キャピタリズム マネーは踊る

あなたのお金を取り戻すのは、この男に任せろ!

映画『キャピタリズム マネーは踊る』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! アンテナサイトやランキングサイトなどの余計なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『キャピタリズム マネーは踊る』を見るなら動画リンクをチェック。

常にコンテンポラリーな問題に光を当ててきたドキュメンタリー作家マイケル・ムーアがアメリカの金融を支配する権力にカメラを向けた問題作。今回はサブプライム問題やリーマンショックといった世界を揺るがす経済問題に焦点を当て、ウォール街に棲む強欲資本主義経済の主役たちにアポ無し取材を敢行。あらゆる国民に多大な影響を与える米政府と金融界の驚くべき癒着関係を痛快かつ大胆にあぶり出していく。どうしてアメリカの資本主義(キャピタリズム)は、こんな弱者を踏みにじる不条理なことになってしまったのか。その答えを求めて、諸悪の根源が巣くうニューヨークのウォール街へと乗り込んでいくマイケル・ムーア監督が見たものは…。

原題:Capitalism: A Love Story / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開:2009年12月5日 / 127分 / 制作: / 配給:ショウゲート 

キャピタリズム マネーは踊る

(C)Front Street Productions, LLC.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3

▼『キャピタリズム マネーは踊る』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
社会で起きている喧騒だらけのスキャンダラスな論争に焦点をあてたドキュメンタリーはそれだけで議論をする価値があります。そんなセンセーショナルな映画をフル動画でお得に観るなら、動画配信サービスを有効的に利用しましょう。レンタル店でDVDを借りる場合はなかなかマイナー作品に手を出しづらいものがあります。ネット配信はそのようなちょっと敷居が高そうに見えたものでも気軽に鑑賞することができ、新しい世界へ踏み出せます。

「無料」を見逃すな!
「支払いを猶予することはできませんよね?」それは不可能ですが、お金を支払うことのない期間を手に入れることができます。映画全部をディスクで購入できるほどリッチな人はそういません。それができるのはよほど財布に余裕ある人だけ。これなら初回に限定されますが倹約的にデジタル鑑賞を試せます。「無料といっても期間が短時間なら意味はない」と心をソワソワしなくても大丈夫。動画を見るうえでも必要である時間以上に、それこそ何作も見られるほどの日にちの余裕があるので吟味可能です。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。怪しいサイトを見抜くにはそこまで難しくありません。共通の特徴があります。ひとつは、英語か中国語の意味不明なページに勝手にリダイレクトされること。もうひとつは、ランキングサイトのリンクを多量に設置していること。不審な点を見つけたら警戒しましょう。もしこれらのブラックサイトの利用を誰かに推奨されても、その口車に乗せられてはいけません。断固拒否です。

使うべきはどれ?
「クソ~、あれもこれも見たすぎるぞ。見きれないのが困る!」そんな狂喜乱舞も納得の映画動画の玉手箱です。でも、ひとつだけアラートがあります。「登録を勇んでやってみたはいいけど、作品の配信に自分の見たいものがない」という問題。これは厳重に注意必須です。「キャピタリズム マネーは踊る」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。このページをベースにすれば配信VODの面倒な確認作業を大幅にタイムカットできます。表示されているアイコンがあれば配信可能性は高いということです。あとは該当動画リンクをみてみるだけ。クリックしたらブログランキングサイトで全然お目当てのコンテンツが見つからない!…そういう経験はありませんか? フルムビバースにはそんなリンクは皆無です。「パッと見た限りだと、ちょっと知らないサービスの名前があるな…」そうだとしたらむしろ初回お試し可能なので幸運じゃないでしょうか。

古い作品ならもしかして…
動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず決められた範囲としては自由に扱えるというものです。

対応機器はこれです
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「キャピタリズム マネーは踊る」でもあります。「やっぱり大画面でしょ?」とその一点に集中突破したいならテレビでの視聴を検討したいところ。その場合は対応TVが必須。パソコンでいいならSafariやChromeなどブラウザで見ることになり、機種メーカーは関係ないです。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieなど特定の設定が有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

パスワードは大事
バリエーションに富むVODを最初に使い始める際に、たいてい必要なのがアカウント作成。そのときに設定するパスワードではセキュリティに気をつけましょう。情報管理が徹底している企業がほとんどですが、万が一、本来は関係ない他の粗雑なサービスで同様の情報が流出すると大変です。そのためにも、パスワードは推測不能な複雑なものにすること(「生年月日」などはダメ)、同じパスワードの使い回しをしないこと…この留意事項を必ず順守です。安全な「キャピタリズム マネーは踊る」動画体験をするには大事な基礎ルールです。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。無料と謳いながら解約が難しいとなんだかハメられたような気分になるものです。でも不安は捨ててください。解約作業はすぐに終わります。サービスごとに存在する退会ページにアクセスし、アカウント情報を入力し、「契約を解除する」という流れに進むだけ。いくつかの退会理由を問うアンケートなどがありますが、各人で自由に答えてください。これで完了します。万が一「やっぱりまだ使いたい」と思ってもすぐに利用再開もできるので安心です。

『キャピタリズム マネーは踊る』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

▼『キャピタリズム マネーは踊る』をさらに知る

★スタッフ
監督:マイケル・ムーア
脚本:マイケル・ムーア
撮影:ダニエル・マラシーノ、ジェイミー・ロイ
音楽:ジェフ・ギブス

★キャスト
マイケル・ムーア

★『キャピタリズム マネーは踊る』の評価

IMDbRTMETA
7.475%??
映画comY!FM
3.3???3.5
フルムビバース独自ランク
B(ベターな良作)

★『キャピタリズム マネーは踊る』の感想

●無料動画ワールドシアター 
アメリカの不景気やリーマンショックを題材にした映画。明日突然に家を捕られるかもしれない。明日仕事を失うかもしれない。一部の人々が大金を手にする裏で、大勢の人が容赦なく食い物にされている現実に自分のことのようにゾッとしました。今のアメリカで、現実に起きていること。絶望に打ちひしがれる人、怒りに震える人、皆と手をとり立ち上がった人。様々な人びとが偽りなくその人生をむき出しにしてスクリーンに映し出されます。
●映画無料夢心地 
この映画を途中まで見て、不快感を感じた。勘違いしないでほしいが、映画の出来が悪かったわけではない。マイケル・ムーアなりの目線で、今の資本主義の姿を描き、そして、その内容は、実に、説得力がある。利益優先主義、利己主義、ウォールストリートに君臨する一部のどうしようもない1%の富裕層が底辺の95%より多い富を独占しており、1%の富裕層が都合のいい様に動ける様にアメリカ政府を支配しているという視点。怖ろしくおぞましい。
●DAILYMOTION
ただの娯楽ではなく、この映画から私たち日本人は何を学ぶことができるのではないかと思いました。話の流れも、マイケル・ムーアの最近のお得意の、軽やかなエンターテインメント娯楽風に支流から本流へ進み、水源へという本丸へ辿りつくという演出で見事。この監督ほど、アメリカを憂い、心配している人は居ないでしょう。敢えて、アメリカを非難して、問題を浮き彫りにして訴える。これも、アメリカへの愛国心の表現。そんな技術だ。