PRINCE OF LEGEND(映画)

王子が大渋滞はマジだった!

映画『PRINCE OF LEGEND』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『PRINCE OF LEGEND』を見るなら動画リンクをチェック。

「EXILE TRIBE」のメンバーが総出演して話題を集めた「HiGH&LOW」プロジェクトの製作陣が、ドラマ、映画、ゲーム、ライブなどを連動して新たに展開する「プリンスバトルプロジェクト」の長編映画。さまざまなキャラクターの14人の王子たちがなぜ伝説の王子を目指すことになったのかを描いた、2018年10月放送のテレビドラマシリーズ「PRINCE OF LEGEND」のクライマックスが描かれる。エグゼクティブプロデューサーはEXILE HIROで、プロデューサーは藤村直人、森田美桜。本物のセレブたちが集うゴージャスな頂点の名門・聖ブリリアント学園。3年に1度開催となる「伝説の王子選手権」で優勝した者のみが「伝説の王子」として君臨できると認められる伝統があった。王子たちの憧れの存在である成瀬果音が「伝説の王子になった人とお付き合いしようかな」とふと口にして言ったことをきっかけに、14人の王子たちによる「3代目伝説の王子」の座を賭けた予測不可能な激しいバトルが展開する。

原題:PRINCE OF LEGEND(「プリンス・オブ・レジェンド」) / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年3月21日 / 91分 / 制作: / 配給:東宝 

映画「PRINCE OF LEGEND」予告

(C)「PRINCE OF LEGEND」製作委員会 (C)HI-AX All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 公開中の新作をお得に
U-NEXTは映画館で使える割引クーポンをゲット可。最大で映画1本を無料鑑賞。

▼『PRINCE OF LEGEND』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
あまりに奇抜な設定で観客を困惑と熱狂のカオスに導くクレイジーな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。コンテンツが膨大なほどネット配信は手軽さで観客の有効なサポートになってくれます。人に勧める時にも便利。劇場で映画を見れなかった人も、いち早くウェブサイトにアクセスしておけば配信に気づけます。スマホ、パソコンなど対応も充実。

「無料」で感謝!
初心者であることを後ろめたいと思ってはいけません。ラッキーな救済策があるのですからむしろ幸運ではないでしょうか。エンドレスでフリー期間が続くわけではないですが、一定の1か月などの間、そのサービス内の動画コンテンツを自由気ままに楽しめるので無料動画と同じ感覚で視聴し放題な天国になりえます。「必ずそうするとは限らないけど無料中で解約はできますか?」この疑問は頻出するもので、本音はずっと使ってほしいですが、それでも止めたいのならば阻むことはできません。臨機応変、自由に可能です。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。怪しいサイトを見抜くにはそこまで難しくありません。共通の特徴があります。ひとつは、英語か中国語の意味不明なページに勝手にリダイレクトされること。もうひとつは、ランキングサイトのリンクを多量に設置していること。不審な点を見つけたら警戒しましょう。人は過ちに気づいたときにはもう手遅れになっていることがいつものオチなので、そうならないためにも心掛けましょう。

どれを選べばいい?
満を持して公開されて映画館を賑わせたあの熱狂作も、いつの日かはネット配信でお目にかかれ、VODの出番です。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「PRINCE OF LEGEND」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。フルムビバースの最優先事項は安全性。談合も稟議も裏取引もなく、素直に安心保障済みのサイトだけを動画リンクで紹介しています。映画館鑑賞できなくともDVDがあるし、それをコピーすれば…なんていうのは今は違法です。最もライトな視聴手段はネット配信。これは動かぬ事実です。

試写も良いけど…
公開前から映画を観る手段は非常に限られてくることですが、無いわけではありません。むしろ、うってつけの方法があります。試写会です。映画祭での上映もひとつの手ですが、それはかなりレアケースになってしまい、争奪戦になるので非現実的。でも広範に実施される試写会ならばいとも簡単に無料で映画を見れます。もちろんタダで見させてもらうのですから、それなりのマナーだけでなく、しっかりとした映画宣伝に寄与する姿勢も必要になってきます。事前のルールは必ず守って清く正しく映画に向き合いましょう。

悪いサイトを追い出すために
インターネットの海には危険生物ならぬ危険サイトが生息しています。海賊版サイトはその中でも問題性は筆頭。それら厄介なウェブサイトを駆除する方法も盛んに議論されています。ブロッキングやらフィルタリングやら、難しい専門用語が飛び交いますが、実際のところ有効な結果を挙げているのかといえば微妙。海外の調査事例ではそれよりもVODのような正規の利便性の高いサービスを普及させる方が価値があるとの指摘も。VODの拡大浸透は業界を底上げする意義もあるので「PRINCE OF LEGEND」合法視聴方法を拡散しましょう。

広告ブロックに気をつけて
GoogleのChromeなどブラウザで動画視聴のために外部リンクをクリックした際に「ポップアップがブロックされました」といきなり表示されて無反応…そういう状況が強制発生する事例が稀にあります。その原因は広告ブロックツールだったりします。ブラウザと広告除去機能が組み合わせによってはエラーとなるケースが、とくにバージョンアップ時にたびたび報告されやすいです。これでは動画の安定視聴さえも阻害されます。「PRINCE OF LEGEND」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を停止か削除してみましょう。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスを勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「PRINCE OF LEGEND」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

『PRINCE OF LEGEND』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『PRINCE OF LEGEND』をさらに知る

★スタッフ
監督:守屋健太郎(関連作品:『劇場版 仮面ティーチャー』)
脚本:松田裕子
撮影:安田光
音楽:中野雄太

★キャスト(キャラクター)
片寄涼太(朱雀奏)、飯島寛騎(鏑木元)、塩野瑛久(久遠誠一郎)、鈴木伸之(京極尊人)、川村壱馬(京極竜)、佐野玲於(綾小路葵)、関口メンディー(ガブリエル笹塚)、吉野北人(天堂光輝)、藤原樹(日浦海司)、長谷川慎(小田島陸)、町田啓太(結城理一)、清原翔(嵯峨沢ハル)、遠藤史也(翔)、こだまたいち(TAICHI)、加藤諒実(相寺光彦)、大和孔太(服部悠太)、白石聖(成瀬果音)

★『PRINCE OF LEGEND』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
2.3???3.1
フルムビバース独自ランク
C(ニッチな佳作)

★『PRINCE OF LEGEND』の感想

●無料ホームシアター 
テレビ放映分を見ていた時は「これは巷の乙女ゲームや少女漫画へのアンチテーゼか?」と変に勘ぐって思って見ていたんだけど、映画は至って普通の少女漫画の結末を変化球なしで迎えたのでなんだか拍子抜けとはいえ、これを映画にするのは勇気がいる。序盤のテレビ放映分のダイジェストが尺取りすぎで、中盤の王子選手権がショート&カットでポンポン進むのが大変残念。でもそれ以外は今作に批評という概念が必要ないことを感じさせるものでした。
●シネマトゥデイ 
ドラマ版のおさらいが結構長くてざっと本編1時間ちょっとくらい?なのでドラマ版見てない人でも補助があるように大丈夫な作りです。しかし、肝心なのは熱量と思い入れ。これは単にキャラを知っているかどうかの話ではないです。エンドロールで何人かの王子に次回作の布石となる新たな個性が付与される訳だか、プリレジェの展開を考えればドラマと伝説の王子選手権までがシーズン1なのだろうし、ガンガンと今後の展開を約束するのも当然かな。
●MOVIX 
とても安心して見られるストレスフリーなドラマでした。同意を得ない突然のキスを「唇を殴られた」と意味不明に称したり、先生と3Bは徹底してヒロインに恋愛感情を持たないというどういうジェンダーなんですかという点、妄想を押し付けるなと言い放ち自分はトロフィーのような物だと諦念する狂気じみたヒロイン、どれもこれも常識は通用しないからこそ、本作には正義もない。あるのは「王子」のみ。このノリが通用するのはいつまでなのか。