おみおくりの作法(2013)

奇跡的なラストシーンに感動する人、続出!

映画『おみおくりの作法』のフル動画を無料視聴する方法を、残念な画質や再生環境ではなく、ハイクオリティなものを厳選して提供中。
今すぐ『おみおくりの作法』を見るなら動画リンクをチェック。

孤独死した人を弔う仕事をする民生係の男が、故人の人生を紐解き、新たな人々との出会いから、生きることとは何かを見つめ直していく姿を描いたイギリス製ヒューマンドラマ。製作はウベルト・パゾリーニ、フェリックス・ボッセン、クリストファー・サイモン。ロンドンに暮らすジョン・メイは、孤独死した人を弔う民生係として地道にコツコツと働いてきが、人員整理であっけなく解雇を言い渡され、自宅の真向かいに住むビリーの弔いが最後の案件になる。自分の仕事もここで終わりなのか。意外にもあっけなく、その時が来てしまった。これまでも誠実に故人と向き合い、心を込めて弔いをしてきたジョンだったが、最後の仕事にはいつも以上に熱心になり、故人を知る人を丁寧に訪ね、葬儀に招く旅を経て、まるで人生を見つめ直すように自分の心の中に変化が生じていく。

原題:Still Life / 製作:イギリス・イタリア(2013年) / 日本公開:2015年1月24日 / 91分 / 制作:Redwave Films / 配給:ビターズ・エンド 

映画『おみおくりの作法』予告編

(C)Exponential (Still Life) Limited 2012


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『おみおくりの作法』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

評価の高い一作を動画で!
様々な葛藤や苦悩を抱えながら自分の人生を見つめ直していくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。いろいろなサービスがありますが、そこまで難しくありません。基本はウェブサイトにアクセスしてみるか、アプリをインストールするだけ。あとは再生するのみです。貸し借りの煩雑な作業もないので、気楽に好きなタイミングで鑑賞できます。

「無料」はやっぱり魅力的!
これだけは必須で覚えてほしい部分がひとつ。それはトライアルを無料でできるという特典の導入アシストです。これはスタートダッシュを促進するためのもので、初回利用者限定で無料期間が設定されています。あなたの見てみたい動画があるのならばラッキーチャンスです。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「おみおくりの作法」の鑑賞はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。せっかく便利で有能なフルサービスがあるのですから、自分の足元を腐食させるような存在に乗っかるべきではありません。

あなたの選択は自由!
インターネット時代の全盛期ですからデジタルでの動画提供は主流。VODの取り扱いもいち早く始まるのは珍しくないです。しかし、配信中のVODの存在は五里霧中というか、とにかくわかりにくいです。サイト内で確認はできますが、数が多すぎるので追い付かないという現実的な壁にぶちあたります。「おみおくりの作法」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「極力無駄な労力を用いることなく配信中のVODがわかる一覧ページを提供できないか」と考えて掲載したのが、コレです。オロオロと悩む手間もなくアイコンの視認だけで解決。同目的のサイトも多々ありますが、フルムビバース・イチオシのポイントはVODのゴリ押しをせずに、情報整理と深掘りに徹している点です。人生は思わぬところに幸運のクッキーが隠れているものです。VODとの出会いはあなたに刺激と興奮をもたらしてくれるのは保証できます。

お試し無料はいつまで?
絶対に記憶必須なのが無料お試し期間がどれくらいなのかというタイムスケール。例として、登録した日から1か月という場合と、登録した日の月の月末という場合があり、これは似て非なる全く別のものです。後者であれば上手く登録日を考えないと最悪2~3日ということになりかねないので、大事な無料体験期間が無意味に大幅に減って「エディ・マーサン」の影を見る隙もないのでは意味なし。期間終了後に自動的に契約更新になるか、手動で契約実行処置をするか、どちらかはサービスごとに異なってくるので、送られてくる通知メールに注意です。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどウェブブラウザはパソコンでの動画視聴には必須の存在ですが、ときおり困ったトラブルが起こったりして歩みを妨害してきます。例えば、外部リンクをクリックすると「ポップアップ・ブロック」となったり、急にブラウザが落ちたり、CPUが暴走して急激に負荷がかかったり…。これらは拡張機能の停止で解消されることがあります。とくに広告ブロックツールは余計な挙動をする場合もあるので、無頓着に過信しないように。「おみおくりの作法」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
気づいていない人も珍しくないですけど、テレビの民放ロードショー番組などでは映画放映時は多くのシーンがカットされ、放送枠におさまるように編集されています。仕方がないこととはいえ、映画の持ち味は完全に見れないことは、フル動画とは言い切れず、欠落は隠せません。しかし、VODにはその点もカバー。ネット配信の柔軟性は余計な編集を必要とせず、ラストまでじっくり鑑賞をお約束できます。「おみおくりの作法」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「おみおくりの作法」鑑賞完了後に解約もアリ。考えすぎかもしれませんが、解約が難しかったら…との心配を抱く人は結構います。世の中にはそういう悪質性のあるものが存在するのも確かです。でもVODはそこの件に関してはしっかりしており、全行程の作業は1分くらいで済みます。解約ページにたどりつき、「契約解除」の手続きに進んでください。クリックorタップするのみです。電話や本人認証の複雑なステップは必要ないので、退会するのに数週間かかることはなく、テキパキと完了させることができます。

『おみおくりの作法』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『おみおくりの作法』をさらに知る

★スタッフ
監督:ウベルト・パゾリーニ
脚本:ウィル・グラック、アライン・ブロッシュ・マッケンナ
撮影:マイケル・グレイディ
音楽:チャールズ・ストラウス

★キャスト
エディ・マーサン(ジョン・メイ)、ジョアンヌ・フロガット(ケリー)、カレン・ドルーリー(メアリー)、アンドリュー・バカン(プラチェット氏)、キアラン・マッキンタイア(ジャンボ)、ニール・ディスーザ(シャクティ
)、ポール・アンダーソン(ホームレスの男)、ティム・ポッター(ホームレスの男)

★『おみおくりの作法』の評価

IMDbRTMETA
7.464%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『おみおくりの作法』の感想

●無料ホームシアター 
引き取り手もない無縁仏の縁者を探し出す、特殊な仕事を公務員としてしている主人公。誰に感謝されるでもなく、几帳面に生真面目に職をこなしていく。そんな仕事ですら、効率化を求められるリストラの波がやってくる。純粋に誰かのためだけを思って一途に仕事をしてきた主人公にも出会いがやってくる。いかにもイギリス映画らしいウイットとペーソスに満ちている雰囲気が心地よい。ラストのシーンは最高の「ありがとう」ではないか。
●映画無料夢心地 
第81回アカデミー賞外国語映画賞「おくりびと」の英国版ともういうべきこの映画、地味だが深く心を打つ名作でした。ジョン・メイみたいな人が沢山いるんでしょうか。死者に対する誠実で丁寧で全てにきめ細かい姿勢は感動的で、ジョン・メイはそうするなと言われても出来ない位丁寧に仕事をするわけで、その姿勢を実は正しく評価してくれている人はいたんだというラストは味があります。まさに「おくられ人」になって良かったですよね。
●イオンシネマ 
死について見つめる映画というのはどうしても宗教観が出るが、この作品が多くの日本人にも好かれるのは日本的な価値観にもフィットするからだと思う。孤独死した人と縁があった人に話を聞いて人生を辿る行為は亡くなった人の色々な一面が見れて感慨深かった。ことさら孤独死というのは今の日本でも社会問題になっているほどですから、余計に身近なのでしょう。よく考えればハッピーエンドかもしれないが、ラストの寂しさは言いようがない。