フロントランナー(2018)

たった一つの報道で彼は抹消された

映画『フロントランナー』のフル動画を無料視聴する方法を、数だけをズラリと並べたリンクに惑わせることなく、明快にレコメンド中。
今すぐ『フロントランナー』を見るなら動画リンクをチェック。

ヒュー・ジャックマンが、スキャンダルにより失脚した実在の政治家ゲイリー・ハートを演じるドラマ。製作総指揮にはマット・バイ、ジェイ・カーソン、マイケル・ビューグ、ジェイソン・ブルーメンフェルドなどが名を連ねる。1988年アメリカ大統領選挙。ゲイリー・ハート上院議員は、史上最年少の46歳で民主党の大統領候補となり、大きな話題を集めてそのまま予備選で最有力候補として一気に躍り出るまでの勢いの良さがあった。それはあまりにも順調であり、そのキャリアアップを疑う者は誰もいない。その若さからジョン・F・ケネディの再来と称され、大衆からも愛されていたハート。このままいけば頂点にたどり着くことも夢ではないかもしれない。しかし、その順風満帆な状況を一変させる出来事が起こる。アイアミ・ヘラルド紙の記者が入手したハートに関する疑惑が全ての引き金だった。疑惑によって何もかもがひっくり返る。このスキャンダルが一斉に報じられたことで、ハートの支持率は一瞬で急落し、それまでの熱は消え、予備選の当落線上から姿を消すことになってしまう。

原題:The Front Runner / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年2月1日 / 113分 / 制作:Bron Studios / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 

「フロントランナー」予告編

© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『フロントランナー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

現実社会でスキャンダラスな対象となり渦中の人となった人物にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信は旧作を見るためのものではありません。劇場料金を安くできる割引クーポンをポイントでゲットできるサービスもあるので、どうしても見たい映画があれば事前に登録しておくと、最大でタダでチケットを手に入れることも可能。

ニッコリできる情報はまだまだあります。こんな感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。不必要にコスト浪費をするのは勘弁してほしい。ましてやサービスが自分に合わないのは最悪。そんな心配症でも期間限定であれこやこれやとサービス内の動画を含む体験ができます。「全部が見れない見れない詐欺じゃないか」そんな疑心暗鬼もわからないでもないです。でもフル動画を保障できるので、不確かな情報を鵜呑みにせずに、整備された公式動画サービスだけを信じていましょう。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。パソコンやスマホが熱くなることはたびたびあると思いますが、悪質な動画サイトはその熱の帯び方が尋常ではありません。夏場にもなると火傷するほどの温度になることもあり、機器を焦がすことになって、破損につながります。かなりの痛手になります。動画共有サイトは誰でもアップロードできるぶん、とにかく無法地帯になっているので、そんな地雷原からはただちに立ち去りましょう。

ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。ここで留意すべきはVODのお約束な悩みごと。自分の鑑賞要望のある作品は本当に現在配信しているのか、これを視認しないことには動画体験は幕を開けることはありません。「フロントランナー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。「配信しているVODを教えてくれ~」と思っているならばここでアイコンでアピールしています。表示されているアイコンが無い場合はまだ未配信という事態にとどまっている可能性があるので慌てず待ちましょう。「最新じゃないと情報には利益もない」というご要望に可能な限り答えるべく、手動でできる範囲の更新を丹念に心掛けています。映画館に勝るものはないというこだわりはわかりますが、VODはそのサポートも可能。鑑賞料金が割引にならないか、調べる価値はあるでしょう。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「フロントランナー」でもあります。家にデンとあるテレビを使えれば大画面鑑賞できます。このパターンは、対応可能機種か機能追加機器が必要です。各自で持っているパソコンを使うと、比較的大きな画面で鑑賞でき、対応ブラウザもほぼすべての会社のものに適応しており、スムーズに見れます。ブラウザは負荷がかかると正常な挙動を妨げます。無駄に無数のタブを開かず、無くてもいい拡張機能は思い切って削除しましょう。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。「フロントランナー」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

『フロントランナー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月13日時点での『フロントランナー』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『フロントランナー』をさらに知る

★スタッフ
監督:ジェイソン・ライトマン(関連作品:『タリーと私の秘密の時間』)
脚本:マット・バイ、ジェイ・カーソン、ジェイソン・ライトマン
撮影:エリック・スティールバーグ
音楽:ロブ・シモンセン

★キャスト(キャラクター)
ヒュー・ジャックマン(ゲイリー・ハート)、ベラ・ファーミガ(リー・ハート)、J・K・シモンズ(ビル・ディクソン)、アルフレッド・モリーナ(ベン・ブラッドリー)、ケイトリン・デバー(アンドレア・ハート)、モリー・イフラム(アイリーン・ケリー)、クリス・コイ(ケヴィン・スィーニー)、アレックス・カルポフスキ(マイク・ストラットン)、ジョシュ・ブレナー(ダグ・ウィルソン)、トミー・デューイ(ジョン・エマーソン)、マムドゥ・アチー(A・J・パーカー)、アリ・グレイナー(アン・デヴロイ)、スティーブ・コールター(ボブ・カイザー)、スペンサー・ギャレット(ボブ・ウッドワード)、スティーブ・ジシス(トム・フィドラー)、ビル・バー(ピート・マーフィー)、ケビン・ポラック(ボブ・マーティンデール)、マイク・ジャッジ(ジム・ダン)、サラ・パクストン(ドナ・ライス)、トビー・ハス(ビリー・ブロードハースト)

★『フロントランナー』の評価

IMDbRTMETA
6.559%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『フロントランナー』の感想

●無料ホームシアター 
この事件自体はよく知らなかったのですが、有能な政治家をマスゴミが潰した!みたいな作品で、こういったテーマは現代にも通ずる問題だと親近感をもって感じましたね。その見方であっているのかは不明ですが。「人のプライバシーは政治に関係ないだろ!あの報道はダメ、クソ!無視無視!俺は仕事をするのみ!」なんて言って表に出てこない。最低の対応をしてしまったこの政治家の行動は、全ての人間が自分のこととして参考にするべきだと思う。
●FILMAGA 
見終わって、じっくり考察すると、この作品、誰にも感情移入できないから困ってしまう。ゲイリー・ハート本人も、報道に対して真偽はグレーのままだし、見ている我々にも「何があったのか」、それに対して「どう思っているのか」が全くわからない。説明はないのだ。もちろん、追求する報道陣側にも感情移入できる対象はない。だから正義はない。答えもない。でもそれが今の時代。ドキドキする政界エンタメではなく人間の真理描写を見るものだ。
●TOHOシネマズ 
本作には優秀な役者が多数出演していますが、大作ではなくインディーズ的小品といったミニマムで壮大ではない仕上がりです。よって、地味です。派手じゃありません。でも、示唆に富んだなかなか味わい深い作品であることも事実。日本においても、政治家のスキャンダルがしばしば、いや頻繁に報道されます。その度に1人の政治家生命の危機が訪れ、世論を2分するからどんちゃん騒ぎが繰り広げられます。この物語は対岸の火事ではありません。