舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」に入団するため、米ボストンからはるばるひとりでやってきたスージー・バニヨンは、希望を自分で切り開くことに意気込んでいた。彼女のやる気はオーラになったのか、オーディションで厳しいカリスマ振付師マダム・ブランに見いだされ、すぐに大きな役を任せられる。それが血塗られたステージの始まりと知らずに。しかし、マダム直々のレッスンを受けて、ダンスに無心になる彼女の周囲では不可解な出来事が続発。それはどんどんエスカレートしていくようで、まるで謎ばかり。実は数名のダンサーたちが次々と謎の失踪を遂げていくのだった。一方、患者だった若きダンサーが姿をくらまし、その一件が気になって行方を捜していた心理療法士のクレンペラー博士が、裏に何かを抱えていると思われる舞踊団の闇に近づいていく。そして両者の運命は交差することになり…。

原題:Suspiria / 製作:イタリア・アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年1月25日 / 152分 / 制作:K Period Media / 配給:ギャガ 

【公式】『サスぺリア』1月25日(金)公開/本予告

(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『サスペリア』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ユニークで奇抜な作品は日常ではありえない体験で観客を酔わせてくれます。そんなエキセントリックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを活用するのがオススメ。ネット配信は旧作を見るためのもの、そんな認識は時代遅れ。今では劇場料金を安くできる割引クーポンをポイントでゲットできるサービスもあって、最大で映画館チケットをタダにできます。どうしても見たい映画があるなら、これは外せないサービスでしょう。

「お金がキツイ…」とオロオロしているならば、不安解決。無料のサービストライアルは財布の味方で、安寧が手に入ります。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間が早期にシャットアウトしちゃったら?」と危惧する声もあるでしょうが、動画を複数視聴するのにじゅうぶんな猶予があるので、あなたのカレンダーに合わせて試用を満喫できるでしょう。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。注意喚起はしておくにこしたことはないですが、憤怒の感情で賠償を求めても無駄なので、オフィシャル安全動画が確実です。

バラエティに富む多様な映画が並べば、あなたの「観たい欲」を満たせるのは確実。目移りするほどの充実さ。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「サスペリア」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「そんなのネット検索でスイスイだよ!」と考えているなら甘いです。普通にググるだけでは一部の限定されたものしか紹介されないので、気づかぬうちに損をすることも。できればこのページで全チェックするべきです。類似サイトとの比較をするなら、このページではフェアレコメンドを最重視。特定のVODオンリーで勧誘することはせず、あくまで情報提示のみです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

新作映画ほど思わず先走ってでも見たくなるものはないです。海外では先に公開されていたりして、羨ましい限りであり、ウズウズしてきます。そんなときは試写という方法を検討してみる価値はあるかもしれないです。無料で申し込んで運さえよければドリームが叶う。こんなことはまさに貴重な体験。ネットのオンライン試写もあったりするので、面倒だからスケジュールや場所に縛られたくない人もチャンスあり(それでも時間制限がありますが)。無料で見るのですからちゃんと宣伝にも貢献しておきましょう。「サスペリア」はネット試写がありました。

VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「サスペリア」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『サスペリア』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『サスペリア』をさらに知る

★スタッフ
監督:ルカ・グァダニーノ(関連作品:『君の名前で僕を呼んで』)
脚本:デビッド・カイガニック
撮影:サヨムプー・ムックディープロム
音楽:トム・ヨーク

★キャスト(キャラクター)
ダコタ・ジョンソン(スージー)、ティルダ・スウィントン(マダム・ブラン)、ミア・ゴス(サラ)、クロエ・グレース・モレッツ(パトリシア)、ルッツ・エバースドルフ(ジョセフ・クレンペラー)、ジェシカ・ハーパー(アンケ)、アンゲラ・ビンクラー、イングリット・カーフェン、エレナ・フォキーナ、シルビー・テステュー、レネ・ソーテンダイク、クリスティーン・ルブット、ファブリツィア・サッキ、マウゴーシャ・ベラ

★『サスペリア』の評価

IMDbRTMETA
7.164%64
映画comY!FM
3.33.113.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『サスペリア』の感想

●無料ホームシアター 
まさかのカウンターパンチ、いや、ダンス・アタックというべきか。こんなの映画として反則だし、賛否両論出るのも当然。でも私は断固支持する。今作をわざわざしつこく否定してくるやからはきっとネオナチなんだと思うことにしよう。そうに違いない。一緒に踊ってそんな不届き者を排除だ。血塗られた戦慄を味あわせてやる。今日から毎日一本ずつ骨が折れていく呪いでもかけてやろうじゃないか。恐怖に震えて眠るがいい! そんな妄想です。
●シネマトゥデイ 
うん、正解。鮮やかな色彩美や不穏な音響などアルジェント版へのリスペクトは感じつつ、方向性を180度変えた違うアプローチで攻めた別作品。熱狂的なファンのいるオリジナルを、多くの人が納得する形でリメイクするには確かにこれぐらい思い切って再構築した方がいいと思うし、それができる度胸もいる。もしオリジナルどおりのテイストでやっちゃったら、「だから何?」と言われてしまうだろう。怒られるぐらいの壊し方がふさわしい。
●TOHOシネマズ  
確かにダリオ・アルジェントの「サスペリア」を表向きはなぞってはいるが、さらに丁寧に構築してとんでもないものを作ったなという。初見では噛み砕ききれない。ルカグァダニーノの情熱が凄い。女優陣がとんでもなく、主演はエロいし、脇役はクレイジーだしで、乱高下が激しいので、大変。何と言ってもダンスで、終盤のパフォーマンスは普通にショーとして見たいくらいだ。時間の長さは世界に引きずり込まれれば問題なし。これぞサスペリア。