七つの会議(2019)

豪華出演陣で贈る極上ドラマ

映画『七つの会議』のフル動画を無料視聴する方法を、無関係なランキングページに誘導することなく、ピンポイントで紹介。
今すぐ『七つの会議』を見るなら動画リンクをチェック。

テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名企業犯罪小説を、野村萬斎主演で映画化。プロデューサーは伊與田英徳。中堅メーカー・東京建電の営業一課で万年係長として位置している八角民夫は、いわゆる「ぐうたら社員」で評価は低かった。仕事に対しても惰性で臨んでいる。トップセールスマンで、八角の年下である課長の坂戸からは、そのなまけぶりを叱責されるほどの残念な姿。会社での扱いは決して良いものではない。営業部長・北川誠が進める結果主義の方針の下、部員たちが必死で身を捨てて働く中、相変わらずの八角はひょうひょうとした労働の毎日を送っていた。そんなある日、状況が変わる。社内でパワハラ騒動が問題となり、坂戸に異動処分が下されるという事態が起こる。これによって組織のバランスは変化してしまう。坂戸に代わって万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する知られざる秘密と闇が隠されていた。

原題:七つの会議 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年2月1日 / 119分 / 制作: / 配給:東宝 

「七つの会議」予告

(C)2019映画「七つの会議」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『七つの会議』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分の生き方を貫いてぶつかっていく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを活用するのがオススメ。ネット配信は劇場公開を楽しむ方法もあります。例えば、毎月貰えるポイントで映画館で使える割引クーポンと交換できるものもあり、最大でタダになります。どうしても見逃せない映画はこれで鑑賞するのもありです。

そして絶対に忘れてはいけないこと。無料スタートをお約束できるトライアルという選択肢がセットされています。これはビギナーハードルを低減するためのもので、初回利用者限定でフリー期間が設定されています。あなたの気になる作品動画が配信中ならばハッピーチャンスです。「退会に解約金とかはかからないよね?」そんな心配はトイレに流しましょう。どこかのスマホキャリア企業と違って解約に縛りはなく、自由に好きな時期に、無料でサービス利用停止できるユーザー安心設計です。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。パソコンやスマホが熱くなることはたびたびあると思いますが、悪質な動画サイトはその熱の帯び方が尋常ではありません。夏場にもなると火傷するほどの温度になることもあり、機器を焦がすことになって、破損につながります。かなりの痛手になります。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。しかし、よく知っている方なら言うまでもないでしょうが、サービス稼働中のVODの数は一昔前とは比べ物にならないほど増大しており、全体の把握は至難の技です。「七つの会議」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは見られる可能性の高いVODをこのページで要チェック。手当たり次第に登録するよりも、まずはおおよその配信状態を頭に入れておくと「動画がない!」という事態を防止できます。類似サイトとの比較をするなら、このページではフェアレコメンドを最重視。特定のVODオンリーで勧誘することはせず、あくまで情報提示のみです。映画館に勝るものはないというこだわりはわかりますが、VODはそのサポートも可能。鑑賞料金が割引にならないか、調べる価値はあるでしょう。

最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。映画好きならぜひともチェックしておきたい大衆向けの試写会は、一足先に最新作を目にできる絶好の機会です。申し込みするだけなら基本は無料なので、あとはあなたの運を試すだけ。もし当選した場合はルールを守りましょう。勝手にその当選権を他人に譲らないこと。必ず時間厳守で会場に来ること。ネタバレなどの規制があるなら遵守すること。素晴らしい体験をしたら、あとはもうその魅力を周囲に語りまくりましょう。

VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「七つの会議」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『七つの会議』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『七つの会議』をさらに知る

★スタッフ
監督:福澤克雄(関連作品:『祈りの幕が下りる時』)
脚本:丑尾健太郎、李正美
音楽:服部隆之

★キャスト(キャラクター)
野村萬斎(八角民夫)、香川照之(北川誠)、及川光博(原島万二)、片岡愛之助(坂戸宣彦)、音尾琢真(三沢逸郎)、藤森慎吾(新田雄介)、朝倉あき(浜本優衣)、岡田浩暉(佐野健一郎)、木下ほうか(田部)、吉田羊(淑子)、土屋太鳳(三沢奈々子)、小泉孝太郎(奈倉翔平)、溝端淳平(星野)、春風亭昇太(飯山孝実)、立川談春(江木恒彦)、勝村政信(加茂田久司)、世良公則(村西京助)、鹿賀丈史(梨田元就)、橋爪功(宮野和広)、北大路欣也(徳山郁夫)

★インタビュー
・野村萬斎「(イヒヒ笑いするシーンは)営業部の社員が大勢いるシーンで、どうやって八角の道化としての存在感を出すかを考え、何テイクか撮った中の一つとしてこんな笑い方もできますと提案したものです」

★『七つの会議』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???4.0
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『七つの会議』の感想

●無料ホームシアター 
ザ・池井戸潤作品!という感じ。圧が凄い、演技の圧。ストーリーは他の池井戸作品が好きな方なら間違いなく楽しめるでしょうと断言します。ただ、やっぱり10~12話ぐらいのドラマ尺でやった方がより深みが増すと思うし、もしかしたらそういう企画もあったのかもしれません。ストーリーとしては説教臭い感じが続きます。けどそれがこの作品の魅力といえる人間だけが見ることを許される、まさに会社員思考映画。海外では絶対にウケないね。
●FILMAGA  
日本の働き方改革はこの映画には届いていないようで…。色んなバックグラウンドを抱えた個々が集まって成り立つ会社組織という、日本の保守を象徴するコミュニティ。会社第一に考えて各々の立場で判断するのが会社員で、たとえ組織と個人の意見に乖離が生じたりそれが正義に反したりしても会社員としての判断をしなくてはならないという「個性」や「パーソナリティ」の全否定。これぞ残業を美学、過労死を失敗例と考えるジャパン理論です。
●MOVIX 
エンドロールのお説教は勘弁してほしいけど、企業映画としてのカタチがしっかりしている。下町ロケットと半沢直樹を彷彿させるシーンもあり、その流れでヒットさせたい魂胆がみえるあたりに、今作の裏で仕事する大人たちの思惑も隠しきれない。毎日サラリーマンしてる中での違和感を言い当ててくれた感じで、なんか爽快でありつつ、人によってはウザい部分もあるだろう。「空飛ぶタイヤ」より軽めのテイストでだれることなく観られるのも良い。