ビッグ・アイズ(2014)

本当に作者は私です

映画『ビッグ・アイズ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 邪魔な広告もなく、動画をフェアに紹介中。
今すぐ『ビッグ・アイズ』を見るなら動画リンクをチェック。

ティム・バートン監督が、1960年代アメリカのポップアート界で人気を博した「ビッグ・アイズ」シリーズをめぐり、実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻の間に起こった出来事を描いたドラマ。製作はリネット・ハウエル、スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー、ティム・バートン。悲しげで大きな目をした子どもを独特のタッチで描いたウォルター・キーンの「ビッグ・アイズ」シリーズは、ハリウッド女優たちにも愛され、世界中で熱狂的な大ブームになる。作者のウォルターも美術界の寵児として一躍脚光を浴びるが、実はその絵はとんでもない秘密があった。それは絵を描いたのがウォルターの妻マーガレットだったということ。絵は飛ぶように売れていくが、内気な性格のマーガレットは、自分の感情を表すことができる唯一の手段である「ビッグ・アイズ」を守るため、隠してきた真実を公表することを決意する。

原題:Big Eyes / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開:2015年1月23日 / 106分 / 制作: / 配給:ギャガ 

映画『ビッグ・アイズ』日本版予告

(C)Big Eyes SPV, LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
AuVideo ▼auビデオパス(30日間)
 今すぐ見る
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Netflix ▼Netflix(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信

▼『ビッグ・アイズ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の生き方を模索していく人間を描くヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかにラクチンでスピーディー。動画視聴もツラさはなく、いとも簡単に見れます。中には登録なしで鑑賞できるものもあるので、まずはウェブサイトにアクセスしてチェックしてみるのが吉です。

「無料」を見逃すな!
「映画に払うお金は…」と遠慮するなら、少し気が早いです。なぜなら新入り無料お試しの刺激的な導入補助があります。これは初めての利用者にとっての優遇プレゼントであり、一定期間に限って通常の利用料が発生しないものです。そのため動画鑑賞などの使用も自由自在にできます。「そんな夢心地になれるような動画漬けなんてあり得ない」そう思っても案外初めてみるとドハマりするもので、休日はひたすら映画やドラマを見ているという人も普通に大勢います。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。再生を開始してもすぐにストップし、広告が表示されたりします。それを消そうとクリックをすると、全く関係ないページに飛び、それもまた消去しても何度もしつこく表示されます。このような嫌がらせ的なサイトは誰でも不快です。人は過ちに気づいたときにはもう手遅れになっていることがいつものオチなので、そうならないためにも心掛けましょう。

使うべきはどれ?
「友達もみんな使っているみたいだし、この映画いいよって勧められたし…」だったらもう足踏みすることもないでしょう。ところが、素人ビギナーの頭をカオスな状態にさせてくるのが、VOD内における配信動画探し。全サービスごとにラインナップは千差万別で個別確認に混乱は不可避。「ビッグ・アイズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。取り扱っているVODの数は非常に多く、あの大手携帯会社のモノから、話題性の高いグローバルなモノまで、オール対応済み。早起きは三文の徳と言いますが、VODの場合が早チェックは三倍の得です。無料になる、見逃さない、関連作も観れる…メリット多数なのです。

お試し無料はいつまで?
お試し無料期間は魅惑的な響きですが、調子に乗っているとそのせっかくのタイムスケジュールを台無しにすることもあります。例えば、登録日からひと月という設定もあれば、登録月の月末までで終わるものも。後者のパターンでは、例を挙げると「26日」に登録して月末が「31日」だとしたら5~6日しか試せないことになって「エイミー・アダムス」を堪能する前に幕が閉じるかも。つまりカレンダーとにらめっこしないといけないのです。「あ~今日は時間がないし、明日は買い物だし、明後日は友人と用事があるし…」とか言っていると終わります。

邪魔な広告は無し!
小規模サイトや個人サイトレベルのものの中には、急に広告が全体に表示されたり、勝手に別ページにリダイレクトされたり、怪しい挙動をするものが多々あり、それらはたいていは不正ウェブサイトへの誘導です。不愉快極まりない経験であり、可能であれば避けたいところ。本サイトではオールクリーンを最優先に、「ビッグ・アイズ」視聴を妨げません。パブリッシャーやサイトへの規制は広がっていても結局は広告を適宜審査しながら「これはダメだろう」というユーザー配慮が欠かせないものです。このページでは利用者第一で不快な広告をクリーンアップしています。

見たい動画をメモしよう
フルムビバースでは「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。映画はどうしても短いものでも1時間半、長いと3時間超えのものまで、1日の貴重な時間を浪費するのがネック。スケジュールは個人で異なるので、見られるベストタイミングも違います。とりあえずお目当ての作品のページを見つけたら「Favorite」ボタンでメモしておくと、忘れるのを防ぐことができます。「ビッグ・アイズ」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

無料動画サイトとの違い
従来、動画を無料で見る方法といえば、動画サイトがありました。しかし、これには数多くのマイナス点も指摘され、問題視する声もありました。まず無関係の質の低い動画コンテンツが無数に存在して、ユーザーの動画探しを妨害すること。中には詐欺のように説明文で騙してユーザーを釣るものも少なくありません。また、再生される動画の中身も視聴しないとよくわかりません。加えて違法にアップロードされた動画もあったりします。VODはそれらの心配が一切ない、「ビッグ・アイズ」に最適の優良動画のみのサービスなのです。

『ビッグ・アイズ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『ビッグ・アイズ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ティム・バートン(関連作品:『フランケンウィニー』)
脚本:スコット・アレクサンダー、ラリー・カラゼウスキー
撮影:ブリュノ・デルボネル
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト(キャラクター)
エイミー・アダムス(マーガレット・キーン)、クリストフ・ワルツ(ウォルター・キーン)、ダニー・ヒューストン(ディック・ノーラン)、ジョン・ポリト(エンリコ・バンドゥッチ)、クリステン・リッター(ディーアン)、ジェイソン・シュワルツマン(ルーベン)、テレンス・スタンプ(ジョン・キャナディ)、ジェームズ・サイトウ(判事)、デラニー・レイ(ジェーン/幼少期)、マデリン・アーサー(ジェーン)

★『ビッグ・アイズ』の評価

IMDbRTMETA
7.072%62
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ビッグ・アイズ』の受賞
第72回ゴールデングローブ賞で最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル)・最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル)・最優秀主題歌賞を受賞。

★『ビッグ・アイズ』の感想

●無料ホームシアター 
絵の才能はあったけど売り込む力がない内気な妻、絵の才能はないけど売り込む力がある強気な夫。この対照的な二人は普通に考えれば良いカップルに思えますが、夫が欲を出して利益を独り占めし始めると、そうも言ってられません。これでは妻はただの下働きの作業員に過ぎない。ということでバトルが勃発するわけです。洗脳に近いぐらい人を操るのに長けた外面の良い人がいる中で、それが夫となれば、これもひとつのDVなんじゃないかと思います。
●映画無料夢心地 
ティムバートンでは珍しいリアルな現実のドラマです。ファンタジーな要素はありません。でも題材になった目の大きいキャラの絵はティムバートンが凄い好きそうですから、関連性はありまくりですけど。クリエイターにとって1番大切なこととは一体何なのかという答えは違うけど、少なくともそれを勝手に自分の手柄のようにされたらたまらないです。でも、きっと旦那のキャラクターがもっとバランスを保てる人だったら、違う結果になったのかな。
●VUDU 
夫が描いたと主張する絵は実は妻が全て描いていた。いわゆるゴーストペインターのお話。日本のSNSにもたくさんいそうだ…。ウォルターが自分本位で嘘つきを連発し、金と名誉にしか興味ないような最低男すぎて見ながらイライラがたまる。でも、最後はスカッとするので大丈夫。クリストフ・ワルツはどうしてこういうクソ野郎を演じると上手いのでしょうか。殴りたくなる顔をしてくるのですよね。奥さんもよく頑張ったなと感じました。