バハールの涙(2018)

ただの女性がテロ組織に勝てるのか

映画『バハールの涙』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『バハールの涙』を見るなら動画リンクをチェック。

ゴルシフテ・ファラハニが、捕虜となった息子の救出のためISと戦うこととなったクルド人女性を演じるドラマ。製作はディダール・ドメリ。弁護士のババールは夫と息子と幸せな生活を送っていたが、ある日クルド人自治区の町でISの襲撃を受けて、日常は一変する。それは人生をバラバラにしてしまうような、理不尽な横暴の嵐。無慈悲な襲撃により、男性は皆殺しとなり、バハールの息子は人質としてISの手に渡ってしまう。その人生を変えてしまった悲劇から数カ月後、バハールはクルド人女性武装部隊「太陽の女たち」のリーダーとして戦いの最前線にいた。今はこうやって生きるしか自分には選択肢がない。そんな懸命に生きるバハールの姿を、同じく小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通してありのままに生々しくストレートに映し出していく。

原題:Les filles du soleil(Girls of the Sun) / フランス・ベルギー・ジョージア・スイス(2018年) / 日本公開:2019年1月19日 / 111分 / 制作: / 配給:コムストック・グループ、ツイン 

2019年1月19日(土)公開『バハールの涙』本予告

(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスで今すぐ!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
dTV ▼dTV(31日間)
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)

▼『バハールの涙』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

人間の負の歴史を描く戦争の映画はヘビーではありながらも見る価値のある作品です。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも簡単で、今では旧作を見るためだけでなく、あらゆるエンターテインメントをオールインワンにまとめた便利なサービスとして支持されています。同じようなジャンルを抽出して検索し、一気に表示して連続鑑賞することができます。

しかも、ウキウキな気分で小躍りしたくなる初心者ボーナスとしてサービス体験を無料で試食感覚で実施できます。1か月だけ無料だったりすると嬉しいものですがそれがあり得てしまうのです。期間はサービスで違いますが動画を見るにはじゅうぶん。試用をご用意しているのはおもてなし精神です。「登録して無料期間に入っても1日で退会してもOK?」大丈夫です。その期間の間ならばいつでもやめても無料のまま。あとで支払いが求められることはありませんし、変な心配もなく、試せるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最悪の状況は経験した人間にだけわかります。個人情報の拡散は津波のように止められません。名前、メールアドレス、クレジットカード番号、カメラで撮られた顔の画像など、拡散した情報を削除することは事実上不可能なので、気を引き締めましょう。リターンがあるのは公正なサービスの方です。これは優等生的な真面目な対応を促しているのではなく、損得の話でも当然です。

現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。ところがそうは上手くいかないのが、配信の作品リストで、実は各社によってかなりバラつきがあり、しかもガンガンと日の経過によって揺れ動くので全体把握は相当に骨が折れます。「バハールの涙」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは見られる可能性の高いVODをこのページで要チェック。手当たり次第に登録するよりも、まずはおおよその配信状態を頭に入れておくと「動画がない!」という事態を防止できます。よくありがちなVODを紹介するサイトでは、基本的に一部のサービスを案内するだけで終わってしまうので情報が古いです。なお、今この瞬間の配信まではさすがにリアルタイム反映不可なので、かならず公式サイト上でラストチェックをお忘れなく。

試写会というところは最新映画を一般公開前に見られる特別なシチュエーション。メディア報道関係者試写もありますが、普通は一般試写に応募するものです。場合によってはネット上でのオンライン試写もあり、これであれば自宅のパソコンで特定期間のみ動画を鑑賞できます。無料となるものですがそれなりの責任があり、事前に伝えられたルールを守ることは必須です。選ばれるかは運任せですし、確実性に欠けますが、そのスペシャルチャンスを放棄するのもどうかと思いますので、掴める人は手を伸ばしましょう。

VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「バハールの涙」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『バハールの涙』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月14日時点での『バハールの涙』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」です。

▼『バハールの涙』をさらに知る

★スタッフ
監督:エバ・ユッソン(関連作品:『青い欲動』)
脚本:エバ・ユッソン、ジャック・アコティ
撮影:マティアス・トゥルールストルップ
音楽:モーガン・キビー

★キャスト(キャラクター)
ゴルシフテ・ファラハニ(バハール)、エマニュエル・ベルコ(マチルド)、ズュベイデ・ブルト(ラミア)、マイア・シャモエビ(アマル)、エビン・アーマドグリ(ベリヴァン)、ニア・ミリアナシュビリ(ノファ)、エロール・アフシン(ティレシュ)

★『バハールの涙』の評価

IMDbRTMETA
5.831%??
映画comY!FM
4.0???3.9
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『バハールの涙』の感想

●無料ホームシアター 
これが現実。女の戦場の取材は初めてというマチルドの目は我々観客の目と一体化し、子供たちを奪われた母親たちの歩みをありのままに伝える。家父長的文化に支えられたヤズディ教徒たちの因習への抵抗、喪失感と焦燥感に苛まれた女性兵士たちが男性が組み上げる構造に立ち向かって行く。イスラム教の教えでは、「女性に殺されたら、天国へは行けない」と言う。人生で最も重要な30mを歩く女性たちの姿に、思わず涙腺が緩むと同時に奮い立たされた。
●映画無料夢心地 
作品自体はフィクションだが、モチーフは現実の出来事なので、全く隙の無いほどの緊張感。現実のクルド人女性部隊の戦いをルポしたニュース番組も見たことがあるが、彼女らの動機はこの映画と同じだったので、まさにこれが現状なのか。沈静化したとは言っても現在進行形の戦争を描いているものであり、映画的にデコレーションした描写は皆無。徹底的にリアリズム重視に仕上がっていて、現実にもこんなことがたくさんあったのだと考えさせる。
●ユナイテッドシネマ 
綺麗な映像さが、そこにあるのはナイフのように鋭く、爆弾のように重い、リアルの叫び。OPの幻想的な爆炎のとらえ方もアーティスティックで美しく不謹慎ながら見惚れてしまう。悲惨な現実を伝えながらも露悪的残酷描写や性的描写はうまく省略しているので、ジャンルっぽいチープさがない。代わりに俳優たちの迫真の演技が多くを説明しなくても彼らの怒りや悲しみを伝えてくれたという、信頼感が成せる映画のマジックを見せてくれた気がする。