クーデター / No Escape(2015)

知らぬ異国で家族を守るサスペンス・スリラー

映画『クーデター』のフル動画を無料視聴する方法を、綺麗に情報を一覧化してレコメンドを推進しています。
今すぐ『クーデター』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:No Escape / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開:2015年9月5日 / 101分 / 制作:Bold Films / 配給:クロックワークス 

映画『クーデター』予告篇

(C)2015 Coup Pictures, LLC. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】解約簡単
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『クーデター』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

時間を潰すのにも使える!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで画面に釘付けになるほど見ごたえがあります。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信であればそこまで悩むこともありません。ウェブサイトにアクセスして動画を見る、もしくはアプリをインストールしておくだけで済みます。いつでもどこでも気軽に鑑賞するならこの手は魅力的です。

「無料」で感謝!
耳より情報はここからです。初心者を救いだす無料のサービスお試しプレゼントはクリスマスよりも嬉しい届け物です。これはスタートダッシュを促進するためのもので、初回利用者限定で無料期間が設定されています。あなたの見てみたい動画があるのならばラッキーチャンスです。「映画を浴びるように見て夢心地になりたいけど」そんな願いも案外叶うものです。始めてみればドハマりしてしまい、何もない休日はひたすら映画やドラマを見っぱなしだった人も。「クーデター」もアリ。

危険動画を見ていませんか?
なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツの利用は何を優先してでもまずはストップすべきです。それで「クーデター」の鑑賞はダメです。ある専門家はこうも言っています。「違法サイトは動画をタダで見せてくれる親切なところではない。それを釣り餌にして相手の油断を誘う偽善者だ」「巧妙な手段にこそ油断している者が引っかかってしまう」と。出回っている所在不明な動画コンテンツは必ず何かの危険をともなうので関わらないようにしましょう。口を酸っぱくして忠告してもなかなか届かないものですが、被害を受けた時には悲しい目でご愁傷様ですとしか言えません。

いちはやくウォッチ!
このページを見ている時点で「見たい」というボルテージは高いと思いますが、コンテンツを眺めればその感情は倍増します。ところがどっこい、光陰矢の如し。VODも配信状況も激流のごとく変化してしまうので、今の時点で何が配信中なのか、情報を追いかけるのは普通にすれば苦労ばかりで至難の技です。「クーデター」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは視聴可能なVODをこのページで要チェック。いきなり何も考えずに登録するよりも、まずはおおまかな配信状態を認識しておくと「しまった!」と後悔する事態を回避できます。似たサイトが蔓延する中で、フルムビバースは一歩先を行くために、情報量の多さと鮮度で勝負しており、見る価値はあります。レコメンドはあくまで推薦なので、絶対にこれを使ってくださいという押しつけではないので、ぜひとも自分で使って試行してみてください。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。「日本語字幕の方がいい!いや、吹き替えこそ面白い!」そんな言い争いは置いといて、好きなように楽しめばいい話です。どちらもあるのかについては作品によって異なりますが、VODは用意済みであれば字幕&吹替双方を選択できるようになります。こだわりのある人もこれでひと安心。「クーデター」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「クーデター」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。自分は無料お試しを使いたいだけという人も、最初の登録段階で支払い関連の入力は必須です。その理由は、同一のユーザーが複数アカウントを作るのを防止することや、ちゃんと支払い可能なユーザーであると証明することなどの事情があります。必須項目としてクレカ情報を入力したとしても、初回利用者ならすぐに請求になるわけではないので変に不安にならなくても大丈夫です。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす避けては通れない条件クリアの必要が「クーデター」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

その動画サイトは使える?
「クーデター」を無料で見る方法をサーチ中ならば、さまざまな動画サイトが目につくでしょう。動画がズラリと並んでいる「dailymotion」、昔から利用者も多い「Pandora」、中国系のサイトとして重大な存在感のある「Miomio」「BiliBili」、動画ファイルをアップロードできてシェアする「openload」。これらを欠点をあげつつも自己責任で使用を促すような紹介サイトもありますが、その手に騙されてはいけません。その違法ページの検索リンクを掲載しているサイトは無責任ですので、関わらない方がいいでしょう。

『クーデター』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月17日時点での『クーデター』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『クーデター』をさらに知る

海外赴任先でクーデターに巻き込まれた男のサバイバルを、オーウェン・ウィルソン&ピアース・ブロスナン共演で描いたスリラー。製作総指揮はゲイリー・マイケル・ウォルターズ、ジェフリー・ストット、アンドリュー・フェッファー、スティーブ・アレクサンダー。東南アジアの某国に支援事業のために妻と2人の娘を連れてやってきたジャックは慣れない新天地に期待と不安でいっぱいだった。何をすればいいのかもわからないが、時間をゆっくりかければ慣れていけるはず。しかし、到着した翌朝に国を転覆する大規模なクーデターが発生。政府の重役は殺害され、政府と外国人をターゲットにした容赦ない殺戮が始まる。地獄のような秩序のない世界となったことで、言葉も通じず土地勘も全くない異国で、ジャックは必死で家族を守りながらその場をしのぐために逃走。どうやってこの地獄から抜け出せるのか、それはわからない。今は生き抜くのに必死。その途中、危機一髪のところを謎の旅行者ハモンドに助けられたジャックは、敵か味方かわからないハモンドに先導されながら明日のために逃げ続けるが…。

★スタッフ
監督:ジョン・エリック・ドゥードル
脚本:ジョン・エリック・ドゥードル、ドリュー・ドゥードル
撮影:レオ・アンスタン
音楽:マルコ・ベルトラミ、バック・サンダース

★キャスト
オーウェン・ウィルソン、レイク・ベル、スターリング・ジェリンズ、クレア・ギア、ピアース・ブロスナン

★『クーデター』の評価

IMDbRTMETA
6.846%??
映画comY!FM
3.4???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『クーデター』の感想

●無料ホームシアター 
普通の家族が赴任先の架空のアジアの国で外国人を狙った殺戮の対象になるという話。といっても嘘っぽいスリラーではありません。タイトルのとおりクーデターが起こってしまいます。当然、平穏だった街は大混乱、行政は停止、国交もマヒ、人々は暴徒化し、無法地帯に。正直、こんなことが絶対にあるわけがないと全否定できないが恐怖です。こうなってしまったら実際どうすればいいのでしょうか。マニュアルなんてないし、考えたくもないですね。
●FILMAGA 
言葉もわからない国であんなことに巻き込まれたらと思うともう恐怖しかないです。事が起こってからのずっと持続する緊迫感。もう勘弁してくれという殺気が街を覆い尽くす感じ。私はクーデターに巻き込まれたことがないので、これがリアルかどうかは見当つかないですが、とにかく恐ろしいことは伝わってきました。人間はこういう極限状態でこそ、その本質が問われますね。敵も味方もわからない状態で、誰を信じるかとか、悪に染まるかとか。
●ユナイテッドシネマ 
先が見えないので、最後までハラハラドキドキしっぱなし。主人公の家族は地獄のような状況でなんとか生きようと必死。決してスマートな行動ばかりではなく、失敗も多い。それでも危機から脱しようとします。こういう映画を見て、この家族とか人の言動にイチイチいらつくような人は絶対にクーデターで生き残れないんだろうなということがわかりますよね。そんな奴が映画に出てきたら、間違いなく「あ、こいつ死ぬな」ってなりますから。