岬の兄妹(2018)

批評家称賛、歪な兄妹の生きる姿

映画『岬の兄妹』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『岬の兄妹』を見るなら動画リンクをチェック。

ポン・ジュノ監督作品や山下敦弘監督作品などで助監督を務めた片山慎三の初長編監督作。助監督には藤井琢也、斎藤和裕、岡部哲也、白石桃香などが名を連ねる。ある港町で自閉症の妹・真理子とふたり暮らしをしている良夫。仕事を解雇されて生きるために必須の生活基盤を失い、困り果てた良夫は真理子に売春をさせて生計を立てようとする。それは倫理的にはアウトな行為だが、人生のためならと、その善悪は曖昧になっていく。良夫は金銭のために男に妹の身体を斡旋する行為に心の奥では罪の意識を感じながらも、感情は変移する。これまで知ることがなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れることで、言葉にはできない複雑な心境にいたる。どうすることもできないので、ただ流されるだけ。そんな中、妹の心と体には少しずつ変化が起き始め…。

原題:岬の兄妹 / 製作:日本(2018年) / 日本公開:2019年3月1日 / 89分 / 制作: / 配給:プレシディオ 

映画『岬の兄妹』特報予告【2019年3月1日(金)全国公開】

(C)SHINZO KATAYAMA


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『岬の兄妹』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

いろいろな悩みを抱えながら常識を使わずに独自の手段で人間関係を深めていくヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信はマイナー作品でも取り扱っていることが多いので、劇場で見逃しても事前にチェックを忘れなければ最速で鑑賞も夢ではありません。レンタルでもいいですし、セルで購入もできたりするものもあります。動画を見るのに躊躇う理由もありません。

「無料ではなく有料だしね…」そんな財布のひもが固い人にも、気持ちを緩めてくれるのがお試しの刺激的な誘惑です。「登録してみたはいいものの、いざ使ってみると自分のパソコンでは上手く利用できずに困った」そういう事態を防ぐためにも、無料お試しは石橋を叩いて渡るように使えます。「どうしても登録しないとダメですか?」そういう声もありますが、初めての人は登録作業が求められますが、難しくはなく、1分もしないで完了します。あとは自分との相性を確認するのみ。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あなたがもしそのようなウェブサイトで動画を観れたとしても、その裏では予期せぬ企みが進んでいます。モニタリングしてみるとわかりますがCPUを大量に消費するプログラムが動作していることが確認でき、当然のようにそれは機器の負荷となって故障の原因にもなります。危ないだけのリスキーなウェブサイトを継続使用でもすれば、あなたの立場がどんどん危うくなるだけで、有害です。

3か月か半年くらい経てば新作もネット配信されるようなインスタントな時代になってきましたので、行動あるのみです。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「岬の兄妹」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サポート向けに作られたこのページでは視聴可能性の高いVODをピックアップ。掲載情報がゴチャゴチャしていることはなく、アイコンですぐにわかるようになっているので、無駄な時間を浪費しません。世の中にはサイトなど何億何兆とありますが、このフルムビバースは安全かつ対等な動画紹介に特化しており、どんなユーザーも不正広告等には導いたりはしません。思いがけない幸せというのは、狙っていた欲しいものが手に入るよりも満足度があったりします。VODだって奇跡の出会いを果たす場になるかも。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、全く知ることはできないわけではありません。サービスによりけりですが、作品ページ内に日時が掲載されていることがありますが、かなり目立たないですし、そもそもこれは予定日であり、必ず正確にそのとおりになるとも限りません。つまり、今日の配信は今日にチェックしないと断定はできないのが結論です。「岬の兄妹」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

小規模サイトや個人サイトレベルのものの中には、急に広告が全体に表示されたり、勝手に別ページにリダイレクトされたり、怪しい挙動をするものが多々あり、それらはたいていは不正ウェブサイトへの誘導です。不愉快極まりない経験であり、可能であれば避けたいところ。本サイトではオールクリーンを最優先に、「岬の兄妹」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

『岬の兄妹』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『岬の兄妹』をさらに知る

★スタッフ
監督:片山慎三
脚本:片山慎三
撮影:池田直矢、春木康輔
音楽:高位妃楊子

★キャスト(キャラクター)
松浦祐也(道原良夫)、和田光沙(道原真理子)、北山雅康(溝口肇)、中村祐太郎、岩谷健司、時任亜弓、ナガセケイ、松澤匠、芹澤興人、杉本安生、松本優夏、荒木次元、平田敬士、平岩輝海、日向峻彬、馬渕将太、保中良介、中園大雅、奥村アキラ、日方想、萱裕輔、中園さくら、春園幸宏、佐土原正紀、土田成明、谷口正浩、山本雅弘

★『岬の兄妹』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.1???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『岬の兄妹』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
足の悪い兄と自閉症の妹。二人とも平常の世界を生きる術を持っていない。閉鎖された岬の町で、生きるために妹に売春をさせて生きる兄妹の行い。1時間半、スクリーンには目を逸らしたくなるものしか映らない。しかし逸らしてはいけないというジレンマ。それが本作のメッセージか。正しく生きるってなんだろうか。生きることは言葉で潔く表現できるほど単純ではなく、誰かの正しいと正しくない、この二者が幾重にも折り重なって息をしているのだ。
●FILMAGA 
善悪は一旦捨ててほしい。見ていて辛いが、拒絶になるほど不幸のどん底に叩き落とす手前の救いはキャスティングの愛嬌というか、佇まいや面構えというか、俳優達の人間力な部分は影響として大きかったのではないだろうか。だって学べることはないが、感じられる話はあるだろう。そこに逃げないのは凄い。道徳では描けないものを描くのが映画だとしたらこれは名作だ。こう言う題材を映画にした監督に拍手。近年はこういう攻めた映画がない。
●MOVIX 
やられましたよ、このストーリーに、演出に。ラストは観る人が選択できるような多次元的な解釈を許すトリックアート的な絵で終わり、ここに1番のセンスを感じました。普通の「障害を持った兄妹の話」と思っていたら、ガツンとショッキングをくらって、良い意味で肩透かしをくらうと思います。演技はみんな上手い。特に和田光沙の演技は特筆すべき。舞台挨拶でのハキハキした雰囲気からは想像できない見事な障害者演技で久々に感動した。