デス・ショット / Reprisal

この男、一撃必殺

映画『デス・ショット』のフル動画を無料視聴する方法を、視聴制限などは何もないかたちで、オフィシャル・フリーでサクッとご案内。
今すぐ『デス・ショット』を見るなら動画リンクをチェック。

ブルース・ウィリスとフランク・グリロのパワフルな演技が魅力の俳優二人が共演したクライムアクション。製作総指揮にはヘンリー・ウィンタースターン、アリアンヌ・フレイザー、デルフィーヌ・ペリエ、ウェイン・マーク・ゴッドフリーなどが名を連ねる。警備員を射殺した犯人が大金を強奪し、まんまと逃走するという凶悪な銀行襲撃事件が発生した。その念入りに練られた周到な計画から、FBIは銀行内部に共犯者がいると推定。捜査は進んでいき、容疑がかけられてしまった銀行員のジェイコブは困り果てる。これでは自分の人生は台無し。疑いを晴らすため、隣人で元警官のジェームスに協力を求めることで独自の捜査を始める。なんとしても犯人を捕まえなくてはいけない。ジェイコブとジェームスは協力することで犯人のアジトを突き止め、現金輸送車襲撃の阻止に成功。これで一件落着になると期待した。しかし、逃走した犯人はジェイコブの身許を割り出し、報復のために妻と娘のソフィアが今度は誘拐されて事態は混乱する。これでは事態がややこしくなっただけ。ジェイコブとジェームスは犯人との戦いに挑むが、糖尿病のために薬が切れると生死に関わるソフィアのタイムリミットが刻一刻と迫って早くしなくてはと焦っていく。

原題:Reprisal / 製作:アメリカ・イギリス(2018年) / 日本公開:2019年2月9日 / 95分 / 制作: / 配給:アルバトロス・フィルム 

映画『デス・ショット』予告編

(C)2017 GEORGIA FILM FUND 36, LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『デス・ショット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

有名俳優が出演しておりメインで頑張っているような映画はファンであれば必見の作品です。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのがオススメ。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかにスピーディーに動画を見れます。劇場で映画を観るのもいいですが、見逃してしまった人も多いはず。その場合は事前にしっかり下調べおいてチェックマークをつけておくとすぐさま配信時に観れます。

初めてというのはハンデではありません。それはむしろ有利な武器になるものであり、トライアル無料チャンスです。何事にも最初はあるように登録日の瞬間をベースポイントにして一定の期間、諸々の用意されているコンテンツを無料で試用できてしまうという夢のようなノーリスクサービスです。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的にどのような危険性が検出されるのか、特定のウイルス対策ソフトで一部のサイトを調査してみると、不可解な動作をするプログラムが頻繁に検出され、情報を盗み取るページにアクセスしていることを示すアラートがヤバさを物語ります。ベストアンサーはカンニングせずとももう目の前に突き出されているはず。健全な視聴環境の構築が何よりも平穏です。

新作をどこよりも充実させていますということを売りにしているものもあるので、世間の流行にも乗っかっていけるでしょう。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「デス・ショット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは見られる可能性の高いVODをこのページで要チェック。手当たり次第に登録するよりも、まずはおおよその配信状態を頭に入れておくと「動画がない!」という事態を防止できます。更新頻度の高さが売りのフルムビバースは記事公開時点の情報も時間がたてば変化していくので、フレキシブルに対応しています。「やっぱり映画はスクリーンがベストだね!」という人は、鑑賞料金の割引につながったり、チケット入手を支援するVODを最優先にすると良いです。

外国語の映画鑑賞(とくに英語)では、字幕と吹替の2バージョンが存在することが多く、どちらを見るかを選別しなくてはいけません。キャスト陣の声をダイレクトに耳にするならば字幕一択ですが、目で文字を追いかけるのが大変で、肝心の映像への集中ができません。一方の吹替は映像に専念できますが、声をあてた人の力量に左右されてしまうので、作品イメージがガラッと変わってしまうことも。一長一短があるので、少し比較してみるのも新しい「デス・ショット」の面白さの発見につながるかもしれません。

巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「デス・ショット」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

『デス・ショット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月16日時点での『デス・ショット』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『デス・ショット』をさらに知る

★スタッフ
監督:ブライアン・A・ミラー(関連作品:『デッド・シティ2055』)
脚本:ブライス・ハモンス
撮影:ピーター・A・ホランド
音楽:ジョーナ・オスティネッリ、ソニヤ・ベロウソワ

★キャスト
フランク・グリロ、ブルース・ウィリス、オリビア・カルポ、ジョナサン・シェック、ナタリー・ユラ、ワス・スティーブンス、コリン・エッグレスフィールド、アンクル・マルダ、クリトファー・ロブ・ボーエン

★『デス・ショット』の評価

IMDbRTMETA
4.20%??
映画comY!FM
3.1???2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『デス・ショット』の感想

●無料ホームシアター
ずいぶん当たり障りのないタイトルをつけたもんだなぁ。「デスショット」って技名みたいなネーミングしやがって、もうこれじゃあね、何を期待するのやらですよ。まあ、そうはいってもこの観客としての選ばれし選別スタイルさえあれば、被害者はそこまで多くはないでしょう。だってたいていはブルースウィリスにつられる私のようなオマヌケさんでしょう。だったら堂々と突っ込んでいこうじゃないですか。それで悔いはなしというのが男です。
●無料動画ワールドシアター 
気をつけて、これはあなたの心をデスする映画です。大多数の人はブルース=ウィリス目当てで、それも彼がドンパチで活躍するこのハゲすげぇえな!と手を叩く作風を求めてるかと思うが、結論から言うとそこからはだいぶ逸れているのです。わかっていたかもしれないですが。ウィリスは定年退職した元警官という役柄もあってか、直接的に銃を取って正々堂々と真っ向から敵と向き合うのはラストのみ。だから完全に名前負けしていますね。
●DAILYMOTION 
ドンパチに乏しくてもウィリスの存在感と説得力は流石で、なんでこの人はこういう映画にキャリアを重ねても出ているのか不思議である。もっと高みを目指せばいいのに。それともギャラがいいのか。いや、低いだろうな。ではなぜか、ますます不思議である。でもこのブルース・ウィリスさんは、全く疲れていないので、あと30年間くらいは平然と同じ役をやっていそうである。そう言う意味では「デス・ショット16」くらいまでは行けそうだ。