戦場のピアニスト(2002)

戦争の中で奏でられる物語の音色を批評家大絶賛!

映画『戦場のピアニスト』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『戦場のピアニスト』を見るなら動画リンクをチェック。

ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝の映画化で、映画賞で高く評価された傑作戦争ドラマ。製作総指揮はティモシー・バーリル、ルー・ライウィン、ヘニング・モルフェンター。1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻し、そこに暮らす人々の生活は激変した。もはや普通の暮らしは消えうせた。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させられる。そこでは自由という概念は死んでいた。やがて何十万ものユダヤ人が理不尽に強制収容所送りとなる中、奇跡的に難を逃れたシュピルマンは、必死に身を隠して生き延びることだけを考えていた。この苦難さえ乗り越えることができれば、いつの日か、希望がやってくると信じて。しかしある夜、その逃げ隠れの日々が終わる危機が訪れ、ついにひとりのドイツ人将校に見つかってしまう。

原題:The Pianist / 製作:フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス(2002年) / 日本公開:2003年2月15日 / 148分 / 制作:Canal+ / 配給:アミューズピクチャーズ 

あの名作をデジタルリマスター版で!映画『戦場のピアニスト』予告編

(C)2002 STUDIOCANAL – HERITAGE FILMS – STUDIO BABELSBERG – RUN TEAM Ltd


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『戦場のピアニスト』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

人間の負の歴史を鮮烈に描く戦争をストレートに表現しているドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く使ってみましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもラクチンで、中には登録も必要とせずに、スピーディーに視聴できるものもあります。ウェブサイトにアクセスして動画を見るだけなので、悩むくらいならまずは鑑賞できないか要チェックです。

「どちらにせよ有料だし…」と考えるなら、でもまずはお試し選択を得ることで最初は無料なんだとも解釈できるでしょう。いきなり金を払えとなると躊躇いが生まれるのも致し方ありません。でもその支払い要求の前にお試しのクッションを挟んでくれるなら、かなり抵抗感も緩和されて衝撃も減らせます。「動画をサービス内で無料で見られるのですか?」この質問は最も頻出して寄せられるものですが、公式でもQ&Aで「大丈夫です」という回答をキッパリしているので、何かの錯覚ではないのは確かです。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。最悪なパターンはいくつもありますが、最初は非常に気軽な動作から始まります。何気なく興味を惹くテキストリンクをクリックすると、瞬時に別のタブで無関係なページが開き、いつのまにか裏で怪しい動作を起こし、機能を妨げるものもあります。動画共有サイトは誰でもアップロードできるぶん、とにかく無法地帯になっているので、そんな地雷原からはただちに立ち去りましょう。

「私の中の鑑賞感情がムズムズと沸き上がってきた!」そうなったら我慢する方が自分の健康に悪いというものです。でも、うっかりミスを避けないとダメです。「登録の勢いのままに勇んで始めてみたけど視聴したい映画がない」という虚しい残念事態は回避しないと、何の意味もありません。「戦場のピアニスト」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは見られる可能性の高いVODをこのページで要チェック。手当たり次第に登録するよりも、まずはおおよその配信状態を頭に入れておくと「動画がない!」という事態を防止できます。目の前に「これだけ使ってください!」とこれみよがしに押し付ける鬱陶しい宣伝はなく、オール・フェアにVODを提示しています。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、オンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

絶対に記憶必須なのが無料お試し期間がどれくらいなのかというタイムスケール。例として、登録した日から1か月という場合と、登録した日の月の月末という場合があり、これは似て非なる全く別のものです。後者であれば上手く登録日を考えないと最悪2~3日ということになりかねないので、大事な無料体験期間が無意味に大幅に減って「エイドリアン・ブロディ」を雑に流してしまいかねないのです。要するに何か無駄にしたくないのならばあなたは考えるべきです。どの動画を見たいのかを。まずは見てみたい作品を上位10作くらい挙げてみましょう。

フルムビバースの特化型機能として、作品ごとに配信可能性の高いVODを一覧表示できます。類似のサイトは数多とありますが、どれも情報鮮度や種類が欠けていることが多いです。こちらは全体的な充実度はハイボリューム。特定のサービスをピックアップして今日の気分に合わせて映画を探すのも図書館感覚でワクワクするものです。魅力が短い映像に詰まったトレイラーを見たり、感想コメントを読むのも良し。「ロマン・ポランスキー」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『戦場のピアニスト』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『戦場のピアニスト』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロマン・ポランスキー
脚本:ロナルド・ハーウッド、ロマン・ポランスキー
撮影:パベル・エデルマン
音楽:ボイチェフ・キラール

★キャスト(キャラクター)
エイドリアン・ブロディ(ウワディスワフ・シュピルマン)、トーマス・クレッチマン(ヴィルム・ホーゼンフェルト大尉)、フランク・フィンレイ(父)、ミハウ・ジェブロフスキー(ユーレク)、エド・ストッパード(ヘンリク)、モーリン・リップマン(母)

★『戦場のピアニスト』の評価

IMDbRTMETA
8.595%??
映画comY!FM
3.9???3.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『戦場のピアニスト』の受賞
第75回アカデミー賞で監督賞・主演男優賞・脚色賞を受賞、作品賞・撮影賞・編集賞・衣装デザイン賞にノミネート。第60回ゴールデングローブ賞で最優秀作品賞(ドラマ)・最優秀主演男優賞(ドラマ)にノミネート。第55回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でパルムドールを受賞。

★『戦場のピアニスト』の感想

●無料ホームシアター 
この映画の主役は間違いなく音楽だ。夜想曲第20番嬰ハ短調「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」、夜想曲第19番ホ短調作品72-1、夜想曲第13番ハ短調作品48-1、バラード第2番ヘ長調作品38、ワルツ第3番イ短調作品34-2「華麗なる円舞曲」、24の前奏曲作品28第4番ホ短調、マズルカ第13番イ短調作品17-4、バラード第1番ト短調作品23、アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ変ホ長調作品22…耳がストーリーを理解していく。
●FILMAGA 
非常にメッセージ性の強い映画だった。これは必見というのも頷ける。完全同意だ。この時代に起きたユダヤ人を迫害する映画はいくつか見たが、この映画は1番良かったし、心に染みる。毎日が恐怖と飢餓で生きてるのも苦しいと思う。それは単に貧しいという話じゃない。戦争が全てを奪うのだ。ドイツ将校の登場時間は短いが彼が残したインパクトと感動ははかりしれない。生きることが困難な世界で私たちは何か共通のものを見つけられるだろうか。
●VUDU 
ユダヤ人迫害の悲惨さがここまで壮絶なものだとは無知だったのか、想像もしていなかった。それでも生きることを諦めず、人を信じ続け、そして生き延びたシュピルマンという人物がこの世に実在したということにしっかり揺さぶられるように感銘を受けた。ホーゼンフェルト大佐はシュピルマンの他にも多くのポーランド人やユダヤ人を救ったそうで、過酷な強制労働の中で脳卒中を何度も起こし1952年に大佐は亡くなったとか。黙祷しかできない。