ジャンヌ・ダルク(1999)

英雄となった少女の儚い活躍をミラ・ジョヴォヴィッチが熱演

映画『ジャンヌ・ダルク』のフル動画を無料視聴する方法を、どれが動画リンクか迷わせることなく、視覚的にわかりやすく提案しています。
今すぐ『ジャンヌ・ダルク』を見るなら動画リンクをチェック。

リュック・ベッソン監督が、フランスの国民的英雄として知られる女性ジャンヌ・ダルクの生涯をミラ・ジョボビッチ主演で映画化。製作はパトリス・ルドゥー。百年戦争下のフランス。小さな農村で暮らす信仰心のあつい少女ジャンヌは、イギリス軍に家族を無残に殺されて絶望の中で親戚のもとへ身を寄せるしかなかった。そこで理不尽な社会への怒りを募らせながら、来るべき運命に直面する。やがて苦難を経験しながら17歳になったジャンヌは、教会で神の声を受けるという体験をし、特殊な経験は自分の価値観を変え、神の使者としてシャルル王太子に謁見することになる。それは大きな論争を起こすことになり、軍を率いて戦場へと向かったジャンヌは、イギリス軍を相手に劇的な勝利をおさめるが…。

原題:Joan of Arc(The Messenger: The Story of Joan of Arc)(「ジャンヌダルク」) / 製作:フランス(1999年) / 日本公開:1999年12月11日 / 157分 / 制作: / 配給:ソニー・ピクチャーズエンタテイメント 

ジャンヌ・ダルク(予告編)

▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ジャンヌ・ダルク』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

激動の歴史の中で懸命に抗い自分と戦った人物にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを上手く活用しましょう。レンタル店でDVDを借りる場合、どうしても面倒な部分が目立ちます。店に行く必要があったり、貸し借りの煩雑な作業もあったり、客としてもかなり時間をとられるのは嫌なものです。そこでネット配信ならばすぐさま視聴に移れます。

「なるべく支払いは後にしたい」それならばお試しできます。もちろんお金は無料です。映画動画をタダで見れるのです。何事にも最初はあるように登録日の瞬間をベースポイントにして一定の期間、諸々の用意されているコンテンツを無料で試用できてしまうという夢のようなノーリスクサービスです。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。危険性判定のためにそうしたサイトの一部を選出してセキュリティ対策システムでスキャンしてみると「不正プログラムの検出」が容易にできます。つまり、それくらいナチュラルに恐ろしい罠が潜んでいるということであり、足を踏み入れたら最後、怪我では済みません。なので、やはり公式に勝るものはないです。クリーンな健全性120%の映画体験に身も心も捧げましょう。

新作をどこよりも充実させていますということを売りにしているものもあるので、世間の流行にも乗っかっていけるでしょう。ところがどっこい、光陰矢の如し。VODも配信状況も激流のごとく変化してしまうので、今の時点で何が配信中なのか、情報を追いかけるのは普通にすれば苦労ばかりで至難の技です。「ジャンヌ・ダルク」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。モヤモヤの感情は綺麗にクリーンアップしてしまいましょう。それが一番の最善策です。このページのVODアイコンは配信中の可能性の高いものを提示しているので、煩雑な確認の手間暇を省くことができます。モニタリングしているVODは多彩で、あの国内外のモノから、知名度の低いマニア向けのモノまで、オール取り扱い済み。なかなか新しい未知のコンテンツに手を出すのは勇気がいるかもしれませんが、利用を助けてくれる情報はネットに溢れているので怖がらなくて大丈夫です。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。「ジャンヌ・ダルク」の動画が数秒おきに停止する、映像がカクカクと動いて滑らかではないなどという劣悪な再生状況が起きたりも。そういうときはネットが遅いせいかもしれません。無線LANの速度は早ければいいので一度家庭の電波状態をチェックすると良いかもしれません。ルーターは他の電波を発するモノの近くに置いたりせずに、なるべく遠くまで届くように高い位置に設置しましょう。

フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画の数は無限大でどうしても目移りしてくるものです。あれも観たい。これも観たい。それもいいな。そんな魅惑の作品のオンパレードに心を奪われて忘れてしまう前に、とりあえずリストアップしましょう。「Favorite」をチェックすれば、後々またページにたどり着きたいときに検索しないで済みます。「ジャンヌ・ダルク」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『ジャンヌ・ダルク』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ジャンヌ・ダルク』をさらに知る

★スタッフ
監督:リュック・ベッソン(関連作品:『フィフス・エレメント』)
脚本:リュック・ベッソン、アンドリュー・バーキン
撮影:ティエリー・アルボガスト
音楽:エリック・セラ

★キャスト(キャラクター)
ミラ・ジョボビッチ(ジャンヌ)、ジョン・マルコビッチ(シャルル7世)、フェイ・ダナウェイ(ヨランド)、ダスティン・ホフマン(ジャンヌの良心)、バンサン・カッセル(ジル・ド・レ)、チェッキー・カリョ(デュノワ伯)、パスカル・グレゴリー(アランソン公)、デズモンド・ハリントン(ドーロン)

★『ジャンヌ・ダルク』の評価

IMDbRTMETA
6.430%??
映画comY!FM
3.0???3.3
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『ジャンヌ・ダルク』の感想

●無料ホームシアター 
単なる英雄譚ではない、ジャンヌ・ダルクの生涯。日本人でも知っている偉人だが、その歴史はそこまで掘り下げられていないと思う。今作はファンタジーなどで逃げることもなく、世情や出来事が割とリアルに描写されているので、インパクトは大きい。この映画の2年後に同時多発テロが起こり「神の名」のもとにイラク戦争を起こし、戦後こんなハズじゃなかったと後悔するという歴史は今でも繰り返されているというのはなんとも意味深い話だ。
●無料動画ワールドシアター 
「バイオハザード」でおなじみミラ・ジョヴォヴィッチの主演作。やっぱり戦う姿が似合っている。ミラ・ジョヴォヴィッチのキレぶりには完全に少女という言葉から連想される可憐な存在らしさは皆無だが、実際はこんな感じだったのかも。ラストでの告解でジャンヌは「私は利己的で高慢で頑固に、復讐のために戦った」と告白させるあたり、今作は彼女を決してベタなヒーロー的役割で描いているわけではないのもこの映画の特徴ではないか。
●FANDANGONOW 
15世紀、フランスの歴史映画。誰もが名前を聞いたことがある「ジャンヌダルク」。最近は日本ではすっかり2次元のキャラクターとして定着しているのかな、若者の間では。賛否両論ありますが、ジャンヌダルクの歴史を深く知っていると、この映画の描いている歴史的少女の生き様がさらに掘進されていく。英仏の戦いと政治と宗教に翻弄された女性として、わりと現実と地続きに描いているのは、しっかり今の世代にポイントが置かれて工夫がある。