ダンボ(2019)

あの名作を実写映画化。ダンボが空を飛ぶ!

映画『ダンボ』のフル動画を無料視聴する方法を、画面を覆い尽くす広告表示がゼロ状態でわかりやすくレコメンド中です。
今すぐ『ダンボ』を見るなら動画リンクをチェック。

1941年製作のディズニー・アニメの古典的名作『ダンボ』を、ティム・バートン監督のメガホンで実写化したファンタジーアドベンチャー。製作はジャスティン・スプリンガー、アーレン・クルーガー、カッテルリ・フラウエンフェルダー、デレク・フライ。動物たちが働いているサーカスに、愛らしい子象が誕生した。それは大きすぎる耳をもった少し変わった子象で、ダンボと呼ばれ、ショーに出演しても観客から笑いものになってしまう。ある日、ダンボの世話を任されたホルトの子供ミリーとジョーが、悲しむダンボを元気づけるためなにげなく遊んでいると、ダンボがその大きな耳で飛べることを知る。それは大人たちを驚かせ、一気に空を飛ぶ子象の噂は瞬く間に広がり、観客さも魅了していく。しかし、ダンボを利用し金儲けを企む興行師によって、ダンボは愛する母象ジャンボと引き離されてしまい、今度は言いように使われてしまう。母を想うダンボに心を動かされたホルトの家族とサーカス団の仲間は一致団結して力をあわせ、ダンボの捕われた母を救い出す作戦がはじまる。

原題:Dumbo / 製作:アメリカ(2019年) / 日本公開:2019年3月29日 / 112分 / 制作:Walt Disney Pictures / 配給:ディズニー 

https://youtu.be/jp1EKcbqylU
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Videomarket ▼ビデオマーケット(1か月)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『ダンボ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
子どもから大人まで愛されている昔から語り継がれる名作はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんなファンタスティックな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを上手く駆使しましょう。大画面シアターで見るのもいいですが、見逃した際はネット配信をすぐさまチェックしていれば、配信開始同時に鑑賞もできます。テレビも使えるのでDVDと遜色のないハイクオリティな映像を満喫できるでしょう。

「無料」より安いものなし!
喜ぶのはここから。ユーザーへのサプライズプレゼントのようにサービス無料体験がドドーンと弾け飛んできます。不必要にコスト浪費をするのは勘弁してほしい。ましてやサービスが自分に合わないのは最悪。そんな心配症でも期間限定であれこやこれやとサービス内の動画を含む体験ができます。「そんな夢心地になれるような動画漬けなんてあり得ない」そう思っても案外初めてみるとドハマりするもので、休日はひたすら映画やドラマを見ているという人も普通に大勢います。

アウトです!
不正な動画ウェブサイトは適法性・実用性の二点で非推奨。それで「ダンボ」の視聴はダメです。「動画が見られるならばそれでいいや」と考えているなら地獄を見ます。何気なく動画を再生しようとすれば、まずは広告が表示されます。次にその広告から思わぬかたちで個人情報の入力を求められます。情報を差し出さなくても、視聴機器に負荷をかけてきます。人は過ちに気づいたときにはもう手遅れになっていることがいつものオチなので、そうならないためにも心掛けましょう。

どれを選べばいい?
新規話題作はその熱気が冷め始めた頃、スルッとネット動画配信を開始していることも多く、VODは注視すべきです。しかし、世の中にはあまりにも映画が多すぎるのが曲者となってしまい、配信状態はまるで為替相場のようにめまぐるしく変化して、目が追い付かないほどです。「ダンボ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その懸念事項はスカッと解決させておきましょう。配信中のVODを作品単位でわかりやすくリスト化してアイコン表示。これであちこちサイトを閉じたり開いたり繰り返すことなく、視聴に移れます。世の中にはサイトなど何億何兆とありますが、このフルムビバースは安全かつ対等な動画紹介に特化しており、どんなユーザーも不正広告等には導いたりはしません。映画館に勝るものはないというこだわりはわかりますが、VODはそのサポートも可能。鑑賞料金が割引にならないか、調べる価値はあるでしょう。

あなたはどっち派?
海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。どうしても好みがハッキリ分かれる部分です。日本語字幕でオリジナル音声を楽しみたい人も、日本語吹き替えでわかりやすく物語に浸りたい人も、双方ともに気持ちはよくわかります。VODならば選択可能な状態で配信している作品も少なくはないので便利。需要にバッチリ対応できます。「ダンボ」にも字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

フェアにオススメします
VODはビデオオンデマンドですが、フルムビバースはビデオオンユニバース。各社サービスを勝手に優劣つけることなく、フェアにレコメンドするのが役目です。他サイトにありがちな、特定サービスをピックアップしてそれだけを推奨することはしません。何が合っているかは人それぞれ。営利的な狙いで決めつけはしません。どれがいいのかを判断する支援に徹しています。普通の味気ない「ダンボ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
動画の画質が低いとブロックノイズ的にモザイクがかって見えて、ハッキリ明言するなら酷いものです。動画共有サイトではもともと画質が安定していないので、通信環境によっては荒っぽい映像を見るしかありませんでした。しかし、今のVODはブルーレイにも負けません。テレビ鑑賞にも耐えうるウルトラなクオリティでビジュアル細部を舐めまわすように眼に焼き付けることができてしまいます。しかも、画質のチョイスができたりもして、重すぎて再生がストップする事態を防止でき、美しい「ダンボ」の動画を楽しみましょう。

ホームシアターのススメ
できれば最高水準の再生環境で映画を観たいですよね? だとしたら何がベストか。超高価格のハイスペックパソコン? 特大サイズのテレビ? いいえ、理想は視野いっぱいのホームシアターです。今や少し値段もお手頃になってきたこの家庭シアターの存在は映画好きでなくとも欲しくなるプライベート空間です。「ダンボ」も最高級に。今すぐにでもと浮足立つのは理解できますが、はやる気持ちをおさえてじっくり思考しましょう。熟慮は大事。なにせ結構な準備も必要ですし、失敗もしたくありません。詳しい人や専門店に行って設備機器を目視してみるのもグッドジョブです。

『ダンボ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月12日時点での『ダンボ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「ビデオマーケット」「Rakuten TV」です。

▼『ダンボ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ティム・バートン(関連作品:『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』)
脚本:アーレン・クルーガー
撮影:ベン・デイビス
音楽:ダニー・エルフマン

★キャスト(キャラクター)
コリン・ファレル(ホルト・ファリア)、マイケル・キートン(V・A・ヴァンデバー)、ダニー・デビート(マックス・メディチ)、エバ・グリーン(コレット・マーチャント)、アラン・アーキン(J・グリフィン・レミントン)、ニコ・パーカー(ミリー・ファリア)、フィンリー・ホビンス(ジョー・ファリア)、ジョセフ・ギャット、デオビア・オパレイ、シャロン・ルーニー、マイケル・バッファー、ラース・アイディンガー、ロシャン・セス

★『ダンボ』の評価

IMDbRTMETA
6.850%??
映画comY!FM
3.6???3.7
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『ダンボ』の感想

●無料ホームシアター 
ダンボが最初は怖いかなと思ったけど、そんな過去の私をぶん殴りたい。なんだこのキュートの塊は。無邪気の愛苦しさ。悶絶するプリティな見た目と仕草。明るく希望に満ちた話にまとめつつ、所々に漂ういつものバートン的空気感の組み合わせは悪くないあたりで、このキャラの愛らしさで全てを浄化したので、最終的には可愛い成分がオーバーで振り切っている。たぶんこのダンボはゾウ人気を強める効果があります。動物園さん、宣伝して!
●シネマトゥデイ 
アレンジが強い。いや、かなりのオリジナル展開なのか。とくに後半はほぼ全てが新規ストーリーだよね。動物は喋らないし、ダンボの見た目もリアルだし、第一次世界大戦の暗い影響もあったり、わりと現実的な面が強く描かれていて、落としどころはこんな感じでいいのかもしれない。飛んでいる姿は迫力があってこれでもかなり凄いのに、さらに終盤は大活躍で飛びまくるので、実写化の持ち味を存分に発揮している。やっぱり歌がもっとほしい。
●FANDANGONOW 
歴史あるアニメの実写化にあたり監督を務めたのは、ダークファンタジーの帝王ティムバートン。ファンも多いけど、クセも強い。「シザーハンズ」や「バットマンリターンズ」がバートン節100%だとすると、本作は40%程度にセーブされているのはさすがにダンボだからか。ダンボが金のなる木だと見込んだ興行主はダンボを自社のコンテンツにしていくという悪に突っ走るのですが、そこは自虐なのかもしれないと思うのディズニーブラックですね。