ソローキンの見た桜

日露戦争時代のロミオとジュリエット

映画『ソローキンの見た桜』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『ソローキンの見た桜』を見るなら動画リンクをチェック。

ラジオドラマ「松山ロシア人捕虜収容所外伝 ソローキンの見た桜」を実写映画化。プロデューサーは益田祐美子、井上イリーナ、清水啓介、遠藤日登思。2018年、駆け出しのテレビディレクター桜子はロシア兵墓地の取材のためロシアに行くことになっていたが、その仕事に全く興味を持てずに気持ちが入らずにいたのだった。日露戦争時の愛媛県松山市、ロシア兵捕虜収容所。傷ついたロシア兵捕虜の看護にあたっていたゆいは戦争で兄を亡くしたため、心の奥底ではロシア兵を許すことができなかった。そんな厳しい相手への敵意を秘めた思いを知ったロシア軍少尉ソローキンは、いつかその悲しみを取り除いてあげたいと心から願っていた。やがて2人は敵国同士という立場でありながら、互いを意識しあうことで次第に惹かれあっていく。

原題:ソローキンの見た桜 / 製作:日本(2019年) / 日本公開:2019年3月22日 / 111分 / 制作: / 配給:KADOKAWA、平成プロジェクト 

映画『ソローキンの見た桜』予告編

(C)2019「ソローキンの見た桜」製作委員会


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ソローキンの見た桜』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
いろいろな悩みを抱えながら自分の思いを相手に届けていく人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く活用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりも素早いので、まずは見逃してしまった人はウェブサイトにアクセスして動画を観ることを検討しましょう。マイナー作品で視聴機会が少ないものでも安心してすぐさま探すことができます。

「無料」は全て初心者のため!
動画が見れるだけで満足してはいけません。なにせトライアルを無料で体験できる利点が初心者限定でセットアップされています。なんとなくのイメージで掴めると思いますが、これは試供品のようにオンラインサービスを特定期間まで無料で使えるものです。動画を実際に視聴して使用感覚を評価できます。「初めは登録させておいて、後に解約させづらいという狙いでは?」と警戒モードにならなくてもOK。退会はあなたの好きな時間にいつでもでき、ネット上の簡単作業で、変な条件もなく、済ませられます。

これは危険!
違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。パソコンやスマホが熱くなることはたびたびあると思いますが、悪質な動画サイトはその熱の帯び方が尋常ではありません。夏場にもなると火傷するほどの温度になることもあり、機器を焦がすことになって、破損につながります。かなりの痛手になります。ぼやけた動画などを見ても何の面白さもないですし、時間が虚しいだけなので、そんな寄り道をせずに公式動画配信へGOです。

迷ったときは?
現在は新作もそこまで待たせることなくネット配信されるのがスタンダード。無料動画も試しやすいです。でも、ひとつだけアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、作品の配信に自分の見たいものがない」という問題。これは厳重に注意必須です。「ソローキンの見た桜」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。難関というほどではないにせよ、苦労のドツボに陥らないためにも、このページに掲載している動画リンクを参照してください。雑多なリンク集ではなく、詳細はアイコンで情報をピックアップ中です。皆さんがどこかで目にしているかもしれない動画リンク集サイトでは、無関係なランキングページに誘導するものもあるでしょうが、こちらではそんな行為は一切していません。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

配信はいつ終わる?
VODの作品ごとの配信終了日時は本来しっかり把握しておきたいポイント。しかし、これがなかなかわかりません。永遠に配信されていることはそうそうないですが、かといってどの瞬間に配信が終わるのかも、大人の事情により、断言できない問題があります。一応作品ページ内にさりげなくアナウンスしているVODもありますが「あくまで予定です」というのが前提なので要注意です。「ソローキンの見た桜」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない確実な妥当判断です。

登録情報は最小限
何事も最初は緊張するもの。そうはいってもVODは敷居が低いので大丈夫。登録情報はユーザーネーム、メールアドレス、パスワード、プラスで生年月日や電話番号だけ。これらの情報はユーザーの重複性を判定するために使われるので過去に使用済みの情報を入力すれば初回利用者扱いとはなりません。とくに支払い情報は重要で、間違わないようにしてください。それ以外の登録ステップはありません。数分で完了するので今すぐ動画を見たいと思っても全然間に合います。あとは「ソローキンの見た桜」を探すだけ。簡単だと思いませんか。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画の普及によって「動画は無料で見るものである」という価値観がかなり根底に浸透してしまいました。それには功罪もあって、そうした大手の動画サイトが必ずしも良質とは限らないために、ユーザーに悪い影響を与えることもあります。ユーザーを騙すようなフェイク動画もありますし、デマのみならずヘイトをまき散らす有害動画も。そんな無価値な動画だらけではその日の気分も下がり続ける一方でマイナスです。VODはそれらの心配が一切ない、「ソローキンの見た桜」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。その解約が「完了するまでの作業が複雑すぎる」「退会ページを発見しにくい」といったデメリット的落とし穴があるのではと警戒したくなる人もいると思いますが、問題ないです。もしそんなサービスがあるとしたら当の昔に行政指導されるような事態になって炎上してしまいます。少なくとも今はかなり退会に関してはシンプルな構成になっているので安心です。アカウントを削除するのも一瞬で終わります。利用を再開するのも容易なのでカジュアルです。

『ソローキンの見た桜』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月13日時点での『ソローキンの見た桜』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『ソローキンの見た桜』をさらに知る

★スタッフ
監督:井上雅貴(関連作品:『レミニセンティア』)
脚本:井上雅貴、香取俊介
撮影:岩倉具輝
音楽:小野川浩幸

★キャスト(キャラクター)
阿部純子(桜子/ゆい)、ロデオン・ガリュチェンコ(ソローキン)、山本陽子(高宮菊枝)、アレキサンドル・ドモガロフ(ボイスマン大佐)、六平直政(武田勇吉)、海老瀬はな(竹場ナカ)、戒田節子(武田タケ)、山本修夢、藤野詩音、宇田恵菜、井上奈々、杉作J太郎

★『ソローキンの見た桜』の評価

IMDbRTMETA
????%??
映画comY!FM
4.0???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ソローキンの見た桜』の感想

●無料ホームシアター 
予想以上に良かった。日露戦争時代、愛媛県松山に実際にあったロシア兵捕虜収容所に着想を得た作品。ストーリーに都合よすぎ感をいささか感じるものの、歴史の重さがそれをカバーする。松山の収容所の事実と、恋愛の二本建てで話が進むので仕方ない部分もあるとフォローしておこう。特徴のある色使いは好みが別れるかもだがSF監督のせいかな。台詞に聞き取りにくい所が何ヵ所かあったのと、BGMの音の大きさのバランスが変なクセがありますね。
●FILMAGA 
結びつかない愛というのはあるのかもしれないけど、障がいは壁としては乗り越えるだけの存在になっていく。ドラマとしては連続ドラマ系でありそうだし、朝ドラでもいいくらいだが、物語の切り込みは特殊で変わっていたと思う。桜というのはベタだと思うけど、海外では日本といえばこれなのかな。桜は確かに不思議でどうして綺麗なのに春だけという季節性が安易に扱えないレアリティを醸し出しています。本当に文化だなと痛感しました。
●DAILYMOTION 
阿部純子、綺麗すぎる問題が勃発した。日露戦争どころではない。なんだこのみずみずしさは。眩しいとかではなく、透き通っている。桜以上に美しい存在を配置したことで今作は一つ大きなクオリティアップをしたといえる。あとは些細なことだ。ハーグ条約なんて、授業で聞いたレベルということでも、安心できる。あまりヒストリードラマと思わない方がいい。満開の綺麗な桜が切なく余韻に残る映画で可能な限り春に見てほしい作品だ。