誰も知らない Nobody Knows

生きているのは、おとなだけですか

映画『誰も知らない Nobody Knows』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしており、無駄に多い広告に妨害されたりはしません。
今すぐ『誰も知らない Nobody Knows』を見るなら動画リンクをチェック。

世界的に高く評価される是枝裕和監督が手がけ、長男役を演じた柳楽優弥が第57回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した、社会の片隅で暮らす姿を切実に描いたドラマ。これはこの子どもたちにとっての最大の人生の限界だった。都内の2DKのアパートで大好きな母親と幸せに暮らす4人の兄妹。しかし、そこには少し異なる事情があった。彼らの父親はみな別々で、最初から学校にも通ったことがなく、3人の妹弟の存在は大家にも知らされていなかった。つまり、社会的には存在しないも同然の誰も知らない子どもだった。影の存在としてひっそり生きる人生。ある日、母親はわずかな現金と短いメモを残し、兄に妹弟の世話を託して家を出る。完全に助けは消えた。この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちだけの漂流生活が始まる…。

原題:誰も知らない / 製作:日本(2004年) / 日本公開:2004年8月7日 / 141分 / 制作: / 配給:シネカノン 

『誰も知らない』予告編  ビデックスJPで配信中!

(C)2004 「誰も知らない」製作委員会 All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『誰も知らない Nobody Knows』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

心が震えるドラマがある!
いろいろな悩みを抱えながら日々の暮らしとともに人間関係を深めていくリアリティのあるヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも動画をスピーディに視聴できます。アンケート調査によれば6人に1人が利用しているというデータもあり、なかなか映画館に行かない人ほどオススメできるサービスです。

「無料」で感謝!
実際のユーザーから聞かれる最も好意的な意見は「無料体験が本当に動画も見れるし、便利だった」というものです。普通はお金がかかるのでクレカでの引き落としが発生するものです。でもこの特典体験によって一部期間は無料が確保されるので、その間は見たい配信中動画を好きなように視聴できるのです。「一部だけでなくフルで動画を見られないと意味ないけど」全くもってそのとおり。ビデオオンデマンドは動画のお試し視聴といっても、冒頭だけみたいなことはしていません。全編を余すことなく見られます。「誰も知らない」も配信中。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。それで「誰も知らない」の再生はダメです。「被害なんて実際に起こっているの?」と信じない人もいるかもしれません。もちろん統計的な数値として浮かび上がるほどの具体性はないでしょうが、問題は着実にネット社会からリアルを蝕んでいます。被害報告すら上げづらいことも。「私は高いお金を払ってセキュリティ対策ソフトを導入している」そんな豪語もこの手の不正サイトにはあまり通用しません。

迷ったときは?
今はDVDやブルーレイなどのディスクよりもデジタル・レンタルやセル販売の方がいち早く見られたりします。ただし「これは見逃せない!」とすぐさま登録に手を出す前に、1回、熟慮する事項があります。それは今の時点で配信しているのかという重要な点です。「誰も知らない」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。こちらの作品情報ページに掲載中の配信アイコンはいつの時期の状態を示すのかというと、上部に記載している記事更新日時点のものです。さすがにリアルタイムでシンクロはできないのでご了承ください。よくありがちなVODを紹介するサイトでは、基本的に一部のサービスを案内するだけで終わってしまうので情報が古いです。家にいながら安心して無料ホームシアター的な体験ができる、これ以上の嬉しさはありません。映画三昧な贅沢空間を構築しましょう。

お試し無料はいつまで?
絶対に記憶必須なのが無料お試し期間がどれくらいなのかというタイムスケール。例として、登録した日から1か月という場合と、登録した日の月の月末という場合があり、これは似て非なる全く別のものです。後者であれば上手く登録日を考えないと最悪2~3日ということになりかねないので、大事な無料体験期間が無意味に大幅に減って「柳楽優弥」を堪能する前に幕が閉じるかも。つまりカレンダーとにらめっこしないといけないのです。「あ~今日は時間がないし、明日は買い物だし、明後日は友人と用事があるし…」とか言っていると終わります。

邪魔な広告は無し!
小規模サイトや個人サイトレベルのものの中には、急に広告が全体に表示されたり、勝手に別ページにリダイレクトされたり、怪しい挙動をするものが多々あり、それらはたいていは不正ウェブサイトへの誘導です。不愉快極まりない経験であり、可能であれば避けたいところ。本サイトではオールクリーンを最優先に、「誰も知らない」視聴を妨げません。業界団体が定めた決まりに準拠していないユーザーのウェブサーフィングを妨げる不快で悪質な広告は一切利用していません。そのため他サイトと比べて明らかに広告も少なくスッキリしています。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。「誰も知らない」鑑賞完了後に解約もアリ。解約自体の制限はなく、無料期間内でも自由気ままに各個人のやめたいときにやめられるというのが魅力になっています。世間ではそういう退会に関するトラブルが多発するサービスもあり、いろいろな苦情のものになりがちですが、VODは基本は安心です。注意してほしいのは必ず公式からの登録にするということ。プロバイダなど他サービスとの付属で利用登録するのはあまりオススメできません。その際は契約状況が複雑になるので自分で思わぬ状態に混乱しがちです。

高評価作品は観る価値あり
闇雲に映画を漁るのもそれはそれで宝探しのようでワクワクしてきますが、最小の労力で可能な限り高評価の映画を観ていくのも良いものです。駄作に出会ってガッカリということも避けられますし、何よりもレベルの高い作品を見ることで鑑賞眼も鍛えられます。目安となるのは「アカデミー賞」など著名な映画賞を受賞した作品、もしくは適正なレビュワーによってランクされた作品をチョイスしていくことです。「誰も知らない」ももしかしたら? 話題作だけでない、文化的・芸術的・社会的に価値のある映画に触れることで新しい扉が開けます。

『誰も知らない』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年10月19日時点での『誰も知らない Nobody Knows』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」です。

▼『誰も知らない Nobody Knows』をさらに知る

★スタッフ
監督:是枝裕和(関連作品:『DISTANCE』)
脚本:是枝裕和
撮影:山崎裕
音楽:ゴンチチ

★キャスト(キャラクター)
柳楽優弥(明)、北浦愛(京子)、木村飛影(茂)、清水萌々子(ゆき)、韓英恵、YOU、串田和美、岡元夕紀子、平泉成、加瀬亮、タテタカコ、木村祐一、遠藤憲一、寺島進

★『誰も知らない Nobody Knows』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
3.8???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『誰も知らない Nobody Knows』の受賞
第57回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で男優賞を受賞。

★『誰も知らない Nobody Knows』の感想

●無料ホームシアター 
食料を調達し、料理し、洗濯して…毎日が永遠と続く。兄妹たちは親がいなくても必死に生きていこうとする。まだ幼くて人生に意味付けなどしないだろうから、余計にその姿が際立って刺さる。水道が止められたら公園の水を使う、限られた生活費がなくなったら、父親たちにねだる、自分も働けないか聞いてみる、母の服を売ろうとする。特に明が次々に問題を解決しようと苦しむ、それを淡々と行っているだけに胸に迫ってきて辛さもにじむ一作。
●FILMAGA 
自分の常識が壊れていく。自由に外出できること、学校で国語や算数を学べること、清潔な家とあたたかい寝床があること、栄養のある食事が摂れること、病気になれば病院に行けること、家族が揃って暮らせること、そして何より両親の最大の関心が自分や兄や妹であることは、私にとって当たり前のこと。でもそれを享受できない人がいる。日本にもいっぱいいる。どうしてもそれを黙殺する人たちがいるが、この映画はそれを許しはしない。
●DAILYMOTION 
ここまで人の生活を映画の中で組み込んで表現できるとは。繊細すぎてちょっと疲れるほどにリアル。でもただの映像集ではない。そこに物語がある。明が服の臭いを気にする描写は紗希へのほのかな恋慕を伝えるし、ゆきが商店街で目につくものすべてを口に出して言う姿に、外の世界に出た新鮮な興奮が読み取れるのである。生きているのだ、登場人物たちは。フレームの外で何かが起こることが多く、ささやかな生活音も大事に聞いていきたい。