ウトヤ島、7月22日

最悪の惨劇をリアルに映像化

映画『ウトヤ島、7月22日』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ウトヤ島、7月22日』を見るなら動画リンクをチェック。

2011年7月22日にノルウェーのウトヤ島で起こった無差別銃乱射事件を、生存者の証言に基づき映画化。97分間の本編のうち、事件の発生から収束までの72分間をワンカットで描いた。製作総指揮はスタイン・B・クワエ、フィン・イェンドルム、エリック・ポッペ。2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎前で車に仕掛けられていた爆弾が爆発するというテロが起こる。しかし、それで終わりではなかった。世間が混乱する中、あまり時間もあけずしてオスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が起こり、同地でノルウェー労働党青年部のサマーキャンプに参加してた10~20代の若者たちがわけもわからぬままに犠牲になった。その惨劇は国全体にショックを与え、異常な恐怖に陥れる。犯人は32歳のノルウェー人のアンネシュ・ベーリング・ブレイビクという男で、極右思想の持ち主であるブレイビグは、政府の移民政策に不満を抱き、恐ろしいテロを単独で計画。単独でここまでの恐ろしい残酷な計画を構築し、自分の使命のように考えながら実行する。政府庁舎前の爆弾で8人、ウトヤ島の銃乱射で69人と、単独犯としては史上最多となる77人の命を奪った。

原題:Utoya 22. juli(「ウトヤ島 7月22日」) / 製作:ノルウェー(2018年) / 日本公開:2019年3月8日 / 97分 / 制作: / 配給:東京テアトル 

ウトヤ島、7月22日 本予告

(C) 2018 Paradox


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『ウトヤ島、7月22日』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

現実に起きた事件をベースにした緊迫感溢れるサスペンスはエンターテインメント娯楽とは違った重みがあって見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを利用しましょう。マイナー作品というのはどうしても映画館で見逃してしまうことも多いですが、そういう場合でもネット配信をしっかりチェックしておけば、配信と同時に一気に鑑賞することもできます。DVDの到着を待つ必要はゼロです。

元気が出るのはこの情報を知ってから。あなたは初めての方ですか? ならば1度限りの無料トライアルをお試しあれ。これは初めてのユーザーにとっての優遇サプライズであり、一定期間に限って通常の月額料が発生しないものです。そのためお目当ての動画をここぞとばかりに見れます。「そんな夢心地になれるような動画漬けなんてあり得ない」そう思っても案外初めてみるとドハマりするもので、休日はひたすら映画やドラマを見ているという人も普通に大勢います。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。コンピュータを守るためのウイルスセキュリティ対策は完璧…そう考えていてもそれが意味を成さないことも。逆にそのプログラムのせいで余計に負荷がかかってしまい、ダブルで大ダメージを与えるシチュエーションもあり、何のプラスにもならないこともあります。動画は膨大なデータ量をやりとりするからこそ、その負荷は高く、きちんと整備されたサービスでないと端末機器に害を与えます。

劇場公開したばかりの新作は即座に配信はなくとも、そこまで大きく待たせる時代でもないので、スタンバイしておきましょう。しかし、配信の作品バラエティは1日ごとにチェンジしていき(全部が丸ごと変わることは稀で、少しずつ変化していくのが基本)、現状を気づきにくいです。「ウトヤ島、7月22日」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はすんなりと解決支援できます。このページでは作品単位で配信VODが理解できるように視覚的にリストアップしています。これで確認に翻弄されることなく、比較的スムーズに登録まで流れに乗れます。単にVODのリンクを掲載しているだけでなく、視聴可能性の高いものを事前に確認できる二段階ステップを用意しているのが大きな特色です。なお、今この瞬間の配信まではさすがにリアルタイム反映不可なので、かならず公式サイト上でラストチェックをお忘れなく。

新作映画ほど思わず先走ってでも見たくなるものはないです。海外では先に公開されていたりして、羨ましい限りであり、ウズウズしてきます。そんなときは試写という方法を検討してみる価値はあるかもしれないです。無料で申し込んで運さえよければドリームが叶う。こんなことはまさに貴重な体験。ネットのオンライン試写もあったりするので、面倒だからスケジュールや場所に縛られたくない人もチャンスあり(それでも時間制限がありますが)。無料で見るのですからちゃんと宣伝にも貢献しておきましょう。「ウトヤ島、7月22日」も試写がありました。

まるでバイキングのように食べ放題感覚で満喫できるVODですが、その動画ディナーを楽しむ前に必須なのがパスワード設定です。もしかしたらかなり雑な感覚で決めている人はいませんか。それは今すぐにやめましょう。いとも簡単に悪意を持った他人に乗っ取られます。とくにパスワードを流用してしまうと、芋づる式に別のサービス不正攻撃を引き金に酷い目に遭うことになります。使い回しをせず、個別に固有の設定にしておけば盤石です。安全な「ウトヤ島、7月22日」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

『ウトヤ島、7月22日』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ウトヤ島、7月22日』をさらに知る

★スタッフ
監督:エリック・ポッペ(関連作品:『ヒトラーに屈しなかった国王』)
脚本:シブ・ラジェンドラム・エリアセン、アンナ・バッヘ=ビーク
撮影:マルティン・オッテルベック

★キャスト(キャラクター)
アンドレア・バーンツェン(カヤ)、エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン(エミリエ)、ジェニ・スベネビク(オーダ)、アレクサンデル・ホルメン(マグヌス)、インゲボルグ・エネス(クリスティーネ)、ソロシュ・サダット(イッサ)、ブレーデ・フリスタット(ペッテル)、アーダ・アイド(カロリーネ)、カロリーヌ・シャウ(シグリ)、タマンナ・アグニホートリ(ハリマ)、トルケル・ドンマースネス・ソルダル(ヘルマン)、マグヌス・モエン(トビアス)、マリアンヌ・グジェルスバック(シリエ)、ダニエル・サン・トラン(エーベン)、ソルベイ・コルエン・ビルクラン(スカード・イエント)

★『ウトヤ島、7月22日』の評価

IMDbRTMETA
7.579%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『ウトヤ島、7月22日』の受賞
第68回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に出品。

★『ウトヤ島、7月22日』の感想

●無料ホームシアター 
あの日ウトヤ島で何が起きていたのかをしっかりと記憶してほしい。それは辛い。残酷だ。でも事実なのだ。凄惨なテロの現場の追体験、恐怖以外の何物でもない。恐ろしいというレベルではない。しかもこれがイレギュラーではないということも重くのしかかる。今も毎日のように世界中で対立が起きていて、いつまた極端な行動をする者が現れないとも限らないし、隣にいるのかもしれない。こんな出来事はもう二度と起きてはいけない。
●FILMAGA 
震えた。自分が生きているのが不思議になってきた。実は同じ頃にドキュメンタリータッチの強いポールグリーングラス監督が同じ事件を扱った劇映画を撮影し、Netflixで独占的に公開されたのもまた興味深いですが、運命なのか。観客を無理やり事件の中に引っ張って体験させるというのに成功している稀有なタイプですが、決して何度も観たいタイプの作品でもないです。でもそこには言葉にしづらいですが、目を閉じてはいけないと思わせるのです。
●TOHOシネマズ 
「生存者の方に話を聞いたとき、誰もが口にしたのは、襲撃の72分間は永遠に感じられた、ということ。これを伝えるにはやはりワンカットという手段しかないと思った」その監督の言葉には納得。事件から7年が経過した2018年に本作が公開されることに対して、「時期尚早ではないか」という指摘があがったが、生存者の代表者が「これを観て痛みを感じないのであれば、それは時期尚早どころか、もはや遅すぎる」と言ってくれたそうだ。