魂のゆくえ / First Reformed

構想50年。巨匠が突きつける現代への疑念

映画『魂のゆくえ』のフル動画を無料視聴する方法をレコメンドしています! 邪魔なリンク、迷惑な広告はありません。
今すぐ『魂のゆくえ』を見るなら動画リンクをチェック。

名作映画の脚本家として知られ、監督としても活躍してきた名匠ポール・シュレイダーが、イーサン・ホークを主演に迎えて牧師の苦悩を描いたドラマ。製作総指揮にはブライアン・ベックマン、フィリップ・バーギン、ブルック・リンドン=スタンフォード、マーティン・マッケイブなどが名を連ねる。ニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」の牧師トラーは、敬虔な信者であり、熱心な性格で、評価も良かった。いつもと変わらないある日、ミサにやってきた女性メアリーから、ある問題を抱えた環境活動家である夫のマイケルの悩みを聞いてほしいと頼まれ、真面目なな彼はその願いを聞き入れ、彼女の家を訪れる。そこでマイケルが人類の破壊によって大地や海洋に深刻なダメージを受ける地球の未来を憂うあまり、メアリーのお腹の中にいる子を産むことにすら反対しているという話を聞かされる。精神的に相当に参っているようで言葉をかけるしかなかった。また、トラーは自身が所属する教会が環境汚染の原因を作っている巨大企業から巨額の支援を受けているという癒着も知り、さらに複雑な思いをめぐらせる…。

原題:First Reformed(「ファースト・リフォームド」) / 製作:アメリカ(2018年) / 日本公開:2019年4月12日 / 113分 / 制作:Killer Films / 配給:トランスフォーマー 

映画『魂のゆくえ』予告編

(C)Ferrocyanide, Inc. 2017. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※All Legal VoD.

VOD1【U-NEXT
VOD2【Hulu
VOD3【TSUTAYATV
VOD4【-】
VOD5【-】

[PR] 動画配信サービスを試そう!
以下のアイコン紹介サービスで視聴可能性が大。
U-NEXT ▼U-NEXT(31日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD1
TSUTAYA ▼TSUTAYA TV(30日間)
 今すぐ見る ⇒ VOD3
dTV ▼dTV(31日間)
 今すぐ見る
Amazon ▼Amazonビデオ(30日間)
 今すぐ見る
Rakuten ▼Rakuten TV(お試し無し)
 今すぐ見る

▼『魂のゆくえ』の無料動画を見る方法

1. アイコン表示を Check !
2. 動画リンクを Check !

みんなも使っている!
様々な葛藤と苦悩を滲ませながら生き方を模索していくシリアスなヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを有効的に活用するのが良いです。ネット配信はレンタル店でDVDを借りるよりもはるかにラクチン。劇場では見逃してしまった人でも、すぐさま視聴に移れるために日々の確認は大事。ディスクを買うほどではないときにも大きな効力を発揮します。

「無料」で感謝!
これがつい利用したくなるニクイ利点もあって、無料サービスお試しのビギナーコースが整備されているのでこころおきなく前進できます。「今月はちょっとお金がピンチなんだよね…。でも見たい映画があって…」そういうタイミングで真価を発揮する初回トライアル。これはまたとないラッキーチャンスなのです。「そんな夢心地になれるような動画漬けなんてあり得ない」そう思っても案外初めてみるとドハマりするもので、休日はひたすら映画やドラマを見ているという人も普通に大勢います。

ダメなこと!
なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。「こんな初歩的な不正サイトのトラップにかかるやつはいない。もしくはバカだ」そう思っていると、案外とあなたもすでに首根っこを掴まれているかもしれません。なにせ向こうも意地ですからあの手この手で利益をあげるために密かな暗躍を裏で実行しています。リスクの具体例を挙げだすとキリがないのですが、とにかく言えるのは繰り返しになりますが、利用停止すべきということ。

配信しているのはコレ!
「あ~、映画館であの作品を見逃がしちゃったからな~」そう思っている時の助け舟。新作だっていつかはちゃんと配信されます。ただし、面倒事が無いわけではなく、それはユーザーのウォッチしたい映画を扱っている動画サービスは一体どれなのか、特定作業が待ち受けています。「魂のゆくえ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その懸念事項はスカッと解決させておきましょう。配信中のVODを作品単位でわかりやすくリスト化してアイコン表示。これであちこちサイトを閉じたり開いたり繰り返すことなく、視聴に移れます。取り扱っているVODの数は非常に多く、あの大手携帯会社のモノから、話題性の高いグローバルなモノまで、オール対応済み。ゴチャゴチャと書いていますが、とにかくあとは作品配信状況の最終チェックです。登録せずともそれは可能なので検索しましょう。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「魂のゆくえ」でもあります。「やっぱり大画面でしょ?」とその一点に集中突破したいならテレビでの視聴を検討したいところ。その場合は対応TVが必須。パソコンでいいならSafariやChromeなどブラウザで見ることになり、機種メーカーは関係ないです。ウイルス対策ソフトが再生を邪魔していたり、パソコンの更新アップデートで大幅な負荷がかかっていないか気をつけてください。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

フェアにオススメします
VOD横断チェックができるフルムビバースでは、各作品の配信サービスをパッと確認するのに有効な参考資料になりますが、フェアな扱いを重視しているのがポリシーです。どれかを仲間外れにして扱わないということもなく、特別な推奨枠もありません。そもそもどれが適切なのかは、ユーザーによって異なるのが当たり前です。こちらが勝手に決めつけることではありません。単純に「魂のゆくえ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、あなただけのディープな出会いを届けていきたいと思います。

高画質で見られる?
高画質が嫌いな人はこの世にはいないと思います。ネット動画に対して「画質が低い。劣化している」というイメージを持っている人は昔ながらの印象を引きずっているのかもしれません。今はDVDを上回るハイクオリティの映像コンテンツを提供しています。わざわざブルーレイを買わなくても良い時代になったのです。自分でディスクをコレクションできないぶん、低価格で視聴できるのが大きな魅力。「高画質は通信量が…」ならばスマホ特有の通信制限の問題点を端末への事前ダウンロードで回避できます。「魂のゆくえ」の動画を楽しみましょう。

解約はすぐできます
VODの解約方法を気にする人もいるでしょう。無料と謳いながら解約が難しいとなんだかハメられたような気分になるものです。でも不安は捨ててください。解約作業はすぐに終わります。サービスごとに存在する退会ページにアクセスし、アカウント情報を入力し、「契約を解除する」という流れに進むだけ。いくつかの退会理由を問うアンケートなどがありますが、各人で自由に答えてください。これで完了します。万が一「やっぱりまだ使いたい」と思ってもすぐに利用再開もできるので安心です。

『魂のゆくえ』または関連作の無料動画を探すには上記のリンクへ

★配信ログ

  • 2019年11月12日時点での『魂のゆくえ』の動画配信
  • 「U-NEXT」「TSUTAYA」「dTV」「Amazonビデオ」「Rakuten TV」です。

▼『魂のゆくえ』をさらに知る

★スタッフ
監督:ポール・シュレイダー(関連作品:『ドッグ・イート・ドッグ』)
脚本:ポール・シュレイダー
撮影:アレクサンダー・ダイナン
音楽:ラストモード

★キャスト(キャラクター)
イーサン・ホーク(トラー牧師)、アマンダ・セイフライド(メアリー)、セドリック・カーン(ジェファーズ)、ビクトリア・ヒル(エスター)、フィリップ・エッティンガー(マイケル)

★『魂のゆくえ』の評価

IMDbRTMETA
7.193%??
映画comY!FM
???????
フルムビバース独自ランク
A(見て損はない名作)

★『魂のゆくえ』の受賞
第91回アカデミー賞で脚本賞にノミネート。

★『魂のゆくえ』の感想

●無料ホームシアター 
これは予想外。おそらく当初の予想を覆すし、狙い通りにいかない。最初は地味だ。いや、ほとんど味気はない。しかし、しだいに狂気が追加されていく。ポタポタと浸していくとそこにあるのは真実を覆い隠すような地獄なのか、それとも一筋の救済の光なのか。共感はしづらいかもしれないが、自分の信用している何かに疑いを持ってしまい、崩壊していく「確かさ」の姿だと思えばいい。苦難の始まりでもそこにあるものをどうするかは自分しだい。
●FILMAGA 
イーサンホークの演技に痺れて惚れた。ずっと見られるのでなおさら良い。結末の意味についてはアメリカ人も多くの人が戸惑い、議論があるのだろうが、それもそうだ。信じることは救いではないなら、アメリカの一部の人たちの前提は覆される。ぼんやりしたエンディングも映画にマッチしていたが、考えることにこそ意味がある。はたして我々人間は救われる価値があるのだろうかというテーマもそうだが、やはり怒りと暴力は怖いものである。
●TOHOシネマズ
ポール・シュレイダーがこういう映画を撮るイメージが無く、でも他の人にしてみればこれが得意とも言える側面もあるらしい。それ故彼の個性みたいなものは「タクシードライバー」ほどの斬新さと印象深さはないにせよ、焼きつき、記憶に離れない。それにしても年をとった。あのクールガイなイメージが強いイーサン・ホークがすっかり初老のおじさんみたいになったのは時代の変化か。俳優が老けていくのは自分の鏡にもなるのでショックだ。