運び屋 / The Mule

どんな人でも永遠に走れない

映画『運び屋』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『運び屋』を見るなら動画リンクをチェック。

巨匠クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた孤独な老人の姿を描いたドラマ。製作にはクリント・イーストウッド、ティム・ムーア、クリスティーナ・リベラ、ジェシカ・マイヤーなどが名を連ねる。家族をないがしろにしながら自分の仕事一筋で生きてきたアール・ストーンだったが、成功することもなく金も枯渇して、孤独な90歳の老人になっていた。このままただ年寄りとして沈黙していくのだろうか。商売に失敗して自宅も差し押さえられたことで、いよいよ途方に暮れていたとき、車の運転さえすればいいというシンプルな仕事を持ちかけられたアールは、安易に手を出してしまう。年老いた自分でも可能な簡単な仕事だと思って依頼を引き受けたが、それは思っていたものとは違った。実はその仕事は、間違いなく確実に犯罪行為であるメキシコの麻薬カルテルの運び屋だった。

原題:The Mule / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年3月8日 / 116分 / 制作:Imperative Entertainment / 配給:ワーナー・ブラザース 

映画『運び屋』特報【HD】2019年3月8日(金)公開
THE MULE (2018) | Behind the Scenes of Clint Eastwood Movie

(C)2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『運び屋 The Mule』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

様々な葛藤や苦悩を抱えている人生を生きてきた人間の真実に迫るようなドラマ性の高い作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのがオススメ。レンタル店でDVDを借りるまで待つ人でも、まずはネット配信を確認してみるのはどうでしょうか。スマホ世代だけでなくテレビ重視という人でも問題なし。もはやDVDはいらないくらいの便利さなので一度は試してみるのが良いです。

「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。「なんか自分の観たい作品が少ないな…」「私の環境だと上手く再生できない」「少し使いづらさを感じる」そういう使って初めてわかるフィット具合を判断する時間的余裕がお試しの利点です。「そんな夢心地になれるような動画漬けなんてあり得ない」そう思っても案外初めてみるとドハマりするもので、休日はひたすら映画やドラマを見ているという人も普通に大勢います。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。コンピュータを守るためのウイルスセキュリティ対策は完璧…そう考えていてもそれが意味を成さないことも。逆にそのプログラムのせいで余計に負荷がかかってしまい、ダブルで大ダメージを与えるシチュエーションもあり、何のプラスにもならないこともあります。「私は高いお金を払ってセキュリティ対策ソフトを導入している」そんな豪語もこの手の不正サイトにはあまり通用しません。

ホットな出来立てホヤホヤのニュームービーでもVODならばいち早く提供されるので待ち構える価値ありです。当サイトでは闇雲な楽観主義で紹介するのではなく、多くの人に知ってほしいアテンションとして注意事項も喚起しています。真っ先に覚えるべきは配信確認という最優先ステップです。「運び屋」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。フルムビバースの「フル」はただ動画が完結しているという意味だけではありません。安全性も含めてのフルパッケージでの紹介に専念しています。ネットだけでなく劇場の大きなシアターでも映画を鑑賞するならば、シネコンの利用がお得になるサービスをセレクトするのが最善の近道です。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。映画館だと必ず発生する「字幕派or吹替派」問題ですが、VODは基本的には用意されているなら、両方とも利用できることが多いです。意外な活用方法が英語字幕の利用であり、これを用いて外国語レッスンの教科書代わりに使っている人も。流し聴きしているだけで英語に耳が慣れます。「運び屋」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

VODをクロスチェック可能なフルムビバースでは、十数の企業が展開する各サービスを原則的に優劣をつけずにフェアに取り扱っています。類似サイトで見られる1つ2つをピックアップして推奨することはしません。なぜなら不公平ですし、何よりもどれがマッチするかはあなたしだい。勝手にそれを断定はできません。実際に使いまわすことで初めて真価がわかるかもしれません。単純に「運び屋」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

『運び屋』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『運び屋 The Mule』をさらに知る

★スタッフ
監督:クリント・イーストウッド(関連作品:『15時17分、パリ行き』)
脚本:ニック・シェンク
撮影:イブ・ベランジェ
音楽:アルトゥロ・サンドバル

★キャスト(キャラクター)
クリント・イーストウッド(アール・ストーン)、ブラッドリー・クーパー(コリン・ベイツ捜査官)、ローレンス・フィッシュバーン(主任特別捜査官)、マイケル・ペーニャ(トレビノ捜査官)、ダイアン・ウィースト(メアリー)、アンディ・ガルシア(ラトン)、イグナシオ・セリッチオ(フリオ)、アリソン・イーストウッド(アイリス)、タイッサ・ファーミガ(ジェニー)、ユージン・コルデロ(ルイス・ロカ)、ローレン・ディーン(ブラウン捜査官)、グラント・ロバーツ(DEA捜査官)、ピート・バリス(DEA地方担当官)、ロバート・ラサード(エミリオ)、ソウル・ウエソ(アンドレス)、リー・コック(突撃銃の男)、ノエル・G(ボールド・ロブ)、クリフトン・コリンズ・Jr.(グスタボ)、ダニエル・モンカダ(エドアル)、ポール・リンカーン・アラヨ(サル)

★『運び屋 The Mule』の評価

IMDbRTMETA
7.270%??
映画comY!FM
3.9???4.0
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『運び屋 The Mule』の感想
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン[映画評公式映画評書き起こし
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
人生論が詰まっていた。教科書のようだ。頑固さはあるものの、老いて惨めさを味わい、人生綺麗事ばかりではやっていけない。でも綺麗さを忘れてはいけない。生きることは何かを得ることであり、最後に映る主人公のシーンが今作を全部表している。金に女に流される主人公をイーストウッドが演じているところに、イーストウッドの新境地としての面白さもあり、静かでサイレントな絵に加えて、心はドクドクと脈打っている。凄い映画だった。
●シネマトゥデイ 
ほのぼの老人ドライブかと思ったら、だんだんと…。他人に遠慮なく口を出して「ヤレヤレ」とウザがられたり、自分勝手な行動で周りを「なんだこいつ」と混乱させる老人アールをクリント・イーストウッドがとても魅力的に顔一発で演じています。そんな自由奔放なフリーダムなアールに対して、文句を言っていた強面の人たちも彼のペースにまるで魔法のように巻き込まれ、次第に打ち解けていく感じが嫌味もなくて小気味良かったです。
●VUDU 
スマホばかり見て時間を無駄にしてる世間の代表である私にクリントイーストウッドが言う。「インターネットなんてくだらん!」もっと大切にするべきことがあるだろう、と。90歳ともなると死ぬことなんて怖くない。麻薬カルテルも敵ではない。でも、長年かかって本当に大切なものにふと気づいた時…人はやっと変われるのかもしれない。これから種を買って育てたくなる。園芸をしてみるのもいいかなと思ってしまう良作でした。