フューリー(2014)

戦車に乗った男たちの運命

映画『フューリー』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 邪魔な広告もなく、動画をフェアに紹介中。
今すぐ『フューリー』を見るなら動画リンクをチェック。

ブラッド・ピットの主演・製作総指揮で、第2次世界大戦下、たった一台の戦車で300人のドイツ軍部隊と渡り合った5人の兵士たちの姿を描いた戦争アクションドラマ。製作はデビッド・エアー、ビル・ブロック、イーサン・スミス、ジョン・レッシャー。1945年4月、ドイツへ侵攻する連合軍の米兵ウォーダディーは、自ら「フューリー」と命名したシャーマンM4中戦車に乗り、荒れ狂う戦地で終わりのない戦いを続けていた。ウォーダディーと3人の仲間に新兵のノーマンも加わり、5人となった部隊はぶっきらぼうなやり取りの中で絆を深めていくが、進軍中にドイツ軍の攻撃を受け、そのあまりの強さに他部隊がほぼ全滅。なんとか生き残ったウォーダディーの部隊にも、避けられない過酷なミッションが下される。

原題:Fury / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2014年11月28日 / 135分 / 制作:Columbia Pictures / 配給:KADOKAWA 

映画『フューリー』予告編

(C)Norman Licensing, LLC 2014


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『フューリー』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
人類の負の歴史である戦争の痛烈な痛みをストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを駆使しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りることにはない魅力もいっぱい。例えば、同じようなジャンルをの映画を連続して視聴したい場合はそれだけで検索して表示できるので悩みません。毎日のように映画三昧な日々を過ごせて充実できます。

「無料」を見逃すな!
「支払いを猶予することはできませんよね?」それは不可能ですが、お金を支払うことのない期間を手に入れることができます。どんな時でも必ず最初の登録という初めの一歩があるものですが、その瞬間から一定の期間に限って無料という扱いになります。初心者お試しは誰でもトライすることができます。「解約って登録したすぐ後にでもできるのですか?」その質問のアンサーはシンプル。その日のうちにでも可能です。登録するだけで一回は試してみて、その後に利用を続行するかを考えるのが便利です。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。「動画が見られるならばそれでいいや」と考えているなら地獄を見ます。何気なく動画を再生しようとすれば、まずは広告が表示されます。次にその広告から思わぬかたちで個人情報の入力を求められます。情報を差し出さなくても、視聴機器に負荷をかけてきます。リスクの具体例を挙げだすとキリがないのですが、とにかく言えるのは繰り返しになりますが、利用停止すべきということ。

あなたの選択は自由!
今はDVDやブルーレイなどのディスクよりもデジタル・レンタルやセル販売の方がいち早く見られたりします。これであとは一直線にアクセル全開で突き進むだけなら良いのですが、思わぬカーブがあるという注意標識が。それはVODの選択問題。道は何十通りにも分岐しているのです。「フューリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その懸念事項はスカッと解決させておきましょう。配信中のVODを作品単位でわかりやすくリスト化してアイコン表示。これであちこちサイトを閉じたり開いたり繰り返すことなく、視聴に移れます。世の中にはサイトなど何億何兆とありますが、このフルムビバースは安全かつ対等な動画紹介に特化しており、どんなユーザーも不正広告等には導いたりはしません。家にいながら安心して無料ホームシアター的な体験ができる、これ以上の嬉しさはありません。映画三昧な贅沢空間を構築しましょう。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。どうしても好みがハッキリ分かれる部分です。日本語字幕でオリジナル音声を楽しみたい人も、日本語吹き替えでわかりやすく物語に浸りたい人も、双方ともに気持ちはよくわかります。VODならば選択可能な状態で配信している作品も少なくはないので便利。需要にバッチリ対応できます。「フューリー」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスを勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「フューリー」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは複雑なものにすること(「辞書に載っている単語」などはダメ)、パスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「フューリー」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

ホームシアターのススメ
スマホで映画を観ている人は信じられないかもしれません。それは何か? ホームシアターの世界です。名前は聞いたことはあっても無料ばかりを先行させているととてもじゃ手が伸びない代物。でもそのハイクオリティは個人の自宅映画館と呼ぶべきスケールで、動画鑑賞の次元が大きく激変するのです。「フューリー」も最高級に。今すぐにでもと浮足立つのは理解できますが、はやる気持ちをおさえてじっくり思考しましょう。熟慮は大事。なにせ結構な準備も必要ですし、失敗もしたくありません。詳しい人や専門店に行って設備機器を目視してみるのもグッドジョブです。

『フューリー』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『フューリー』をさらに知る

★スタッフ
監督:デビッド・エアー(関連作品:『サボタージュ』)
脚本:デビッド・エアー
撮影:ロマン・バシャノフ
音楽:スティーブン・プライス

★キャスト
ブラッド・ピット(ドン・コリアー/ウォーダディー)、シャイア・ラブーフ(ボイド・スワン/バイブル)、ローガン・ラーマン(ノーマン・エリソン)、マイケル・ペーニャ(トリニ・ガルシア/ゴルド)、ジョン・バーンサル(グレイディ・トラビス/クーンアス)、ジェイソン・アイザックス(ワゴナー大尉)、スコット・イーストウッド(マイルス軍曹)、アナマリア・マリンカ(イルマ)、アリシア・フォン・リットベルク(エマ)、ジム・パラック、ケビン・バンス、ゼイビア・サミュエル

★『フューリー』の評価

IMDbRTMETA
7.677%??
映画comY!FM
3.7???3.8
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『フューリー』の感想

●無料ホームシアター 
ガルパンなんてファンタジーに触れているとガチの戦車の怖さがわからなくなるが、これを観れば問題ない。鉄の箱の中にいる恐怖。鉄が豪速で撃ちだされる恐怖。全てが詰まっている。アメ戦車4台でタイガー戦車に特攻する際の身震いする絶望感と高揚感。戦争は最悪で最高なんだと身をもって知る最高の素材であり、これは戦争の悲惨さと儚さと愚かさ、そして男くささを全部ぶっこんだような弁当箱だった。この男飯をたいらげれば満腹は保証できる。
●FILMAGA 
ドイツ軍は全国民を徴兵し、命令に従わない人間は処刑。なんて酷い奴らだと思うが対する米軍も投降したドイツ兵士を殺したり、敵意のないドイツ国民や仲間に嫌がらせをしたりと、同じくらいクズでゲス。その一方で、敵兵を助けたり、死に沈む敵兵のためにも祈ってくれる人もいる。よくある正義の米軍と極悪非道のナチスというシンプルな構図でなく、善悪で簡単に割りきれない戦場の人間模様が生きることの苦悩を見せつけるものだった。
●VUDU 
プライベートライアンの戦車版のような空気感を漂わせつつ戦争の酷さを描きながらアクションもバッチリこなすという両立。本物の戦車が人を載せ、泥をかきわけ、街を走り、戦車戦を繰り広げているのを意味もなく見るだけで興奮するし、砲弾の装填、発射、照準、戦車の立ち回り、搭乗員の役割とか、マニア向けにもなっている。同時に社会派なテイストもあり、OKだ。フューリーという名前のとおりだが、その怒りがどこに向かうのか注目だ。