サンセット(2018)

栄華に狂い、破滅と踊る

映画『サンセット』のフル動画を無料視聴する方法を10秒でわかるように、アイコンで視覚的に示しているので参考にどうぞ。
今すぐ『サンセット』を見るなら動画リンクをチェック。

第1次世界大戦前のヨーロッパの中心都市だったブダペストの繁栄と闇を描いたドラマ。製作はシポシュ・ガーボル、ライナ・ガーボル。1913年、ブダペスト。イリス・レイテルは、彼女が2歳の時に亡くなった両親が遺した高級帽子店で職人として働くことを自分の生きがいの姿として夢見て、気持ちを抱きながらハンガリーの首都ブタペストにやってくる。その希望は素直な心に支えられていた。しかし、あまりにも無慈悲な現実は違った。現在のオーナーであるオスカール・ブリッルはイリスを歓迎することなくいとも簡単に追い払ってしまう。それで終わりではないからさらに困る。そして、この時になって初めて自分に兄がいることを知ったイリスは、ある男が兄カルマンを探していることを知り、イリスもブタペストの町で突然その存在を認識するにいたった兄の行く末を探し、あてもなく街を歩き始める。そんな中、ブタペストでは貴族たちへの暴動が発生。その突発的に見える不穏な暴動はイリスの兄とその仲間たちによるものだった。

原題:Napszallta / 製作:ハンガリー・フランス(2018年) / 日本公開:2019年3月15日 / 142分 / 制作: / 配給:ファインフィルムズ 

3月15日(金)公開『サンセット』予告編解禁

(C) Laokoon Filmgroup – Playtime Production 2018


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『サンセット』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
いろいろな悩みを抱えながら自分の生活の中で人間模様を過ごしていくシリアスなヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを有効に使いましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りることの新タイプとして勢いを増しています。監督の同じ作品を観たいなど、さらに映画体験を拡大する手段としてはこれ以上の便利さ。シネマファンでなくともかなり満足できます。

「無料」で感謝!
これがつい利用したくなるニクイ利点もあって、無料サービスお試しのビギナーコースが整備されているのでこころおきなく前進できます。マネーロスを最小限に抑える上でもこのビデオオンデマンドは頼もしいパートナーになってくれます。通常の感覚で言えば劇場鑑賞1回分の料金で動画を観まくれるのですから、破格の安さではないでしょうか。「一部だけでなくフルで動画を見られないと意味ないけど」全くもってそのとおり。ビデオオンデマンドは動画のお試し視聴といっても、冒頭だけみたいなことはしていません。全編を余すことなく見られます。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。もしそんな不正確で危険オンリーなサイトを利用している人がいるなら、ただの騙しやすい相手として利用されていることを自覚しないといけません。完全な都合のいいカモとして悪用され放題です。悪人側はほくそ笑んであなたを馬鹿にしています。むしろインストールすべきですがそれでもセキュリティソフトの防御として依存するにはこのケースでは頼りないです。

迷ったときは?
現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。一方の欠点ではないですか、VODを遠ざける要因になっているのが、サービスの過剰な展開。おそらく慣れない人はこの選択肢の多さに動画どころではなくなり、二の足を踏むことに。「サンセット」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。サポート向けに作られたこのページでは視聴可能性の高いVODをピックアップ。掲載情報がゴチャゴチャしていることはなく、アイコンですぐにわかるようになっているので、無駄な時間を浪費しません。スマホで気軽にタップしたら広告の無関係サイトに飛ばされる!…そんな迷惑なウェブサイトが世の中に蔓延っている現状では警戒も無理ないですが、こちらの領内では安心保障中。「今すぐ登録しろと焦らせるのはちょっとやめてほしい」大丈夫です。急がせません。そもそも配信確認だけならサイトにアクセスするだけで済みます。

試写も良いけど…
初お披露目の新作映画を鑑賞できるのはやはり試写会の専売特許です。なかなか縁のない人もいるかもしれませんが、案外と申し込むだけなのでハードルは低め。日付と時間と場所を合わせるのがネックですが、それさえクリアできるならこれ以上のベストウォッチはありません。ごく一部の配給作品ではネット視聴できるオンライン試写も実施しているので、レビュー意欲のある方はトライすると良いかもしれません。その際は動画再生可能かどうかのチェックを忘れずに。無論、試写自体は無料ですので、お金は気にせずに。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。他サイトにはないかなりマニアックに細分化されたカテゴリで分類もされているのでニーズに合いやすいです。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「ネメシュ・ラースロー」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

動画はフルの方がいい
基本的には1・2時間から長いもので3時間を超える長尺コンテンツである映画。オープニングからエンドクレジット(オマケがあるかも)まで隅々まで味わってこそフルで楽しんだと言えます。細かい小ネタもたくさんありますし、セリフひとつも見逃せません。伏線だってあるかもしれないですから。しかし、カットされていたら嫌なものです。TV放映だとそういう都合で短縮される場合もあります。「サンセット」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「サンセット」は? ベーシックな基礎は、初回の月または一定期間の支払いが生じないということです。この期間はサービスによって異なり、2週間のものもあれば、1か月のものもあって、さらに登録時から月末までというものも。この月末のパターンでは登録日に注意です。そして他にもポイント制サービス特有の事情として、一定量ポイントが初回時に入手でき、それで作品を無料感覚で鑑賞できるのが定番です。このあたりはしっかり学んでおきましょう。

『サンセット』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月13日時点での『サンセット』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Rakuten TV」です。

▼『サンセット』をさらに知る

★スタッフ
監督:ネメシュ・ラースロー(関連作品:『サウルの息子』)
脚本:クララ・ロワイエ、マシュー・タポニエ、ネメシュ・ラースロー
撮影:エルデーイ・マーチャーシュ
音楽:メリシュ・ラースロー

★キャスト(キャラクター)
ユリ・ヤカブ(レイター・イリス)、ブラド・イバノフ(ブリル・オスカル)、エベリン・ドボシュ(ゼルマ)、マルチン・ツァルニク(ヤカブ・シャンドル)、モルナール・レべンテ、スザンネ・ベスト、ナジュ・ジョールト、シャーンドル・ジョーテール、モーニカ・バルシャイ

★『サンセット』の評価

IMDbRTMETA
6.754%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『サンセット』の受賞
第75回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品。

★『サンセット』の感想

●無料ホームシアター 
商業映画では絶対にできないドラマというのがある。それは単なる娯楽ではない、真に迫る人間のドラマなのだ。ゆえに私たちはそのような作品をあえて避けてしまうこともあるが、それは実に無意味で残念な出来事であることを思い知らされた。これは知るべき、観るべきだ。決して目に見えない闇にイリスは翻弄される姿は、クロースアップした撮り方によって見えざる脅威としてスクリーンを飛び出し、観客の身をズタズタにしていくのかもれない。
●FILMAGA 
これは疑似的な体験の憑依型ストーリーテリングなのかな。終始カメラがイリスの後ろ姿を写し続ける形が続くので、自然とイリスと行動を共にしているような「そこにいる」感覚に陥ります。お店と兄の謎を少しずつ紐解きながらも、決してアンサーを提示しない鑑賞者側に考える余白をあえて残すという、ミステリーポイントも。国を揺るがす大きな陰謀に巻き込まれていく先には、ひとつの決め手となる正解は何もないが、それでも進むしかない。
●TOHOシネマズ 
サンセットに映るのはなんなのか。「サウルの息子」と同じく被写界深度の浅い映像でCGをだらしなく使わない素晴らしいセットや美術をもっと見たい感にまんまと煽られながらイリスの見ている世界を重複体験していく。物語の中で、真実なのか勘違いなのか、真相は謎のまま。これが正しいですという付箋はない。解説もない。本作の主人公も一体何をやっているのか、本人も観客にもきっとわかっていないから、意味を考えることはあなたしだいだ。