マイ・ブックショップ

賞に輝いたスペイン映画

映画『マイ・ブックショップ』のフル動画を無料視聴する方法を、動画再生を邪魔する広告なんてデリートして、ストレス皆無でご紹介。
今すぐ『マイ・ブックショップ』を見るなら動画リンクをチェック。

イギリスの文学賞ブッカー賞を受賞したペネロピ・フィッツジェラルドの小説をイザベル・コイシェ監督が映画化。製作総指揮はアルベルト・サガレス、パス・レコロンス、フェルナンド・リエラ、マヌエル・モンソン。1959年、イギリスのある海岸地方の町。書店が1軒もないこの町でフローレンスは戦争で亡くなった夫との夢だった書店を開業しようと自分の力で懸命に動き出していた。それはこの寂しい生活で、彼女を支えるささやかな夢であった。しかし、保守的なこの町では女性の開業はまだ一般的ではなく、フローレンスの行動は地元の住民たちに冷ややかに迎えられ、大きな壁にぶつかる。これでは小さなこの目標さえも、全然手が届かず、抑圧につぶされてしまう。しかし、転機が訪れる。40年以上も自宅に引きこもり、ただ本を読むだけの毎日を過ごして暮らしていた老紳士と出会ったフローレンスは、その同じ趣味を持つ老紳士に支えられ、上手い具合に新しいチャンスをものにして書店を軌道に乗せる。そんな中、彼女をよく思わない地元の有力者夫人が書店をつぶそうと画策していた。

原題:La libreria(The Bookshop) / 製作:スペイン(2017年) / 日本公開:2019年3月9日 / 112分 / 制作: / 配給:ココロヲ・動かす・映画社○ 

『マイ・ブックショップ』予告編

(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『マイ・ブックショップ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の人生の夢や目的を達成しようともがく主人公を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。普段は映画館で全然映画を観ないという人、劇場で見逃したという人。そんな人にこそオススメです。シアターで使える割引クーポンなどと交換できるものもあるので、それを狙うのも良いかもしれません。

喜ぶのはここから。ユーザーへのサプライズプレゼントのようにサービス無料体験がドドーンと弾け飛んできます。節約は生活の欠かせない知恵。動画鑑賞もその範疇に入ります。できれば便利なのでお試しから入りましょう。なにか制約があるのかと思うでしょうが、これは誰でも(ビギナーのみ)体験できるものです。「初めは登録させておいて、後に解約させづらいという狙いでは?」と警戒モードにならなくてもOK。退会はあなたの好きな時間にいつでもでき、ネット上の簡単作業で、変な条件もなく、済ませられます。

不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。恐ろしい体験談をした人は数知れず。例えば、ただ執拗な広告なんて無視すればいいと思っていてもそうはいきません。サイトにアクセスしているだけで裏では正体不明のプログラムが動作し、PCなどの機器に異常な負荷をかけてクラッシュさせてきます。セキュリティアプリやソフトウェアでは危険因子を完全にデリートすることはできないので、変に過信をしないでください。

現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。ただし、面倒事がゼロならいいのですが、そうもいかないのが困りもの。ユーザーの鑑賞希望作品を配信しているサービスがどれなのか、探さないといけません。「マイ・ブックショップ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。説明のないテキストリンクをズラッと並べて訪問者を混乱させることはなく、本当に視聴可能性の高い有用な場所にのみ道案内をしています。映画館鑑賞できなくともDVDがあるし、それをコピーすれば…なんていうのは今は違法です。最もライトな視聴手段はネット配信。これは動かぬ事実です。

初お披露目の新作映画を鑑賞できるのはやはり試写会の専売特許です。なかなか縁のない人もいるかもしれませんが、案外と申し込むだけなのでハードルは低め。日付と時間と場所を合わせるのがネックですが、それさえクリアできるならこれ以上のベストウォッチはありません。ごく一部の配給作品ではネット視聴できるオンライン試写も実施しているので、レビュー意欲のある方はトライすると良いかもしれません。その際は動画再生可能かどうかのチェックを忘れずに。無論、試写自体は無料ですので、お金は気にせずに。

小規模サイトや個人サイトレベルのものの中には、急に広告が全体に表示されたり、勝手に別ページにリダイレクトされたり、怪しい挙動をするものが多々あり、それらはたいていは不正ウェブサイトへの誘導です。不愉快極まりない経験であり、可能であれば避けたいところ。本サイトではオールクリーンを最優先に、「マイ・ブックショップ」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

『マイ・ブックショップ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月13日時点での『マイ・ブックショップ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『マイ・ブックショップ』をさらに知る

★スタッフ
監督:イザベル・コイシェ
脚本:イザベル・コイシェ
撮影:ジャン=クロード・ラリュー
音楽:アルフォンソ・ビラリョンガ

★キャスト(キャラクター)
エミリー・モーティマー(フローレンス・グリーン)、ビル・ナイ(エドモンド・ブランディッシュ)、パトリシア・クラークソン(ガマート夫人)

★『マイ・ブックショップ』の評価

IMDbRTMETA
6.555%??
映画comY!FM
3.8???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『マイ・ブックショップ』の感想

●無料ホームシアター 
ブックショップというどこにでもありそうなもの、場所。でもそこに意味がある。純粋な気持ちから行動する勇気ある人間に、立ちはだかり躓かせようとする不快極まりない者たち。なぜか起こる対立の裏には、当たり前がないという欠落。その様々な嫌がらせには胸糞悪くなるが、夫々の真の動機と人間の本性を考えさせられもするという構造。何もしないこともできる。でも何かしたいという気持ちもある。それを止める正当な理由はあるのだろうか。
●シネマトゥデイ 
純粋に本を愛するフローレンス。クリスティーンとの交流には癒されました。ほのぼのとしたテンポで進んでいくだけが全てなのかな。そう思った瞬間のささやかな切なさを滲ませつつ、希望も感じさせるラストは本当に印象的。こんなに余韻を残してくれる作品だとは思ってもみずで、サプライズ。最後の1ページにやられた感じ。日本にもあるその思想。嫌悪と言うべき考えに憑りつかれている人たちは本で新しい世界を知ろうとはしないのかな。
●VUDU  
なんとも言えない感情。権力と財力と暇を持て余してる人間が、自分よりも力を持たないけど頑張っている人間が何かに奮闘してることへの嫉妬とか、自分の思い通りに動かない人へ自分の力を誇示したいプライドのみすぼらしさを含む感じとか、ただのホッコリ映画だけではない映画だったです。本屋ではいろいろな表現の宝庫でもある。それは多様性の認め合いでもある。その本屋を否定するのはつまり…ということ。この映画は時代のアルバムでもある。