マラヴィータ(2013)

このファミリーはマジでヤバい

映画『マラヴィータ』のフル動画を無料視聴する方法を適宜レコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『マラヴィータ』を見るなら動画リンクをチェック。

原題:The Family / 製作:アメリカ・フランス(2013年) / 日本公開:2013年11月15日 / 111分 / 制作:EuropaCorp / 配給:ブロードメディア・スタジオ 

映画『マラヴィータ』予告編

(C)EUROPACORP – TF1 FILMS PRODUCTION –GRIVE PRODUCTIONS Photo : Jessica Forde


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT】機能充実
VOD2【Hulu】スマホ可
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】
VOD9【Gyao

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Gyao ▼Gyao(登録必要なし)
 過去に無料配信
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『マラヴィータ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

ネットで動画を見るのは今!
次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンス&バイオレンスはそれだけで見ごたえがあります。そんなクセの強い映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかにラクチンで、スピーディーに動画を観れます。登録なしでウェブサイトにアクセスするだけで鑑賞できるものもあるので、一度は確かめてみるのも手です。初心者でも簡単にスタートできます。

「無料」は全て初心者のため!
動画が見れるだけで満足してはいけません。なにせトライアルを無料で体験できる利点が初心者限定でセットアップされています。誰しもが欲しいものはいっぱいあるものです。映画は劇場で観ると作品ひとつで1800円程度かかります。たくさん見るならキツイ負担です。でもVODは映画1回分の料金でひと月で動画を山ほど見れるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。「マラヴィータ」もアリ。

危険な罠がそこにある!
なお、巷に溢れる毒性たっぷりなイリーガルな動画サイトの利用には要注意。それで「マラヴィータ」の鑑賞はダメです。再生を開始してもすぐにストップし、広告が表示されたりします。それを消そうとクリックをすると、全く関係ないページに飛び、それもまた消去しても何度もしつこく表示されます。このような嫌がらせ的なサイトは誰でも不快です。リスクの具体例を挙げだすとキリがないのですが、とにかく言えるのは繰り返しになりますが、利用停止すべきということ。

使うべきはどれ?
「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ただし、面倒事が無いわけではなく、それはユーザーのウォッチしたい映画を扱っている動画サービスは一体どれなのか、特定作業が待ち受けています。「マラヴィータ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこで「もっと簡単に今の配信中のVODがわかる一覧ページを用意できないか」と考えて作られたのが、この今あなたが見ているコレです。アイコンを視認するだけなのでラクチン。皆さんがどこかで目にしているかもしれない動画リンク集サイトでは、無関係なランキングページに誘導するものもあるでしょうが、こちらではそんな行為は一切していません。ゴチャゴチャと書いていますが、とにかくあとは作品配信状況の最終チェックです。登録せずともそれは可能なので検索しましょう。

情報の充実度はピカイチ
フルムビバースの「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。「このジャンルがすごく気になっている」そんな興味関心に答えるように細かくカテゴリを用意しています。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「リュック・ベッソン」監督作を調べるも良し。レビューの作品を点数化したような評価得点を参考にするのも良し。独自性の高い感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスをスポンサー的な利益ありきで勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。それはたいてい利益率の高いものだけを推薦しているだけです。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「マラヴィータ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

パスワードは大事
バリエーション豊富なVODラインナップに夢心地になる前に「使い方」を知るべきです。いや、それよりも前に大事なのはパスワードです。「え? そんなのは自分の覚えられる簡単な数字の羅列でいいでしょ?」そんな考えだと、悪い人たちにはものの数秒で簡単にアカウントを乗っ取られてしまいます。実際の被害事例は後を絶ちません。多くの他サービスでパスワード流用すると一気にリスト攻撃で第三者にログインされてしまうことがあります。絶対に固有のパスを考えて、面倒でもメモしておくのが推奨されます。安全な「マラヴィータ」動画体験をするには外せない基盤となる大事な基礎ルールです。

無料動画サイトとの違い
YouTubeやニコニコ動画の普及によって「動画は無料で見るものである」という価値観がかなり根底に浸透してしまいました。それには功罪もあって、そうした大手の動画サイトが必ずしも良質とは限らないために、ユーザーに悪い影響を与えることもあります。ユーザーを騙すようなフェイク動画もありますし、デマのみならずヘイトをまき散らす有害動画も。これでは明らかに有害性があるのは誰でもわかります。そんな無価値な動画だらけではその日の気分も下がり続ける一方でマイナスです。VODはそれらの心配が一切ない、「マラヴィータ」に最適の優良動画のみのリーガルなサービスなのです。

『マラヴィータ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月27日時点での『マラヴィータ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Gyao」「Rakuten TV」です。

▼『マラヴィータ』をさらに知る

アメリカからフランスへ引っ越してきた元マフィア一家が巻き起こすトラブルを描くコメディ・クライムドラマ。製作はビジルニー・ベッソン=シラ、ライアン・カバナー。FBIの証人保護プログラムにより、身分を完全に変えてアメリカからフランス・ノルマンディー地方の田舎町にみんなで移り住んだブレイク一家。主のフレッドは泣く子も黙る凶悪な元マフィアで、今は生活を再スタートさせて町に溶け込もうと努力するものの、事あるごとに昔の血が騒ぎ、突発的にトラブルを引き起こしてしまう。やがてフレッドに恨みを抱くマフィアのドンが居場所を突き止め、命を狙う殺し屋軍団を送り込んできたことから、犯罪とは無縁の平和な田舎町で壮絶な争いが始まってしまう。

★スタッフ
監督:リュック・ベッソン(関連作品:『The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛』)
脚本:リュック・ベッソン、マイケル・カレオ
撮影:ティエリー・アルボガスト
音楽:エフゲニー・ガルペリン、サーシャ・ガルペリン

★キャスト(キャラクター)
ロバート・デ・ニーロ(フレッド)、ミシェル・ファイファー(マギー)、トミー・リー・ジョーンズ(スタンスフィールド)、ダイアナ・アグロン(ベル)、ジョン・ドレオ(ウォレン)

★『マラヴィータ』の評価

IMDbRTMETA
6.328%??
映画comY!FM
3.3???3.4
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『マラヴィータ』の感想

●無料ホームシアター 
リュック・ベッソン監督らしいブラックユーモアたっぷりで、相当に現実離れしていますが、ギャグですから怒らないでね。嫌なやつらは容赦なくぶちのめすところは最高でスカッとするし、ツボをおさえたつくり。夫婦仲もいいし、姉弟仲もいいし、親子仲もいい。これが理想の家族なのではと思うけど、もちろんヤバい奴らです。会話センスの上手さに惚れ惚れするので、このブラックなユーモアを作れる人に私はなりたい。そう思いました。
●FILMAGA 
コミュニティに溶け込めるのかという親近感あるテーマ。「今度こそは」と一家は何とかこの地域の人々の中に溶け込もうとするけど、しかしこいつらは特殊だった。ストーリーが進めば進むほどハチャメチャになりますが、収拾がつかないほどではなく、テンポ感を維持するのはさすが。途中デ・ニーロ出演の「グッドフェローズ」のくだりがあり、そこらへんのファンサービスもあって、映画通でも楽しめるし、発見の多い映画ですよ。
●ユナイテッドシネマ 
ロバートデニーロかっこよすぎやん。渋いよ。痺れるよ。自分の長所を羅列するシーンは気の抜けた馬鹿っぽくて好き。反対に頭の良い妻は口から出てくる言葉が全部賢い、けどスパイみたいに我慢強くないから容赦なくヴァイオレンスでやり返すという反撃精神。スパイ映画のカッコよさとは違って荒っぽいのが良いし、クソには倫理を無視してボコる。それが気持ちいい。やっぱりデニーロはギャングがよく似合う。さてこの家族に安寧はおとずれるのか?