フィフス・エレメント

ブルース・ウィリス&ミラ・ジョヴォヴィッチ夢の共演

映画『フィフス・エレメント』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『フィフス・エレメント』を見るなら動画リンクをチェック。

リュック・ベッソン監督による、制作費100億円で豪華な映像が描かれるSFアクション大作。製作はパトリス・ルドゥー。1914年のエジプトのピラミッドで世界を救う「フィフス・エレメント」という5番目の要素と、世界を滅ぼす邪悪な存在が予言されていることが発見された。それは人知を超えた存在であり、大きな価値があるのは言うまでもない。突如円盤で飛来したモンドシャワン人により、鍵となる4つの石が隠し部屋より持ち出される。それは突然の出来事だった。300年後の未来である2214年、世界は全ての攻撃を吸収してしまう脅威の反生命体「ミスター・シャドー」に脅かされて、どうすることもできない状況の中で揺れ動いていた。リンドバーグ統一宇宙連邦大統領はモンドシャワン人の意思を受け継ぐコーネリアス神父より、モンドシャワン人と5番目の要素(フィフス・エレメント)を知らされ、これが事態の打開になるのではと予想した。彼らを地球に呼び寄せるが、彼らは宇宙の殺し屋マンガロワ人の執拗で惨い攻撃を受けて無残にも殺害されてしまう。

原題:The Fifth Element(「フィフスエレメント」) / 製作:フランス・アメリカ(1997年) / 日本公開:1997年9月13日 / 126分 / 制作:Gaumont / 配給:ヘラルド 

フィフス・エレメント

(C)1997 GAUMONT. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『フィフス・エレメント』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

現実ではありえないインパクトのある世界観とキャラクターで展開されるSF大作はそれだけで見ごたえがあります。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画を見れるというメリットで多くの人に指示されています。中には登録なしですぐにウェブサイトにアクセスするだけで視聴に進めるものもあるので、まずは確認しましょう。

耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。エンドレスでフリー期間が続くわけではないですが、一定の1か月などの間、そのサービス内の動画コンテンツを自由気ままに楽しめるので無料動画と同じ感覚で視聴し放題な天国になりえます。「フル動画ではないなら興味はないけど」という疑念も大丈夫だと断言できます。配信されている動画はフルサイズなのでカットもなく、最初から最後のクレジットまで全部を堪能。お試しといえどもそこは抜かりありません。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。「セキュリティソフトがあるし、防御は完璧!」そんなものは案外と役に立たないもので、能動的なサイトアクセスには特に脆弱です。

あなたのスマホやパソコンが映画館になる日は近いです。デジタル配信の幕開けがそのエンタメVOD劇場の開演になります。一方でこんな体験談も。「昨日は配信されてたのに、今日また見たらどこにも動画がない!」こういうことが起こってしまうのがVODの取り扱い注意な弱点でもあり、注視が必要です。「フィフス・エレメント」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。助けをネットに求めているならばこの今まさにあなたが見ているページこそ最適のヘルプ素材となります。「視聴できるかも」という可能性の高いものをスクエア・アイコンで表示して簡易的な道案内になっています。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。外に出ることなく安全に無料ホームシアター的な体験ができる、最高の幸せ。休みの日は自由に映画三昧で楽しむのが最良の選択肢です。

海外映画ウォッチャーにとっての譲れない論点。それが「字幕」と「吹き替え」をめぐるプライド。それぞれの言い分があるのは百も承知。今はどちらがいいのかを競っている場合ではありません。大事なのは双方を尊重して互いに満足する視聴スタイルを提供してくれるメディアを探すこと。VODはまさにどちらの需要にも答えられるスーパーヘルパー。どんどん頼りましょう。「フィフス・エレメント」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「フィフス・エレメント」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『フィフス・エレメント』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『フィフス・エレメント』をさらに知る

★スタッフ
監督:リュック・ベッソン(関連作品:『レオン』)
脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
撮影:ティエリー・アルボガスト
音楽:エリック・セラ

★キャスト(キャラクター)
ブルース・ウィリス(コーベン・ダラス)、ゲイリー・オールドマン(ゾーグ)、イアン・ホルム(コーネリアス神父)、ミラ・ジョボビッチ(リールー)、クリス・タッカー(ルビー・ロッド)、ジョン・ブルータル

★『フィフス・エレメント』の評価

IMDbRTMETA
7.771%??
映画comY!FM
3.3???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『フィフス・エレメント』の感想

●無料ホームシアター 
いつも巻き込まれるブルース・ウィリス。美の象徴とされつつ、エラく強いミラ・ジョヴォヴィッチ。作品の価値を高める悪役は最高の演技派キャラ、ゲイリー・オールドマン。あらゆる濃いメンツが顔を揃えている。それだけで異常に個性があって、たぶん今ではなかなかこのノリで映画化は無理だろう。当時の勢いに乗っていたリュックベッソンにしかできないスタイルだった。内容は大味というか、テンションで乗り越えている感じだけど。
●シネマトゥデイ 
派手だ。ハリウッド大作との違いは、フランス人らしいセンスの思い切りの良さだと思う。衣装はかっこいいし、色彩も美しい。オペラのシーンも好きで、とにかく記憶に残る。変な映画を観たというメモリーで頭が埋め尽くされるのだ。バンド・デシネを映画にしたようなファンタジー感があるのに、アメコミ映画のようなこっぱずかしさよりも、正々堂々とふざけてますよというような軽薄な開き直りの美学を感じるので、気分も爽快で映画を終えた。
●TOHOシネマズ 
カルト映画だな~。公開当時から時々無性に見たくなります。リックベンソンの世界観にどっぷり浸れる名作だと思います。なんだかとにかく画面が強烈でストーリーも大したことないんだけど異星人のビジュアルとか展開が私の脳みそを刺激するので、最高にエキサイティングだった。荒唐無稽な漫画のように、素直に中二病の心で映像化したという感じで、個人的には応援したい。勧善懲悪ものながら、ところどころ笑えるのはやっぱりこの監督だ。