ホワイトハウス・ダウン

政府機関ストップ! アメリカ崩壊の危機!

映画『ホワイトハウス・ダウン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ホワイトハウス・ダウン』を見るなら動画リンクをチェック。

ローランド・エメリッヒ監督が、謎の組織にホワイトハウスが乗っ取られ、ワシントンD.C.が危機に陥る様子を描くアクション大作。製作にはブラッドリー・J・フィッシャー、ハラルド・クローサー、ジェームズ・バンダービルト、ラリー・フランコなどが名を連ねる。議会警察官のジョン・ケイルは、大統領のシークレットサービスになるために面接試験を受けるが諸々の理由で不採用となってしまう。これでは自分の働き場が得られずに困る。幼い娘をがっかりさせたくないと、ジョンは娘をホワイトハウスの見学ツアーに連れ出して誤魔化してしまう。それくらいしかできることはない。ところが、その時、謎の武装集団がホワイトハウスを襲撃、占拠するという前代未聞の事態が発生し、状況は一変する。このままではアメリカは機能しなくなる。政府が大混乱に陥る中、ジョンは大統領や娘、そして合衆国の命運をかけた戦いに身を投じる。

原題:White House Down(「ホワイトハウスダウン」) / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開:2013年8月16日 / 132分 / 制作:Centropolis Entertainment / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 

映画『ホワイトハウス・ダウン』最新版予告編

(C)2013 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ホワイトハウス・ダウン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキはアクションも満載だとそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信なのでメリットが多数。ウェブサイトにアクセスするだけでOKで、動画サイトと同じような感覚ですぐさまに視聴できます。時間があるときにいつでも好きなタイミングでスマホで見るも良し。家でじっくりテレビで見るも良しです。

そして絶対に忘れてはいけないこと。無料スタートをお約束できるトライアルという選択肢がセットされています。なるべく財布に優しいサービスを利用するの方が良いのは自明です。おカネが節約できれば、より多くの映画を観ることもできて、ユーザー側もクリエイター側も嬉しいですし、みんな幸せで両者両得。「そうやすやすと動画をフルで見れないだろう…」などと疑念を抱く人も安心です。公式サービスなので映画を中途半端に提供するなどはありえません。再生視聴に迷うことはないのでお試しをすぐさまできます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。リスキーなサイトは手を出せば奈落の底のように引きずり込まれて身を焼かれます。これは大袈裟ではなく明確な事実です。

「配信作品を眺めるだけでVODを使ってみたい欲求が沸き上がった!」その気持ちをスッキリさせましょう。でも、重箱の隅をつつくつもりはありませんが、細かい部分で留意すべきことがあります。「あれれ、どれで配信しているんだっけ?」という混乱を回避できるようにしないとダメです。「ホワイトハウス・ダウン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。この作品ページではそのクエスチョンの答えを導き出すためのアシスト方法を用意しています。もしアイコンがズラリと表示されていれば、視聴可能なVODがある可能性が高確率。動画はすぐそこです。紹介しているVODは多種多様で、あの知名度の高いモノから、意外に知られていない狙い目のモノまで、オール完備で情報充実。外に出ることなく安全に無料ホームシアター的な体験ができる、最高の幸せ。休みの日は自由に映画三昧で楽しむのが最良の選択肢です。

海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。「ホワイトハウス・ダウン」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

無料で試せる期間はいつ終わるのかというのは把握しておくべきです。いつの間にか有料に更新されている可能性も起こりえます。幸いなことにメールなどで事前にアナウンスされるので、お知らせを見逃さないように、登録アドレスのチェックは入念にしておきましょう。すっかり忘れて大事な期間を無駄に過ごしてしまうと、気づいても「チャニング・テイタム」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

『ホワイトハウス・ダウン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ホワイトハウス・ダウン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ローランド・エメリッヒ(関連作品:『もうひとりのシェイクスピア』)
脚本:ジェームズ・バンダービルト
撮影:アンナ・J・フォースター
音楽:トーマス・ワンカー、ハラルド・クローサー

★キャスト(キャラクター)
チャニング・テイタム(ジョン・ケイル)、ジェイミー・フォックス(ジェームズ・ソイヤー大統領)、マギー・ギレンホール(キャロル・フィナティ特別警護官)、ジェイソン・クラーク(エミール・ステンツ)、リチャード・ジェンキンス(イーライ・ラフェルソン)、ジェームズ・ウッズ(マーティン・ウォーカー)、ジョーイ・キング(エミリー・ケイル)

★『ホワイトハウス・ダウン』の評価

IMDbRTMETA
6.451%52
映画comY!FM
3.7???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ホワイトハウス・ダウン』の感想

●無料ホームシアター 
最後までハラハラドキドキ。でも同時期公開の「エンド・オブ・ホワイトハウス」と内容が被っているのですが、これは偶然なの? 一体、ハリウッドはどれだけホワイトハウスが攻撃される映画を作れば気が済むのでしょうか。強迫観念にかられているのか、それとも単純にエンタメとして面白いのか、私はイマイチ腑に落ちない…。ベタだけどもホワイトハウスをテロリストが占拠!というのはキャッチーなんですよね。きっとこれからも大人気だろうな。
●FILMAGA 
人、死にまくるな、この映画。この容赦ない感じはエメリッヒ映画らしいが、ここまでして全員一律綺麗に胸に穴が空いて死んでいくのは、もはや芸風みたいだぞ。傭兵等テロを企てた人間の目的はなんだったんだろう?という疑問も残るがそれはあれだ、きっと、ちょっとした余興だったんだよ。お遊びです。それにしても全然事態を防げない初動のマヌケさはどうしたのです、アメリカさん。銃を所持していれば、身を守れるのではなかったのですか。
●VUDU 
大統領が車から身を乗り出してロケット弾みたいなのをぶっ飛ばすシーン。チャニング・テイタムがちょっとずつ露出度が高くなっていく展開。ああ、アメリカ映画だなと安心しました。911のテロを経験しても、こんなおバカなテロ・アクションを作れるって逆に凄いよ。ジェイミー・フォックスが大統領というのがイマイチぴんとこないけど、アメリカの大統領はどんな非人間野郎でもなれることは証明済みなので、何にも言えないな…。