ダーク・プレイス / Dark Places

シャーリーズ・セロンが熱演する本格ミステリー

映画『ダーク・プレイス』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ダーク・プレイス』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:Dark Places(「ダークプレイス」) / 製作:イギリス・フランス・アメリカ(2015年) / 日本公開:2016年6月24日 / 113分 / 制作:Exclusive Media Group / 配給:ファントム・フィルム 

映画『ダークプレイス』本予告

(C)2014 DAMSELFISH HOLDINGS,LLC ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】字幕or吹替
VOD2【Hulu】サブスク動画
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ダーク・プレイス』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

予測できない結末を!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスをミステリアスに描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなスリル満載の謎解きエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。同類のジャンル映画を検索することも可能で、なかなかレンタル店でDVDを借りる時間がとれない人でも便利。スマホ、パソコン、タブレット、テレビ、ゲーム機器と自由自在にスタイルを変更できます。

「無料」は全て初心者のため!
ニッコリできる情報はまだまだあります。こんな感激コースはどうですか。無料のお試しトライアルの入り口です。これは初めてのユーザーにとっての優遇サプライズであり、一定期間に限って通常の月額料が発生しないものです。そのためお目当ての動画をここぞとばかりに見れます。「そんな夢心地になれるような動画漬けなんてあり得ない」そう思っても案外初めてみるとドハマりするもので、休日はひたすら映画やドラマを見ているという人も普通に大勢います。

最悪はすぐそこに…
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「ダーク・プレイス」の鑑賞はダメです。「被害なんて実際に起こっているの?」と信じない人もいるかもしれません。もちろん統計的な数値として浮かび上がるほどの具体性はないでしょうが、問題は着実にネット社会からリアルを蝕んでいます。被害報告すら上げづらいことも。危ないだけのリスキーなウェブサイトを継続使用でもすれば、あなたの立場がどんどん危うくなるだけで、有害です。

どれを選べばいい?
新作をどこよりも充実させていますということを売りにしているものもあるので、世間の流行にも乗っかっていけるでしょう。しかしながら、厄介というか面倒な一面もあって、VODは幸か不幸か数が多く、どれが自分にとってのジャストマッチなのか判別しにくいです。配信作品だって変わってしまいます。「ダーク・プレイス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。うんともすんとも動かない鈍い情報サイトとは違い、表示速度も速く、内容も更新されていくので、新しめの情報を得やすいのが売りです。まだ登録はしたくないという人でも配信確認は未登録状態でも可能なので、まずはサービスサイトにアクセスして検索チェックすればいいでしょう。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。「ダーク・プレイス」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

邪魔な広告は無し!
大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくスムーズに閲覧がしたいユーザーの気持ちを逆なでする酷いものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「ダーク・プレイス」視聴を妨げません。問題視されて業界事業者が「良くない」として排除している広告というものがあります。どれもユーザーエクスペリエンスを減退し、満足度を損傷させるものばかりであり、本サイトでもそんな広告とは関わりを断っています。

動画はフルの方がいい
動画はフルでウォッチするのは当然の権利、いやそうでないならこっちからお断りでしょうか。シーンカットは結構行われていることが多く、ディレクター編集版などで追加されたりすると複数のバージョンが混在することもあってややこしいです。しかし、VODならば「嘘、このシーンを飛ばしていたの?」という恥ずかしい経験をせずに済みます。フル動画という点では容量制限もないネットは怖いものなしです。「ダーク・プレイス」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

その動画サイトは使える?
「ダーク・プレイス」をどうしても無料で見たいからといって検索しまくった人。動画サイトは無限にあります。割と有名な「dailymotion」、知っている人にはなじみのある「Pandora」、日本人には親近感もある「BiliBili」「Miomio」、ビックサイズの動画がゴロゴロ存在している「openload」。こういうサイトを推薦する人もいますが信用はできません。なぜなら違法性が高いからです。管理もろくにされていません。知らず知らずのうちに手を真っ黒に汚すことになるので、健全クリーンな立場でいたいならばそんな誘導に乗らないように。

『ダーク・プレイス』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月3日時点での『ダーク・プレイス』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『ダーク・プレイス』をさらに知る

『ゴーン・ガール』の原作者ギリアン・フリンの小説「冥闇」を、シャーリーズ・セロン&ニコラス・ホルトの再共演で映画化。製作総指揮にはピーター・サフラン、ジンジャー・スレッジ、ジリアン・ロングネッカー、トビン・アームブラストなどが名を連ねる。1985年、カンザスの田舎町で母親とその娘2人が惨殺される事件が発生。生き残った8歳の末娘リビーの証言により15歳の兄ベンが逮捕され、ベンは有罪が確定して終身刑を言い渡された。それはショッキングな事件として世間に知れ渡った。全米から注目を浴びた狂気の事件のせいで親戚の家を転々とすることになったリビーは、やがて他者と距離をおき、自嘲的で無気力な人間になっていく。もはや何かを信用することもできない。そして時は流れ、リビーが31歳になったある日、有名事件の真相を語り合う一風変わった「殺人クラブ」からの招待状が届く。普段ならば興味はないので無視するのだが、生活費に困っていたリビーはやむなく謝礼金を目当てにそこにおもむき、相手をすることにする。これまで決して振り返ろうとしなかった忌まわしい事件の真相を闇から暴くように探りはじめる。

★スタッフ
監督:ジル・パケ=ブレネール(関連作品:『サラの鍵』)
脚本:ジル・パケ=ブレネール
撮影:バリー・アクロイド
音楽:BT、グレゴリー・トリッピ

★キャスト(キャラクター)
シャーリーズ・セロン(リビー・デイ)、ニコラス・ホルト(ライル)、クロエ・グレース・モレッツ(若き日のディオンドラ)、クリスティーナ・ヘンドリックス(パティ・デイ)、コリー・ストール(ベン・デイ)、タイ・シェリダン(若き日のベン)

★『ダーク・プレイス』の評価

IMDbRTMETA
6.224%??
映画comY!FM
3.1???3.2
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ダーク・プレイス』の感想

●無料ホームシアター 
題材は面白いけどスッキリしない。ミステリーとしてはかなりダークで陰湿。事件の真相を探っていくという展開の割に、衝撃のラスト!とか、そういうハラハラする展開になっていないのは個人的には好感が持てる。そういう作品はたくさん見てきているし。過去に囚われてる主人公がやっと自分の人生を歩き出すラストは、無難でありながらも、前を向いている感じで良かった。ただでさえ暗い作品なので一筋の光が印象的でとてもいいと思います。
●FILMAGA 
「殺人クラブ」という過去の大事件の真相究明をする団体があまり役に立たないのがちょっと残念だが、陰惨な事件の真相がドロリと現れるのがゾワゾワする。愛ゆえのボタンのかけ違えが切ないし、歪んだ人間が単に倒されて解決みたいな安直なハッピーエンドなんてありえないのはわかっている。でもどこかで救いが欲しかった。その気持ちがこの事件を生んだのだとしたら、本当に虚しい。過去と現在が交錯する大人のミステリーに酔いしれた。