ねことじいちゃん(2019)

猫と人、愛の詰まった物語

映画『ねことじいちゃん』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ねことじいちゃん』を見るなら動画リンクをチェック。

世界的に知られる動物写真家・岩合光昭が初めて映画監督に挑み、ねこまき原作の同名コミックを落語家の立川志の輔主演で実写映画化したヒューマンドラマ。エグゼクティブプロデューサーは藤本款、プロデューサーは深瀬和美、永井拓郎、中島裕作。とある小さな島に住む70歳の大吉は、2年前に妻に先立たれて以来、隣にいるのは飼い猫のタマであり、2人きりで決して賑やかではない世界で暮らしている。猫であっても素直な気持ちで言えば、ほとんど人と変わりない。生まれ育ったこの島には幼なじみの巌をはじめ多くの友人や猫がおり、贅沢ではないにしても穏やかな日常が流れていた。そのライフスタイルを邪魔するものはどこにもない。東京で暮らす息子・剛はひとり暮らしの父を心配しているが、大吉もタマも自由気ままな現在の生活にこれ以上ないほど満足している。一切そんな不安は気にしていない。しかし、親しい友人の死や大吉自身の身体の不調など、ずっと続くと思っていた日常に少しずつ避けられない変化が訪れはじめ…。

原題:ねことじいちゃん / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年2月22日 / 103分 / 制作: / 配給:クロックワークス 

『ねことじいちゃん』予告編 2月22日公開

(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ねことじいちゃん』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

さまざまな葛藤や苦悩を抱えつつも癒されるアットホームな映像で観客をヒーリングする映画はそれだけで見ごたえがあります。そんな温かいドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信ならば同様の気になる作品を関連させて検索することもできます。事前に視聴しておくのも良いですし、後で鑑賞するのも体験を深めます。まだ使っていないという人も最初の入り口を通るのは簡単です。

100作品を観ても無料なんてことがあるのでしょうか。はい、あり得ます。それが嬉しい無料トライアルなのです。「登録してみたはいいものの、いざ使ってみると自分のパソコンでは上手く利用できずに困った」そういう事態を防ぐためにも、無料お試しは石橋を叩いて渡るように使えます。「有料動画を無料にするなんて都合が良すぎる」という疑惑は捨て去りましょう。繰り返しますがこれは公式サービス。映画会社の提供でお贈りされる、誰にでも胸を張れる真のリーガルな視聴手段なのです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。「それはあくまでオーバーな言い方であって本当は気をつければいいだけでは?」そんな油断が危うい落とし穴に引き込まれます。カメラが乗っ取られて盗撮されたという事例から、メールアカウント流出で大量情報漏れという事例まで何でも起こりえます。これは全員の意見が一致するところだと思いますが、どんなに見たい動画でもそれで自分に大損害が生じたら心底嫌でしょう。

そういえばあの話題作はどうなったのかなどと思っているうちにDVDよりも早くネット配信されている場合もあります。ところがそうは上手くいかないのが、配信の作品リストで、実は各社によってかなりバラつきがあり、しかもガンガンと日の経過によって揺れ動くので全体把握は相当に骨が折れます。「ねことじいちゃん」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの盛沢山なページに載っている配信情報は更新日の時点のものです。なのであなたの閲覧時では変わっていることがあります。更新の日付を記載済みなので1年以上前など古すぎないか注視です。モニタリングしているVODは多彩で、あの国内外のモノから、知名度の低いマニア向けのモノまで、オール取り扱い済み。なお、今この瞬間の配信まではさすがにリアルタイム反映不可なので、かならず公式サイト上でラストチェックをお忘れなく。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、全く知ることはできないわけではありません。サービスによりけりですが、作品ページ内に日時が掲載されていることがありますが、かなり目立たないですし、そもそもこれは予定日であり、必ず正確にそのとおりになるとも限りません。つまり、今日の配信は今日にチェックしないと断定はできないのが結論です。「ねことじいちゃん」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

大手ではないサイトでは、急に広告バナーが大画面で表示されたり、リンクをクリックすると全く関連性のない怪しいページが別タブで開いたり、とにかくイライラさせるだけの不愉快極まりない経験を与える最低なものもあり、腹の立つ思いをした人もいるでしょう。その点、フルムビバースは安心安全をモットーに、「ねことじいちゃん」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

『ねことじいちゃん』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月15日時点での『ねことじいちゃん』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「auビデオパス」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ねことじいちゃん』をさらに知る

★スタッフ
監督:岩合光昭
脚本:坪田文
撮影:石垣求
音楽:安川午朗

★キャスト(キャラクター)
立川志の輔(大吉)、柴咲コウ(美智子)、柄本佑(若村健太郎)、銀粉蝶(サチ)、山中崇(剛)、葉山奨之(内村聡)、田根楽子、小林トシ江、片山友希、立石ケン、中村鴈治郎、田中裕子(よしえ)、小林薫(巌)

★インタビュー
・岩合光昭監督「島の猫ですと、猫探しから始めなければならなくなります。時間の制約もあり、60人のスタッフが動いていますので、プロの猫に出てもらうしかないと。その中で、砂浜でおばあちゃんと一緒にいるのが唯一島の猫です」

★『ねことじいちゃん』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ねことじいちゃん』の感想

●無料ホームシアター 
猫好きにはたまらない1本。ニャーニュー鳴いているだけの作品でもないし、ストーリーとしても猫好きには納得の展開がちゃんと待っている。さすが岩合さんと唸るしかなかった。プロフェッショナルの仕事です。猫ばかりに目線がいきますが、出演されている俳優さんもベテラン揃いで派手な演技ではありませんが、みなさん猫と一緒に光っていました。こうやって美しく動物と人を撮れるプロは本当に良い。SNSに氾濫する猫写真とは大違いです。
●シネマトゥデイ 
島のお年寄りたちも問題を抱えながらも楽しそうに生活しているなかで、アンド猫。「世界ネコ歩き」の世界をそのままで人間を加えたようなとてもステキな作品になっているから、ほっこり度合いが絶妙。映画の中の人たちはみんな常にどこに行くにも猫と一緒にいて離れることがないので、映画を見ながらなんで私の膝の上には今猫がいないの?と本気で思うくらい寂しくなってきた。猫を飼育している人の家に直行するしかないと思う。
●DAILYMOTION 
猫の映像は期待通りの岩合マジック。魔法のように猫の魅力が100倍に膨れ上がる。猫シーンはどこを切り取ってもポストカードになりそうな完全なビジュアルで美しさと猫の自然体な魅力が表現されていて流石。島のお年寄りたちが外からやって来た、もこもこの新しいエネルギーに触発されて生き生きと輝き出すというのは最近よくあるネタで目新しさは正直に言えば無いけども、それだけに鉄板というか泣けてしまうから人間の悲しい性だ。