渇き。(2014)

愛する娘はバケモノでした

映画『渇き。』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『渇き。』を見るなら動画リンクをチェック。

第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の「果てしなき渇き」を映画化。プロデューサーは小竹里美と鈴木ゆたか、アソシエイトプロデューサーは村野英司。妻の不倫相手に暴行を加えて仕事も家庭も失った自暴自棄な問題だらけの元刑事の藤島昭和は、別れた元妻の桐子から娘の加奈子が失踪したと知らされ、その行方を追うようにハマり込んでいく。それはまるで奈落の底に落ちるも同然だったが、本人は気づいていない。容姿端麗な優等生で、学校ではマドンナ的存在のはずの加奈子だったが、その交友関係をたどるうちに、これまで知らなかった表面的な姿からは想像もつかない人物像が次々と浮かび上がってくる。一体この若い娘にはどんな秘密があるのだろうか。娘の本当の姿を知れば知るほどに、昭和は抑えようのない激情に駆られ、次第に手が付けられないほどに暴走。その行く先々は生々しい血で彩られていく。

原題:渇き。 / 製作:日本(2014年) / 日本公開:2014年6月27日 / 118分 / 制作: / 配給:ギャガ 

映画『渇き。』予告編

(C)2014「渇き。」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『渇き。』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

そのドラマは衝撃を与える!
あまりにも独自の設定で観客をハラハラさせるようなユニークな強烈映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信の方が動画をスピーディーに見れます。中には登録せずにウェブサイトにアクセスして視聴できるものもあるので、とにかく面倒なことが嫌いな人は真っ先に試すのも全然OKな一手となります。

「無料」より安いものなし!
さあ、本番はここからです。初めての新参者には無料トライアルがゲットできるという1度きりのチャンスがあるのです。これはスタートダッシュを促進するためのもので、初回利用者限定で無料期間が設定されています。あなたの見てみたい動画があるのならばラッキーチャンスです。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「渇き。」の再生はダメです。具体的にどのような危険性が検出されるのか、特定のウイルス対策ソフトで一部のサイトを調査してみると、不可解な動作をするプログラムが頻繁に検出され、情報を盗み取るページにアクセスしていることを示すアラートがヤバさを物語ります。これは全員の意見が一致するところだと思いますが、どんなに見たい動画でもそれで自分に大損害が生じたら心底嫌でしょう。

いちはやくウォッチ!
あっちにも動画、こっちにも動画…こんなエンタメに囲まれてしまえば、何十年あっても見きれないだけの量にクラクラします。でも、重箱の隅をつつくつもりはありませんが、細かい部分で留意すべきことがあります。「あれれ、どれで配信しているんだっけ?」という混乱を回避できるようにしないとダメです。「渇き。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは見られる可能性の高いVODをこのページで要チェック。手当たり次第に登録するよりも、まずはおおよその配信状態を頭に入れておくと「動画がない!」という事態を防止できます。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。外に出ることなく安全に無料ホームシアター的な体験ができる、最高の幸せ。休みの日は自由に映画三昧で楽しむのが最良の選択肢です。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「渇き。」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。自分は無料お試しを使いたいだけという人も、最初の登録段階で支払い関連の入力は必須です。その理由は、同一のユーザーが複数アカウントを作るのを防止することや、ちゃんと支払い可能なユーザーであると証明することなどの事情があります。必須項目としてクレカ情報を入力したとしても、初回利用者ならすぐに請求になるわけではないので変に不安にならなくても大丈夫です。

お試し無料はいつまで?
無料で試せる期間はいつ終わるのかというのは把握しておくべきです。いつの間にか有料に更新されている可能性も起こりえます。幸いなことにメールなどで事前にアナウンスされるので、お知らせを見逃さないように、登録アドレスのチェックは入念にしておきましょう。すっかり忘れて大事な期間を無駄に過ごしてしまうと、気づいても「役所広司」を乱雑に流すのは嫌でしょう。せっかくのお試しが試し損するという事態にならないように、ひとまずは登録をする前に落ち着いて動画の選考をしないといけません。さあ、絶対に鑑賞したい映画は?

悪いサイトを追い出すために
海賊版コンテンツ問題はその深刻性が盛んに報じられていますが、その対策としてVODは期待大です。海外の調査機関による研究によれば、フィルタリングやブロッキング、サイトの取り締まりなどの従来的な規制に頼った対策よりも、より魅力的でユーザーを夢中にさせる安価なサービスを普及させることの方が、有効であるというレポートも発表されています。まさにVODはそのパイオニアであり、不正なサイト利用者にこそ広めていくことが業界を救う大切な役割を果たすので「」合法視聴方法を拡散しましょう。

その動画サイトは使える?
「渇き。」を無料で見たいという需要は存在しますが、調べれば無数の動画サイトに行き着くかもしれません。動画量が豊富なYouTube的な使い心地の「dailymotion」、中華動画共有ウェブサイトの老舗感も出てきている「Miomio」「BiliBili」、大容量の動画データをアップできて利用率も高い「openload」「vidoza」。これらのサービスを控えめにでも推薦してきたページを見かけた場合、そのサイトは違法性が高いので退避した方がいいです。検索コンテンツをリンクさせること自体がスパム的なのでプラスな体験になりません。

『渇き。』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『渇き。』をさらに知る

★スタッフ
監督:中島哲也(関連作品:『告白』)
脚本:中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子
撮影:阿藤正一
音楽:GRAND FUNK INC.

★キャスト(キャラクター)
役所広司(藤島昭和)、小松菜奈(加奈子)、妻夫木聡(浅井)、清水尋也(ボク)、二階堂ふみ(遠藤那美)、橋本愛(森下)、國村隼(辻村医師)、黒沢あすか(桐子)、青木崇高(咲山)、オダギリジョー(愛川)、中谷美紀(東里恵)、森川葵(長野)、高杉真宙(松永)、手塚真生、葉山奨之

★『渇き。』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.0???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『渇き。』の感想

●無料ホームシアター 
見たら忘れられない。中島哲也ワールド全開にして、小松菜奈発掘デビュー作。役所広司の油ぎったおっさんの何するかわからんクールでクレイジーな役がハマってるし、役者としてもコントロールしているのかどうかも怪しい。ただのグロ以上に色々と痛いツラいシーンもあり。15禁らしいけど18禁に引き上げた方が良かったのでは? これを耐えきった小松菜奈はビックになる以前にとんでもない経験をしたんだなと。自分には絶対に無理だ、あれ…。
●映画無料夢心地 
映画の構造自体がドラッグの比喩なんじゃないか。渇きというか、渇望に近い。原作はとにかく不快で読み進めるのが辛かったのだが、その不快さは映画でも同じだった。暴力、バイオレンス、気持ち悪さ、異常な欲望、人格の崩壊。自分の好みではなかったが、圧倒する力のある作品だった。とてもエネルギーを吸われたので元気なフル充電状態で鑑賞してほしい。息絶え絶えのときに見ると死亡しかねない。エンターテインメントというほど甘くない。
●MOVIX 
クレイジーだよ、この「渇き」。映画自体の狂ってるような雰囲気に引き込まれ、小松菜奈の怪しげな演技と役所広司の狂気を感じる演技がそれを増加させてとんでもない到達点に達した。富士山を登ろうと思ったら、宇宙に行ってしまったような感じ。邦画の中ではここまでの常識クラッシャーは突出している。人間の否定的な面の感情が素直に描かれていて、徐々に引き込まれていくので、これ以上にヤバさを実感できる映画はもうないだろう。