記者たち 衝撃と畏怖の真実

イラク戦争開戦の嘘を暴け

映画『記者たち 衝撃と畏怖の真実』のフル動画を無料視聴する方法を、画面を覆い尽くす広告表示がゼロ状態でわかりやすくレコメンド中です。
今すぐ『記者たち 衝撃と畏怖の真実』を見るなら動画リンクをチェック。

名匠ロブ・ライナーが、イラク戦争の大義名分となった大量破壊兵器の存在に疑問を持ち、真実を追い続けた記者たちの奮闘を描いた実録ドラマ。製作はマシュー・ジョージ、ロブ・ライナー、ミシェル・ライナー、エリザベス・A・ベル。同時多発テロ事件を受けて、2002年、ジョージ・W・ブッシュ大統領は、サダム・フセイン政権を倒壊させるため「大量破壊兵器の保持」を理由にイラク侵攻に踏み切ることを宣言。ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストといった大手新聞をはじめ、アメリカ中の記者たちが大統領の発言に始まる政府の主張を信じて一律に報道を続ける中、地方新聞社を傘下にもつナイト・リッダー社ワシントン支局の記者ジョナサン・ランデーとウォーレン・ストロベルは、大統領の発言に疑念を抱き、真実を報道するべくコツコツと証拠を集めて情報源をたどっていくが…。

原題:Shock and Awe / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年3月29日 / 91分 / 制作:Acacia Entertainment / 配給:ツイン 

『記者たち~衝撃と畏怖の真実~』予告編

(C)2017 SHOCK AND AWE PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『記者たち 衝撃と畏怖の真実』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも結構利用している!
様々な葛藤や苦悩を抱えて自分の使命を全うしようとするヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなシリアスなドラマチックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、別に難しさもなく、基本は同じ。劇場で使える割引クーポンと交換できるポイントをもらえるサービスもあるで、それを狙って以前から使っていくのもひとつの有効なメリットでもあります。

「無料」はやっぱり魅力的!
そして絶対に忘れてはいけないこと。無料スタートをお約束できるトライアルという選択肢がセットされています。サービスは各社展開されていますが、ほとんどで無料お試しが提供されています。これはなるべく多くの人に試してもらって魅力に気づいてもらおうという優遇&宣伝策で、一般的です。「クレカ登録はどうしても不安だな~」その気持ちもわかりますが、不正利用が起きないように二段階認証搭載のサービスも充実しており、その点でもフルに動画視聴にどっぷり専念できるのではないでしょうか。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。怪しいサイトを見抜くにはそこまで難しくありません。共通の特徴があります。ひとつは、英語か中国語の意味不明なページに勝手にリダイレクトされること。もうひとつは、ランキングサイトのリンクを多量に設置していること。不審な点を見つけたら警戒しましょう。危ないリスク大のサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得。

いちはやくウォッチ!
あっちにも動画、こっちにも動画…こんなエンタメに囲まれてしまえば、何十年あっても見きれないだけの量にクラクラします。ところが、人気がありすぎるのも困りもので、需要の増しているVODは多種多様な企業がサービス展開しており、把握は困難。配信の有無を調べるのも疲れます。「記者たち 衝撃と畏怖の真実」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときは視聴可能なVODをこのページで要チェック。いきなり何も考えずに登録するよりも、まずはおおまかな配信状態を認識しておくと「しまった!」と後悔する事態を回避できます。スマホで気軽にタップしたら広告の無関係サイトに飛ばされる!…そんな迷惑なウェブサイトが世の中に蔓延っている現状では警戒も無理ないですが、こちらの領内では安心保障中。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

支払い方法は?
VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「記者たち 衝撃と畏怖の真実」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。当然ながらクレカを所有していない人もいるでしょうが、それで諦めるのはまだ早いです。毎月支払っているうスマホのキャリア決済を通じて登録可能なものもあります。これならばまだ未成年のユーザーでも試すことができるでしょう。もちろん保護者の許可をとることが面倒なトラブル防止のためにも推奨されます。これを機に思い切ってクレカを新規に契約するのもアリかもしれません。

広告ブロックに気をつけて
Chromeなどで外部リンクをクリックorタップしたら「アレっ? 反応なし?」という事態に見舞われて「ポップアップのブロックがどうのこうの」と表示されたことはありませんか? それは原因となっているのは広告ブロック系のツールかもしれません。拡張機能の見直しをしてみましょう。有効を無効に変えると案外簡単に修復できます。こういう困ったトラブルもあるので、余計な拡張機能は極力入れない方が冷や汗をかかずに済みます。「記者たち 衝撃と畏怖の真実」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

邪魔な広告は無し!
世の中にあるサイトの中には、広告が画面全体にいきなり脈絡もなく表示されたり、ページ内にあるリンクや検索バーに触れると全然別の怪しげなサイトに移動したりと、ユーザーを不快にさせるだけのものも山ほどあります。その一方で、安全最重視のフルムビバースは広告すらも大幅に抑えているので、最も肝心な「記者たち 衝撃と畏怖の真実」視聴を妨げません。よくありがちなことですがスマホでサイトを見ると画面の下や上に常に広告がついてくることがありませんか? ああいう鬱陶しい広告はこのページには全くないです。このクリーンさが大きな売りになっています。

無料の範囲はどこまで?
「無料」という言葉は魅惑的ですが、でもどこまでが無料なのか。「記者たち 衝撃と畏怖の真実」は? ベーシックな基礎は、初回の月または一定期間の支払いが生じないということです。この期間はサービスによって異なり、2週間のものもあれば、1か月のものもあって、さらに登録時から月末までというものも。この月末のパターンでは登録日に注意です。そして他にもポイント制サービス特有の事情として、一定量ポイントが初回時に入手でき、それで作品を無料感覚で鑑賞できるのが定番です。このあたりはしっかり学んでおきましょう。

『記者たち 衝撃と畏怖の真実』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月12日時点での『記者たち 衝撃と畏怖の真実』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『記者たち 衝撃と畏怖の真実』をさらに知る

★スタッフ
監督:ロブ・ライナー(関連作品:『LBJ ケネディの意志を継いだ男』)
脚本:ジョーイ・ハートストーン
撮影:バリー・マーコウィッツ
音楽:ジェフ・ビール

★キャスト(キャラクター)
ウッディ・ハレルソン(ジョナサン・ランデー)、ジェームズ・マースデン(ウォーレン・ストロベル)、ロブ・ライナー(ジョン・ウォルコット)、ジェシカ・ビール(リサ)、ミラ・ジョボビッチ(ヴラトカ・ランデー)、トミー・リー・ジョーンズ(ジョー・ギャロウェイ)、ルーク・テニー(アダム・グリーン)、リチャード・シフ

★『記者たち 衝撃と畏怖の真実』の評価

IMDbRTMETA
6.029%??
映画comY!FM
3.7???3.6
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『記者たち 衝撃と畏怖の真実』の感想

●無料ホームシアター 
これが現実というのは信じられない。嘘を平気でついて戦争を仕掛ける国がある。しかもそれが世界トップの大国になっている。おかしいとかそういう次元ではない。許せないし、脱力感も感じる。ジャーナリズムの敗北の物語である本作は私たちに訴えかける。基本的には事実の映像化であるが、若い志願兵の物語を同時に描くことで、作品に深みを与えて、犠牲を映し出す。この国の主張に賛同して一緒に戦争の背中を押した国が日本でもあるのだ。
●FILMAGA 
俳優バランスが上手い。主要キャスト皆良いが、中でも監督にして支局長を演じたロブ・ライナーの、飄々としていながら頼れるデンとした傑物ぶりが痛快で安心感。あとウディ・ハレルソンの妻役に、社会情勢が激しかった旧ユーゴスラビア出身のミラ・ジョヴォヴィッチを配したのは抜群の意図的さを感じるし、気が利いている。トミーリージョーンズ扮するジョーギャロウェイが、原作者として関わった映画「ワンス&フォーエバー」言及もマニアック。
●TOHOシネマズ 
嘘の大義名分を掲げる政府に対して、唯一疑いの目を向け続け、真実の的を追求して射抜くナイト・リッダー社の姿に感動するが、最終的に戦争は起こるので、報われない。ごめんなさいと謝れても意味がない。死んでしまったのですから。「スポットライト 世紀のスクープ」をも思わせる作品ですが、同じく無力さを見せつけるので、受け止めるのがキツイ映画でもある。あの「スタンド・バイ・ミー」の名匠ロブ・ライナーも危機感を感じているのか。