愛、アムール(2012)

人生はかくも長く素晴らしい

映画『愛、アムール』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『愛、アムール』を見るなら動画リンクをチェック。

ミヒャエル・ハネケ監督が、前作『白いリボン』に続き2作品連続でカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、第85回アカデミー賞では外国語映画賞も受賞したドラマ。製作はマルガレート・メネゴス、シュテファン・アルント、ファイト・ハイドゥシュカ、ミヒャエル・カッツ。妻が病に倒れたことで穏やかだった日常が変化していく老夫婦の姿を描く。これが人生の終わりの足音なのだろうか。音楽家夫婦のジョルジュとアンヌは、パリの高級アパルトマンで不自由のない充実した悠々自適な老後生活を送っていた。それはずっと続いてきた、不変の人生。しかし、ある日突然、妻のアンヌの調子がおかしくなる。病に倒れ、頼みの綱だった手術も失敗して体が不自由になってしまい、生活が激変する。このままどうなるのかと予想もつかない。ジョルジュは子どもの心配もよそに、病院嫌いな妻の願いを聞き、車椅子生活になったアンヌを自ら支えながら自宅でケアして暮らすことを決意。まるで現実を認めたくないかのように、2人はこれまでどおりの何気ない生活を続けようとするが、アンヌの病状は悪化していき…。

原題:Amour / 製作:フランス・ドイツ・オーストリア(2012年) / 日本公開:2013年3月9日 / 127分 / 制作:Les Films du Losange / 配給:ロングライド 

映画『愛、アムール』予告編

(C)2012 Les Films du Losange – X Filme Creative Pool – Wega Film – France 3 Cinema – Ard Degeto – Bayerisher Rundfunk – Westdeutscher Rundfunk


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『愛、アムール』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いろいろな悩みを抱えながら人生の問題に向き合っていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのでも良い方法ですが、ネット配信はもっと気軽に見られます。店に行く必要がないので、どうしても時間がとれないときにも便利。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更できます。

初心者であることを後ろめたいと思ってはいけません。ラッキーな救済策があるのですからむしろ幸運ではないでしょうか。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「クレカ登録はどうしても不安だな~」その気持ちもわかりますが、不正利用が起きないように二段階認証搭載のサービスも充実しており、その点でもフルに動画視聴にどっぷり専念できるのではないでしょうか。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そういう絶対にデンジャーなサイトを見分けることはできるのでしょうか。一般的にランキングサイトのリンクを大量に設置して誘導するようなサイトは黄色信号。アダルト系の広告を大量に配置するサイトは完全に赤信号です。リスクしかありません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

映画はインターネットで見るものという習慣はすでに若い人の間では定着以前に常識になり、VODは頻出手段でもあります。気を抜くのはストップ。「登録して覗いてみたら自分の求めている動画作品はどこにもない!」という苦情は主に確認不十分のミスです。チェックを怠るとこうなります。「愛、アムール」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。不明点があればそのヒントを提案するのがこのページの役目です。配信しているか無作為に調べるよりも、こちらのアイコン表示を参考に目星をつけておくことで、お得な時間短縮になります。モニタリングしているVODは多彩で、あの国内外のモノから、知名度の低いマニア向けのモノまで、オール取り扱い済み。既存の無料ホームシアター的な体験をさらなるグレードアップさせる、オンライン無料動画のオフィシャル体験ができる機会です。

VODの各作品の配信終了日時は最重要事項として頭にメモしておきたい事柄です。なぜなら「あれ、配信が終わっている!」という一生の後悔を味わいたくないものですから。基本はVODによってはアナウンスがさりげなくあるものもあり、判明している作品の一部をリストにして整理しているので、個別で確認するのは面倒だという人は活用すると時間短縮になって見逃しも減ります。「愛、アムール」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

巷に溢れる非公式なサイトでは、大量の広告バナーをあちこちに並べているものがいっぱいありますが、運営上の収益として必要というのはわかるとしても、なるべく画面は綺麗にスッキリしてある方が良いに決まっています。フルムビバースはそうしたユーザーの需要に応えるために身を削りながら、見やすさを保証し、「愛、アムール」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

『愛、アムール』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『愛、アムール』をさらに知る

★スタッフ
監督:ミヒャエル・ハネケ(関連作品:『白いリボン』)
脚本:ミヒャエル・ハネケ
撮影:ダリウス・コンジ

★キャスト(キャラクター)
ジャン=ルイ・トランティニャン(ジョルジュ)、エマニュエル・リバ(アンヌ)、イザベル・ユペール(エヴァ)、アレクサンドル・タロー(アレクサンドル)、ウィリアム・シメル(ジョフ)、ラモン・アジール(アパルトマン女管理人の夫)、リタ・ブランコ(アパルトマン女管理人)、キャロル・フランク(看護師)、ディナーラ・ドルカーロワ(看護師)、ローラン・カペルト(警察官)、ジャン=ミシェル・モンロック(警察官)、シュザンヌ・シュミット(女の隣人)、ダミアン・ジュイユロ(救急隊員)、バリッド・アフキール(救急隊員)

★『愛、アムール』の評価

IMDbRTMETA
7.993%??
映画comY!FM
3.7???3.9
フルムビバース独自ランク
S(必見の傑作)

★『愛、アムール』の受賞
第85回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞、作品賞・監督賞・主演女優賞・脚本賞にノミネート。第70回ゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞を受賞。第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でパルムドールを受賞。

★『愛、アムール』の感想

●無料ホームシアター 
どんな人生を送っていても誰でも必ず終着駅に待っているのは「死」です。その待ち受けるものへの準備はそう簡単にとれるものではありません。でもやらなければならない。避けることはできない。この映画は私たちにその回避不可能な未来を疑似的に直視させる。愛があればその恐怖を乗り越えられると都合よく言えるほど単純ではない。老夫婦には確かに愛がある。それでも困難は消えない。答えのないゴールに向かっていく二人にはまた先があるのか。
●FILMAGA 
消防士が密封された部屋に入ると、その中に老婆の死体があった。その亡骸は優しく横たわっていた。そこには愛の痕跡があった。そこから時間が巻き戻る。アンヌとジョルジュの老夫婦は穏やかな老後の生活を平穏な世界で二人の何気ない幸せを見つけて楽しんでいた。しかし、アンヌがある日突然、言葉に反応しなくなるという状態に。突然訪れる老老介護の生々しさが描かれる。とてもリアリズムで、生々しさに相反するように非現実も起こる。
●VUDU 
これを名作と呼ばずして何を名作と呼ぶのか。撮影はほぼ全編アパートのみで、BGMも全く入れずに老老介護を長回しを連発しながら描き切るという濃密な二人の時間を一気に見せる。関係は崩壊していく。追い詰められた夫は、強引に鳩を抱きしめることしかできないという無力さ。当然鳩は平和の象徴であって、2回目の鳩は夫婦が心の安寧を受け入れることも示しているのだろうが、一種の巣立ちをも意味している気がする。これは終わりなのだろうか。