ザ・マスター(2012)

彼が信じたものは、神か悪魔か

映画『ザ・マスター』のフル動画を無料視聴する方法を、数だけをズラリと並べたリンクに惑わせることなく、明快にレコメンド中。
今すぐ『ザ・マスター』を見るなら動画リンクをチェック。

ポール・トーマス・アンダーソンが『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』以来5年ぶりに手がけた監督作で、第2次世界大戦直後のアメリカを舞台に、爆発的に信者を増やしていった新興宗教の教祖とその弟子となった男の関係を描き出すドラマ。製作はジョアン・セラー、ダニエル・ルピ、ポール・トーマス・アンダーソン、ミーガン・エリソン。人類の基盤を破壊し尽くした第2次世界大戦が終結し、赴任先からアメリカへ戻ってきた帰還兵のフレディ・クエル。そこにあったのは勝利への喜びなどではない。戦争に勝ち負けは関係なく、兵士はみな壊れていた。戦地ではまったアルコール依存症から抜け出せず、社会生活に適応できずに過ごす日々。このままでは何の意味もなく、人生が壊れただけになる。そんなある日、フレディは「ザ・コーズ」という宗教団体の指導者で、信者から「マスター」と呼ばれているランカスター・ドッドに出会う。いかにも独創的な手法で人々を掌握し、心に寄り添っては、上手く溶け込んでいくその手段。ドッドは独自のメソッドで人々を悩みから解放し、フレディもドッドのカウンセリングで次第に心の平静を取り戻して、終わりだと思っていた人生を再スタートさせる。ドッドは行き場のないフレディをかたわらに置き、2人の絆は深まっていくが…。

原題:The Master / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年3月22日 / 138分 / 制作:JoAnne Sellar Productions / 配給:ファントム・フィルム 

映画「ザ・マスター」予告編

(C)MMXII by Western Film Company LLC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ザ・マスター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

人間の内側に潜む喜怒哀楽や欲望をストレートに描きだした作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなシリアスでヘビーなヒューマンドラマをフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信は面倒なこともありません。とくに中には登録を必要とせずに動画をウェブサイトにアクセスしてそのままの流れで鑑賞できるものもあるほどです。情報の入力さえ煩わしいという人には最適。とにかく試してみるとわかります。

「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。何も考えずに登録する人もいますが、毎月月額料金をとられればかなりの額になってしまうかもしれません。でも無料期間を各サービスで使っていくと、とっかえひっかえで長持ち無料になります。「無料というのはあまりにも都合が良くて怖い」そんな不安はデリートしましょう。これはつまり初心者に限定した、一度触ってみればすぐに魅力がわかりますよという入門サポートなので大丈夫。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。無料で動画が見られるからといってそんなサイトにアクセスしようものなら、自分の知らない間に悪質な手段でリスクを背負わされることになります。視聴をせずにただサイト内で検索しているだけでも、その有害性は全く回避できないので油断なりません。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

「なんでもいいからとにかく見たいので、無料のチケットにダッシュしようかな」その心意気こそが大事な勇気です。しかし、世の中にはあまりにも映画が多すぎるのが曲者となってしまい、配信状態はまるで為替相場のようにめまぐるしく変化して、目が追い付かないほどです。「ザ・マスター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。アイコンを使ってわかりやすく紹介しているのがこのページです。アイコンが存在すれば、すぐさま見られる可能性が高いです。存在しない場合は、今は配信していないかもしれません(後々で追加される場合も)。「これだけを登録しておけばOKです!」とゴリ押しするようなことはしません。それはさすがにユーザーを無視しすぎていますから。オンラインなビデオオンデマンドは検索性に優れています。今、この瞬間の配信確認は公式サービス上で行いましょう(アプリでなくブラウザでアクセスできます)。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、かたや一方では登録した月のラストの日までとなるパターンもあります。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ホアキン・フェニックス」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

フルムビバースの特化型機能として、作品ごとに配信可能性の高いVODを一覧表示できます。類似のサイトは数多とありますが、どれも情報鮮度や種類が欠けていることが多いです。こちらは全体的な充実度はハイボリューム。特定のサービスをピックアップして今日の気分に合わせて映画を探すのも図書館感覚でワクワクするものです。魅力が短い映像に詰まったトレイラーを見たり、感想コメントを読むのも良し。「ポール・トーマス・アンダーソン」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『ザ・マスター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ザ・マスター』をさらに知る

★スタッフ
監督:ポール・トーマス・アンダーソン(関連作品:『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ミハイ・マライメア・Jr.
音楽:ジョニー・グリーンウッド

★キャスト(キャラクター)
ホアキン・フェニックス(フレディ・クエル)、フィリップ・シーモア・ホフマン(ランカスター・ドッド)、エイミー・アダムス(ペギー・ドッド)、ローラ・ダーン(ヘレン・サリバン)、アンビル・チルダース(エリザベス・ドッド)、ラミ・マレック(クラーク)、ジェシー・プレモンス(ヴァル・ドッド)、ケビン・J・オコナー、クリストファー・エバン・ウェルチ

★『ザ・マスター』の評価

IMDbRTMETA
7.184%??
映画comY!FM
3.2???3.6
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ザ・マスター』の受賞
第85回アカデミー賞で主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞にノミネート。第70回ゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞(ドラマ部門)、最優秀助演男優賞、最優秀助演女優賞にノミネート。第69回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(最優秀監督賞)、ボルピ杯(最優秀男優賞)を受賞。

★『ザ・マスター』の感想

●無料ホームシアター 
甘えたところのない硬質な仕上がりで、これぞPTAと拍手したい出来栄え。やっぱりこのセンスはこの人のみの成せる技。まさに神技。こっちが信仰したくなる。心理への母性的アプローチを硬質に描く、数少ない成功例のひとつであり、決して難解にならず人の心を解除していく。自己啓発セミナーみたいなカルト宗教だが、我々は誰の内側にも何かしらの宗教的信念を持っていて、それを絶妙に「観なかったこと」にしている。突き刺すような映画だ。
●FILMAGA 
なぜ自分だけが。人から理解されない、歪んだ愛だとしても、それによって不器用ながら他者と唯一無二のラインによって理解し合う心を得たことが分かる、ラストの展開がすごく良いし、心に響く。フィリップ・シーモア・ホフマンとホアキン・フェニックスの最高峰クラスの俳優が私たちのその心をガンガンと揺り動かすのだ。全員役がドンピシャ。怪演の応酬。マスターはあなたにもいる。知らぬ間に仕えている存在に気づけないのが怖いのだ。
●FANDANGONOW 
これぞ名作。理解を超え、もっと深い深遠の闇に訴えかける映画こそが真の映画だと思う。そうした体験が、無意識に潜んでいる自分でも理解不能だった新たな可能性や自分の知らない自分を、扉を全開にするように開示してくれるのだ。冒頭、船のエンジンにうねる波のシーンから、砂浜での海兵達の美しいロングショット、高級衣糧店でのマネキン美女のワンカットショット、そして焦点を巧みに使ったあの光り輝く船との出会いのシーン。全てが至高。