レッド・ドーン / Red Dawn

北朝鮮、アメリカ全土占領

映画『レッド・ドーン』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『レッド・ドーン』を見るなら動画リンクをチェック。

1984年製作のジョン・ミリアス監督、パトリック・スウェイジ主演による戦争アクション「若き勇者たち」を、クリス・ヘムズワース主演でリメイク。製作総指揮はビンセント・ニューマン、ケビン・ハロラン。製作はボー・フリン、トリップ・ビンソン。平穏が何の前触れもなく終わりを告げた。ある日突然、北朝鮮の侵略を受けたアメリカは、なすすべもなく自分たちの家も土地も敵に占領されてしまう。日常は消し飛び、常にリスクに追われるという緊迫した事態となる。からくも敵の手を逃れた若者たちは、愛する家族や大切な人を守り、愛すべき祖国を取り戻すため、必死に抵抗するレジスタンスとして武器を手に立ち上がるが…。

原題:Red Dawn(「レッドドーン」) / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開:2013年10月5日 / 96分 / 制作: / 配給:クロックワークス 

映画『レッド・ドーン』予告編

(C)2012 UNITED ARTISTS PRODUCTION FINANCE LLC. ALL RIGHTS RESERVED. RED DAWN IS A TRADEMARK OF METRO-GOLDWYN-MAYER-STUDIOS INC. AND USED WITH PERMISSION. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
Hulu ▼Hulu(2週間)
 今すぐ見る ⇒ VOD2
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『レッド・ドーン』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

特別な設定で架空の歴史を描いていく空想フィクション・ヒストリーはそれだけの好奇心をくすぐられます。そんなスリル満載のエンターテインメントをフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのも方法としてはベターですが、スマホ世代ならばネット配信は非常に利便性が高いです。ウェブサイトにアクセスするか、アプリをインストールするだけでOKという手軽さが多くの人に支持されています。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。これは初めてのユーザーにとっての優遇サプライズであり、一定期間に限って通常の月額料が発生しないものです。そのためお目当ての動画をここぞとばかりに見れます。「料金もなしに無料で動画を見るって合法的なの?」という当然の問いかけもあるでしょうが、これは公式提供なので自信をもって推奨することができます。動画は手招きしてあなたを呼んでいます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。リターンさえあれば利用したくなるかもしれませんが、利益どころか骨の髄まで害を与える、マイナス100%の有害性です。あまりそれで損害を受けたという体験談を聞かないかもしれませんが、それは人には言えないためであり、実際は発生しています。あとで取り返しのつかない事態に四苦八苦するくらいなら、初めから一切関わらない方が断然良いでしょう。

「次々と更新される怒涛の映画情報を見ていたら、VODに今から手を出したい!」そんな抑えられない衝動も納得。あとはスムーズに登録してウォッチング!と言いたいところですが、「どれだったら私の観たいと思っている映画が扱われているの?」という疑問が依然として消えていません。「レッド・ドーン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは視聴可能なVODをこのページで要チェック。いきなり何も考えずに登録するよりも、まずはおおまかな配信状態を認識しておくと「しまった!」と後悔する事態を回避できます。モニタリングしているVODは多彩で、あの国内外のモノから、知名度の低いマニア向けのモノまで、オール取り扱い済み。家にいながら安心して無料ホームシアター的な体験ができる、これ以上の嬉しさはありません。映画三昧な贅沢空間を構築しましょう。

外国の映画を見るうえでの、こだわりポイントになるのが「字幕or吹替」論争。「字幕だったら本来の俳優のセリフも聞けるし、残念な吹替リスクがないので、一番安定している!」「いや、吹替は独自の面白さがあるし、字幕は目で追いかけるのが大変で、字幕だって変な翻訳になっていることもあるから」そんな議論が盛り上がるものです。VODは双方を選択可能な作品も存在するので、DVDやブルーレイ派の人でも同様の体験ができてフレッシュな「レッド・ドーン」の面白さの発見につながるかもしれません。

言うまでもなく公正な動画サービスを使うべきですが、中にはそれ以外で合法性をともなって動画を無料で視聴可能な事例があります。これは制限されるもので、その対象は昔の作品のいくつかです。具体的にはその映画がパブリックドメインという扱いになっている必要があります。これは法的な知的財産権が存在せず、今は誰の管理下にもない作品であり、ゆえに著作権切れとして扱われます。なので格安DVDが販売されていたりしますが、ネット上でも法律を守るかたちでそのままアップされているものがあるのです。

『レッド・ドーン』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『レッド・ドーン』をさらに知る

★スタッフ
監督:ダン・ブラッドリー
脚本:カール・エルスワース、ジェレミー・パスモア
撮影:ミッチェル・アムンドセン
音楽:ラミン・ジャワディ

★キャスト(キャラクター)
クリス・ヘムズワース(ジェド・エッカート)、ジョシュ・ペック(マック・エッカート)、ジョシュ・ハッチャーソン(ロバート・キットナー)、エイドリアン・パリッキ(トニ・ウォルシュ)、イザベル・ルーカス(エリカ・マーティ)、コナー・クルーズ(ダリル・ジェンキンス)、エドウィン・ホッジ(ダニー)、ブレット・カレン(トム・エッカート)、アリッサ・ディアス(ジュリー)、ジュリアン・アルカラス(グレッグ)、ジェフリー・ディーン・モーガン(タナー)

★『レッド・ドーン』の評価

IMDbRTMETA
5.414%??
映画comY!FM
2.6???2.8
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『レッド・ドーン』の感想

●無料動画ワールドシアター
代々アメリカは映画の中でありえない物と戦ってきた。例えばゾンビの大群、自我を持ったロボット、エイリアン、宇宙ナチスなんかと。しかし今作はそのありえない物を逆手にとっている。絶対勝てるはずの無い敵に勝つのではなく、絶対負けるはずの無い敵に負けたという逆トンデモ設定だ。なかなかユニークで面白かった。これは北朝鮮の某トップもにっこりじゃないか。この映画を編集して都合のいい映像だけをつなげて国民に見せているのではないか。
●FILMAGA 
北朝鮮がアメリカを占領するという前代未聞の設定のもと、自分の大切な人々を守り祖国と自由を取り戻すため、強大な敵との戦いに挑む若者たちの姿を描いたサバイバル・アクション作品。B級感溢れるおバカ設定が素晴らしく、ツッコミ所満載の内容と無理矢理感が楽しめる良作でした。北朝鮮による北米の制圧とか、サージ電流を引き起こす新兵器で米軍機能麻痺とかわずかな訓練で猛成長する素人集団とか、ゲラゲラ笑いながら見ましょうね。
●TOHOシネマズ 
日本では「北朝鮮、アメリカ全土占領」と宣伝コピーが問題視され、かなり媒体が広告掲載を見送ったとのこと。なんか最初から気持ちで負けてる日本は大丈夫なんでしょうか。いっそのこと映画で笑いに変えてもいいのに。ラストシーンいい感じで火種は消えないスピリット出しても、この作品はシリアスになりきれていない。だって自爆しているのは他でもないこの映画なのだから。レッド・ドーンに沈んでいく、本作の雄姿を見届けて敬礼!