ウィンターズ・ボーン

全米の賞レースを沸かせた心揺さぶる人間ドラマ

映画『ウィンターズ・ボーン』のフル動画を無料視聴する方法を、どれが動画リンクか迷わせることなく、視覚的にわかりやすく提案しています。
今すぐ『ウィンターズ・ボーン』を見るなら動画リンクをチェック。

ミズーリ州在住の作家ダニエル・ウッドレルの同名小説に基づく、同州の山間部の村に住む「スコッチ・アイリッシュ」の少女を描いたドラマ。製作はアン・ロッセリーニ、アリックス・マディガン=ヨーキン。リーは青春まっただ中の年頃の17歳だが華やかな眩しい人生とは程遠かった。心を病んだ母親の代わりに年少の弟と妹をかいがいしく世話し、その日暮らしの生活をどう切り盛りするかで忙殺されていた。ここでの生活は希望を見つけるのも難しい。もはや生活資金も食べ物も底をつきかけたとき、さらなる決定的な難題が持ち上がる。とうの昔に家を出たドラッグ・ディーラーの父親ジェサップが警察に逮捕された揚げ句、自宅と土地を保釈金の担保にして行方不明になってしまったのだ。完全に行き場を失ったことで、生きる手段を考えることになる。やむなくリーは家族を守るために自ら父親捜しに乗り出すが…。

原題:Winter’s Bone(「ウィンターズボーン」) / 製作:アメリカ(2010年) / 日本公開:2011年10月29日 / 100分 / 制作:Anonymous Content / 配給:ブロードメディア・スタジオ 

映画『ウィンターズ・ボーン』予告編

(C)2010 Winter’s Bone Productions LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ウィンターズ・ボーン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分の苦しみと向き合っていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用していきましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも、簡単に動画にありつけるので、難しいことや面倒なことが苦手な人も安心して楽しめます。中には登録せずにすぐに視聴できるものもありますので、とりあえず手を出して見るのもいい手です。

さあ、本番はここからです。初めての新参者には無料トライアルがゲットできるという1度きりのチャンスがあるのです。これはスタートダッシュを促進するためのもので、初回利用者限定で無料期間が設定されています。あなたの見てみたい動画があるのならばラッキーチャンスです。「無料というのはあまりにも都合が良くて怖い」そんな不安はデリートしましょう。これはつまり初心者に限定した、一度触ってみればすぐに魅力がわかりますよという入門サポートなので大丈夫。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あなたの知らない恐怖がジワジワと近づいています。そのような怪しいサイトに足を踏み入れた瞬間、個人情報は秘密裏に記録され、何に悪用されるかもわかりません。間違ってもその危険サイトでユーザー登録などはしないてください。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

「配信作品を眺めるだけでVODを使ってみたい欲求が沸き上がった!」その気持ちをスッキリさせましょう。これであとは一直線にアクセル全開で突き進むだけなら良いのですが、思わぬカーブがあるという注意標識が。それはVODの選択問題。道は何十通りにも分岐しているのです。「ウィンターズ・ボーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「極力無駄な労力を用いることなく配信中のVODがわかる一覧ページを提供できないか」と考えて掲載したのが、コレです。オロオロと悩む手間もなくアイコンの視認だけで解決。「動画が見られると思ってクリックしたらランキングページじゃないか!」そういう迂闊な失望経験をしないのがフルムビバース・クオリティ。悪質誘導は微塵もありません。一生に一度というのはオーバーかもしれないですが、無料体験というのは初回のメモリアルな時期だけのスペシャルチケットなのでゲットするしかないです。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ウィンターズ・ボーン」を鑑賞したいというムズムズをセーブして、まずは支払いとなるクレジットカード情報を登録しましょう。そうです、持っている必要があります。「え、ないのだけど」そんな場合はスマホのキャリア決済利用可能な対応サービスを検討するのもひとつの手です。プリペイドカードはオススメしません。クレジットカードが未所持の人もいるでしょうがノープロブレム。代わりのやり方を使いましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

魅惑なフレーズである「無料お試し期間」ですがそこにはひとつだけ飛び越えるべき大きな穴があります。それはその期間の長さ。これがまた各サービスで違ってくるために複雑。2週間、30日、31日、1か月、登録から月末までという場合も。登録前に必ずあなたのスケジュールを確認しましょう。もし忙しくて時間をとれないほどなら「ジェニファー・ローレンス」を無駄見せざるを得ず最悪です。要は変な失敗をしたくないのならばとにかく動画の手あたり次第鑑賞よりも目星を付けることを先に考えるべきです。見たい映画の候補を事前にリストアップすれば完璧。

『ウィンターズ・ボーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ウィンターズ・ボーン』をさらに知る

★スタッフ
監督:デブラ・グラニク
脚本:デブラ・グラニク、アン・ロッセリーニ
撮影:マイケル・マクドノー
音楽:ディコン・ハインクリフェ

★キャスト
ジェニファー・ローレンス、ジョン・ホークス、ケビン・ブレズナハン、デイル・ディッキー、ギャレット・ディラハント、シェリル・リー

★『ウィンターズ・ボーン』の評価

IMDbRTMETA
7.294%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ウィンターズ・ボーン』の受賞
第83回アカデミー賞で作品賞、主演女優賞、助演男優賞、脚色賞にノミネート。第68回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ)にノミネート。

★『ウィンターズ・ボーン』の感想
・町山智浩の映画塾!『ウィンターズ・ボーン』<予習編>
町山智浩の映画塾!『ウィンターズ・ボーン』<復習編>
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●無料ホームシアター 
どうやら「ヒルビリー」と呼ばれる人たちを描いた映画なんですね。ヒルビリーっていうのは田舎者の蔑称としても使われているみたいですが、本来は特にアイルランドのアルスター地方からおもにアパラチア山脈周辺のケンタッキー州やウエストバージニア州に住み着いた「スコットアイリッシュ」の人たちを指します。この人たちは完全に世界とは違う路線にいる独特のコミュニティを築き、社会から隔絶された閉鎖的な暮らしをしているようです。
●映画無料夢心地 
異常にリアルから離れているけど、でもリアリティはある。実在する。国家も法律も信じず、掟が支配する社会。あまりにも山奥で農耕もできず、リスを撃って食べていたり、薬物製造など不法なことで生計を立てている影に隠れた知られざる世界。兵役に参加する者も多いようで、主人公の少女が志願をするシーンにもそれが表れている。映画というのは、手軽に異文化や異世界を体験できるのが重要な意義でもあるのだが、この映画はまさにあてはまる。
●ユナイテッドシネマ 
全くかけ離れた存在でもふと共通点が見つかる瞬間が面白い。17歳の娘リーがこの世界から飛び出したいと思うも阻まれるその苦悩、なんとなく理解はできる。ジェニファー・ローレンスのサイレントな演技が映画全体に染みわたり、何とも言えない苦悩がスクリーンに充満している。そこに救いはないし、救いを求めていないのだけど、それでも何かを救済してあげないとダメな気がしてくる。冷たい世界で生きる誰かに祝福を与えてあげたい。